【東京喰種】 グールなんて芋蔓式に駆除できます!by公務員 6話

7 件のコメント :

公開日: 2014年8月9日土曜日 管理人の文章 東京喰種


東京喰種
グールなんて芋蔓式に駆除できます!by公務員 6話  2014/8/8
(´・ω・`)死体の匂いがする道具を使えば、グールを駆除しやすい気がする。


6話
白鳩→ 人間を食べるグールを駆除してくれる正義の公務員集団。



●白鳩達は、グールの大物ジェイソンと戦う機会に恵まれてラッキー。
でも、取り逃がしたから、芋蔓式にグールを釣って駆除する事にした。
白鳩(´・ω・`)(´・ω・`)このグールの父親さん。娘と嫁がいるんだね。
なら、この娘達の情報を集めて駆除しよう。
 グールなんて芋蔓式に皆殺しだぁー!



グール娘(´・ω・`)わーい、父親の匂いがするよー。
こっちに居・・・・なんで捜査官ざんがいるのおおおおおっ?!!!
白鳩(´・ω・`)(´・ω・`)うん、人間を食べるグール家族を駆除しに来たんだ。
その嗅覚がある時点で人間じゃないね。

グール母(´・ω・`)娘を逃がすために、私が時間を稼ぐ!
幸い、近くに主人公さんがいるから、そこで保護してもらえれば、娘が生き残れるよ!


グールを釣りあげるのなんて簡単だ!
嗅覚が良すぎる。

(´・ω・`)どう見ても、グールを狩る人達が、グール側以上にイカレテイル件。
強敵との殺し合いを楽しむ戦闘狂でしたぞ。
素敵すぎる笑顔でした。
人肉グルメ家の月山さんの変態っぷりも良いけど、グール狩る側の人間も狂的で楽しいですぞ。
きっと、過去に家族や知り合いをグールにむしゃーむしゃー食べられたとか、そんな辛い過去がある。

東京喰種

7 件のコメント :

  1. パルメさんを釣り上げるには餌はエロ本とトンカツどっちが最適だろう?

    返信削除
    返信
    1. セットにして置いとけば、確実に釣れるね

      削除
    2. (´・ω・`)そんなに餌に釣られな・・・ゆんやっー!

      削除
  2. 揚げたエロ本を置けばいい

    返信削除
  3. 2期が今から待ち遠しい。この漫画2期目までアニメ化されたら変わるぞ。熱血鬱アニメになるはず。

    返信削除
  4. √Aの鬱仕様。
    親友の遺体を抱えて同僚にもとに送ったら、あたりまえとは当たり前だが成敗されて、無抵抗な主人公のデッドEND。
    最終回まで、主人公が生き残ったがただ方向性を見失って、武道派テロリストに鞍替えし、人の心が混乱しただけで、右往左往して何をしたいのか不明。無駄死にでしょ。親友の死もなんだったのか。
    ヒロインも喫茶店アンティークが炎上し、主人公の死を確信して泣いていたところ、歩いている主人公を見て安心した後、数分後に主人公は殺害された。知らされたらトラウマ展開でしょう。ひなちゃんも涙目。
    誰得の展開。ひでー。
    原作との分岐ルートにする必要性や意味があったのか疑問。ただのバッドエンドじゃん。
    新しい展開を期待していた読者は「何じゃこりゃ。」と憤慨もの。
    アニメからの視聴者は「話が進んで主人公死亡。何も残らない。わけわからないエンド過ぎた。説明してよ。」
    重要な最終話で、親友の遺体を抱えて、雪が降る街の中をたんたんと歩くシーンで何分も消費して、最後は成敗エンド。
    「ドラゴンボールの展開えんえん引き伸ばし次回待て」よりひどい気がしました。

    これがループもの作品で、次の2週目開始で、主人公が物語を変えるのだったらまだ希望がありましたが、でもこのルートは終わりなんですよね。

    返信削除
    返信
    1. 武闘派テロリストでした。

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。