【ゲート】 主人公「スマホが空気読まないせいで、ロウリィとのエッチィイベント終了!」10話ネタ

8 件のコメント :

公開日: 2015年9月10日木曜日 ゲート 管理人の文章



ゲート 自衛隊彼の地にて斯く戦えり】 略称【ゲート】☚まとめたページ
キャラ別ページ  ロゥリィ主人公
主人公「スマホが空気読まないせいで、ロウリィとのエッチィイベント終了!」10話ネタ 2015
9/10
ユリアン (´・ω・`)うわああああああああああああああ!!!!


ヤン (´・ω・`)スマホが空気読めないせいで・・・この有様だ!
★第10話『絶望と希望』


●ロウリィ「逆レイプいべんと!」


『ウフフ…』



ユリアン(´・ω・`)うほ、いいケツ



ヤン (´・ω・`)いいケツだ・・・
良い子を産めるね・・・
Prrrrrrrrr...
(仕事の電話だよー!)


ユリアン(´・ω・`)着信音こらぁー!



ヤン (´・ω・`)ああああああああああああ!!!
ロウリィ『時と場所を選ばないなんて無粋な道具ぅ』


主人公『ハハハ…』


ユリアン(´・ω・`)なんて無慈悲な携帯!


●ロウリィ「セックスできなかったから、アメリカとロシアと中国の特殊部隊ころしてくるわぁー!」



ユリアン(´・ω・`)でも、ここでセックスしてたら・・・・特殊部隊のサブマシンガンで、宿泊していた部屋に、大量に流れ弾が来て大変な事に・・・・?



ヤン (´・ω・`)いや、サブマシンガンって貫通力ないから、壁を盾にして床に伏せればいいと思うよ。
たかが拳銃弾だしね。
(特殊部隊って、相手の頭に向けて二発撃って打ちぬくように訓練しているから、接近されたらおしまいだけど・・・)



メルカッツ (´・ω・`)(ロウリィちゃんのお尻を触りたい。
そう思える内容だった)

8 件のコメント :

  1. ちなみに何故スマホが鳴ったかといえば

    ・日>他国が特地からの賓客にチョッカイ出しすぎたから特戦群出動!
          ↓
    ・米露中>お客さん(美少女)ゲットする為に旅館に突入!と思ったらガード硬すぎィ
          ↓
    ・米>特戦群のガード硬すぎ、ユウジョウの為にガード外してよ(脅迫)
          ↓
    ・日>ユウジョウされたから自力で何とかして(メール)

    つまり、本当の意味で空気読めてないのは他国(特に米)

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)なんという  恋路を邪魔するやつは「馬に蹴られて死ね!」 状態

      削除
  2. メルカッツ
    「何故か……食事中のブラウンシュヴァイク公に緊急の要件を持って行って」
    「怒られた事を思い出した……」

    シュナイダー
    「忘れましょう、提督」

    返信削除
    返信
    1. 尚どっかの軍隊には、上司に緊急通信を入れたら寝てるので起きてからにしろと言われた軍人が居る模様。

      削除
    2. ゆっくり寝たければ、職業軍人と医者と消防士と警官等にはなるな。

      削除
    3. SEにもならない方がいい。
      一年以上鳴らなかったのに俺が携帯担当の月だけ四回も緊急対応発生するとか呪われてのかと思ったわ。
      ニューヨークの夜はこっちの朝なんです勘弁してください。

      削除
    4. >ニューヨークの夜はこっちの朝なんです勘弁してください。
      (´・ω・`)グローバル化の弊害か!

      削除
  3. スマホ、というかタッチパネルが手の油で汚れるのがどうしても我慢できない俺のような人間にはきつい時代になりつつあるな…

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。