【アルスラーン戦記】 ナルサス「裏切った3000人の軍勢を容易く返り討ちにして、ラジェンドラ2世を捕虜にしたった」不可能すぎる神業な件   18話ネタ 

5 件のコメント :

公開日: 2015年8月11日火曜日 アルスラーン戦記 管理人の文章


アルスラーン戦記】 ☚まとめたページ
キャラ別 ナルサス ラジェンドラ二世  
ナルサス「裏切った3000人の軍勢を容易く返り討ちにして、ラジェンドラ2世を捕虜にしたった」不可能すぎる神業な件   18話ネタ  2015年
8/11
 
ユリアン(´・ω・`)提督・・・・・どうやったら、突然裏切った3000人の兵力に対処できるんですか?
事前に対策したとはいえ、裏切るタイミングは向こう側にありますよね?


 ヤン(´・ω・`)・・・・ナルサスは魔法が使えるのさ。
相手の頭を馬鹿にできる魔法がね。

★第18話 ふたたび河をこえて



●アルスラーン王子(´・ω・`)シンドゥラ国の権力闘争に勝利したから、兵力500ほど貸してください。
ラジェンドラ二世(´・ω・`)500と言わず、3000人ほど持って行ってくれ!
3000騎は火種よ。パルスの軍を焼き尽くすためのな
ダリューンらも、内部から突き崩されればひとたまりもあるまい)

ユリアン(´・ω・`)なんて最低な奴!

ナルサス(´・ω・`)裏切る事は予測がついていた!
裏切った瞬間に全員拿捕!

夜襲仕掛けてきたラジェンドラ軍を返り討ちにして
ラジェンドラ二世を捕虜にする!


ラジェンドラ二世(´・ω・`)ば、馬鹿な完璧な策が見破られた!?

夜襲仕掛けたら、あちこちにパルス兵が居てゆんやー!
捕虜になった後に、飛び道具投げてアルスラーン王子を暗殺したる!


ジャスワント(´・ω・`)アルスラーン王子は私が守る!ラジェンドラ二世(´・ω・`)情報がジャスワントのせいで全部漏れてた件

ナルサス(´・ω・`)ずっと私のターン!
3年間の不可侵条約を結ぶ!
これでパルスの東国境は安全になった!


ユリアン(´・ω・`)これ、パルス軍が先制攻撃して3000の軍勢を壊滅させないと対処できませんよ・・・・
ナルサスの絵を使えば話は別ですけど・・・



 ヤン(´・ω・`) ・・・まさか・・・・いや、そんな事は・・・・



メルカッツ (´・ω・`)(わかった。
アニメでは全く映ってないが、3000の軍勢はナルサスの絵で壊滅したのだな・・・・・・
そうすれば、全てに納得が行く。
きっとナルサスが考案した対ルシタニア戦略にも、ナルサスの絵を使う事を前提にした策があるはずだ・・・)

5 件のコメント :

  1. シュナイダー
    「確か原作では、500騎を要求するのは」
    「ナルサス卿のカマかけだったと記憶しています」

    メルカッツ
    「と言うと?」

    シュナイダー
    「ナルサス卿はラジェンドラ王子の性格を見抜いており」
    「500騎を要求して そのままや渋ったりすれば謀反の疑いは薄れるが」
    「逆に要求以上に答えた場合は、裏切るつもりなのだろうと予測したのです」

    メルカッツ
    「なるほど……大規模な内戦の後のシンドゥラの内情を知っていれば」
    「3000騎もの兵力を貸し与えるのは、腑に落ちないものだな」

    返信削除
    返信
    1. ナルサス(´・ω・ `)さすが私、頭が良い。
      人間の心理に通じまくってる。

      (´・ω・ `)昔すぎて原作の内容忘れていたわ・・・・

      削除
  2. ナルサス、書いたことが現実になる魔法のノートでも持ってるんじゃねw

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)デスノートならぬ、リアルノート

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が
復活します


最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。