╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

【HUNTER×HUNTER】 メルエムがシズクを食べていたら、貧者の薔薇の毒を吸い出して無敵だったんじゃね。

11 件のコメント :

公開日: 2014年7月27日日曜日 HUNTER×HUNTER 管理人の文章


HUNTER×HUNTER
メルエムがシズクを食べていたら、貧者の薔薇の毒を吸い出して無敵だったんじゃね。 2014/7/27
 (´・ω・`)メルエムが、流星街に向けて移動してたら、人類はきっと詰んでた。
はっきり分かんだね。

念能力・系統・考察・発 】【幻影旅団 】[ キメラアント]
●シズクの能力は、何でも吸い込んで消滅させることができる。(生物と念能力は吸い込めない)
メルエム(´・ω・`)シズクを食べた。美味しかったぞ。

●メルエムがシズクを食べれば、貧者の薔薇の毒だって、吸い出せて最強さ。
人類(´・ω・`)貧者の薔薇アタックー!
メルエム(´・ω・`)毒を吸い込めー。余に毒は効かない!
人類(´・ω・`)更に貧者の薔薇アタックー!
毒が通用しないなら、大量破壊兵器としての威力でお前を倒す!
メルエム(´・ω・`)貧者の薔薇の爆発を吸いこめぇー!
人類(´・ω・`)なにこれ怖い。
メルエム(´・ω・`)制約を無視して、人間も念能力も全部吸いこめぇー!
人類(´・ω・`)能力を昇華されすぎて、吸い込まれてゆんやっー!

●人類世界を、キメラアントが制圧して、メルエムはその頂点に君臨。
さぁ!世界の壁は大きいぞ!
暗黒大陸には、ドン・フリークスが待ち構えている!
ドン・フリークス(´・ω・`)300年前から、暗黒大陸暮らし◆
メルエム(´・ω・`)暗黒大陸の五大災厄を、制約を無視して吸いこめぇー!
ドン・グリークスも吸いこめぇー!
ドン・フリークス(´・ω・`)瞬殺されてゆんやっー!
(´・ω・`)メルエムの偉大なる王様の冒険さんが始まるよ!

(´・ω・`)相手の念能力を昇華させるチート仕様 + 世界トップクラスとゲームで渡りあえる頭の良さがある時点で、暗黒大陸の苛酷すぎる自然を容易く攻略するメルエムの姿が目に見えるようだよ。

メルエム(´・ω・`)余のせいで、キメラアントは六大災厄扱いされた(ドーン!

HUNTER×HUNTER

11 件のコメント :

  1. 記事内容全然読んでないけど、シズクの画像が実に素晴らしいからコメントしちゃった有様だよ

    返信削除
  2. 俺もとりあえず画像だけ見てノータイムで反応w
    記事はこれから読むww

    返信削除
  3. いいなぁ俺もシズクさんを食べたいねぇ(ゲス顔

    返信削除
  4. 毒は取り除けてもその過程で身体の組織がズタズタになって死にそう...

    返信削除
    返信
    1. ウボォーが神経毒食らったとき吸い出してたのでズダガダにならないだろ

      削除
    2. そうだったか
      原作で毒吸ってたのか

      デメちゃんチートすぎね?

      削除
  5. メルエムが掃除機持ってる姿想像したらシュールすぎて吹いた

    返信削除
    返信
    1. メルエム「デメちゃん、体の毒を吸いだせ」
      デメちゃん「ギョギョ~・・・」

      削除
  6. フツーにセル第二形態のラバーカップみたいに尻尾変形するんじゃ?

    返信削除
  7. グルメ細胞持ってるから食わずに掃除機で吸い込むとかしないだろう。
    つまりタイマン専用なノブナガの能力を昇華してドン・フリークスに戦いを挑む。

    返信削除
    返信
    1. ドン・クリークに戦いを挑む?(空目)

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。