【ゲート】 主人公、彼の地にして、ロリババアを攻略せり 5話ネタ

6 件のコメント :

公開日: 2015年8月8日土曜日 ゲート 管理人の文章



ゲート 自衛隊彼の地にて斯く戦えり】 略称【ゲート】☚まとめたページ
キャラ別ページ  ロゥリィ主人公 
主人公、彼の地にして、ロリババアを攻略せり 5話ネタ 2015
8/5
ユリアン(´・ω・`)提督・・・主人公がロリババアと夕日の中、イチャイチャしてました。



ヤン (´・ω・`)これが主人公補正さ・・・・
★第5話『イタリカ攻防戦』


●主人公「ロリババアになつかれた」


主人公『見えるな』

部下『斥候のようですね。後方に本隊もいます。数は五 六百ってところですか』


主人公『狙いはこの南門かな?』

部下『そうですねぇ。包囲するには敵の兵力が少なすぎる』
『切り立った崖に面している北側は除くとして、残る三方のどこかに戦力を集中させてくるはずです。しかしそれ以上に気になるのが…』

主人公『わかっているよ。俺たちは囮だ』
『一度は突破された南門を守るのは我々12人のみ。ここを手薄に見せて敵を誘い込み、奥の二次防衛線を決戦場にする気だよ。あの姫様は』

部下『敵が乗ってくるでしょうか?』


主人公『一応指揮官はあの姫様でしょう?ここは大人しく言うことを聞いておくしかないんじゃない?』

『あぁ、いちおう篝火はいらないって言っておいてね』

部下『隊長。はい、暗視装置』

ユリアン(´・ω・`)現代兵器で夜戦チート



ヤン (´・ω・`)一方的に敵を殺せる装備だよね・・・ファンタジー世界だと。
主人公『古田!突撃破砕線は城壁に沿うような感じで』

部下『了解』

ロゥリイ『ねぇ伊丹。どうして敵のはずの帝国の姫様を助けるの?』

主人公『街の人を守るためさ』

ロウリィ『本気で言いってるの?』

主人公『そういうことになってるはずだけど』
ロウリィ『兜貸して?持ったげる』


主人公『お スマン』

『理由が気になるか?』

ロウリィ『エムロイは戦いの神、人を殺めることを否定しないわ。でもそれだけに動機は重要なの』


ユリアン(´・ω・`)良い絵だ



ヤン (´・ω・`)ロリババアと自衛隊、彼の地にしてイチャイチャ

ロウリィ『偽りや欺きは魂を汚すことになるのよ』

主人公『ここの住民を守るため、これは嘘じゃない。けどもう一つ』


ロウリィ『?』
主人公『俺達と喧嘩するより仲良くした方が得だとあのお姫様に理解してもらう為さ』

ロウリィ『気に入ったわそれ!』
『恐怖!全身を貫く恐怖をあのお姫様の魂魄に刻み込むのね?ウフフ』

主人公『あ、いや…』
ロウリィ『そういういうことなら是非協力させていただくわ。私も久々に狂えそうで楽しみ』

主人公『違うんだけどな……』


ユリアン(´・ω・`)僕もロリババアとイチャイチャしたいです、提督。




ヤン (´・ω・`)数百年規模での不良債権とイチャイチャしたいのかい・・・・?リアル嫁で満足しなさい


ユリアン(´・ω・`)そんなー



メルカッツ  (´・ω・`)(夕日を浴びるロリババアは美しいな
やはりロリババア属性は至高という事なのだろうか・・・・?)

6 件のコメント :

  1. (´・ω・`)ロリババアとイチャイチャしたいです、安西先生

    返信削除
    返信
    1. 代わりにパルババアとイチャイチャしたまえ、パルメくん。

      削除
    2. つアーカード(イチャイチャしようとすると物理的に食べられる)

      削除
    3. 幻海で我慢しておきなさい(尚若返りとかいう甘えはない

      削除
    4. ロリババアでガチ処女だったらイチャイチャしたかった
      性に放蕩なロリババアは微妙

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメント(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ

(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。