╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

約束のネバーランド (´・ω・`)たった二か月で、実写映画の撮影終わったで!

8 件のコメント :

公開日: 2019年9月30日月曜日 管理人の文章 自作漫画 約束のネバーランド





2019/9/29
【約束のネバーランド】←まとめたページ
日付順に記事をブログで表示する?
村瀬健

https://twitter.com/sellarm

@sellarm
その他
「約束のネバーランド 」、深夜4時にクランクアップしました!2ヶ月に渡る撮影、最後の被写体は“炎”でした。スタッフキャストの皆さん本当にお疲れ様でした。プロデューサーとして感謝しかないです。本当に有難うございました。監督と共に必ず素敵な映画に仕上げます。完成を楽しみにしていて下さい!
----0----------------------------------

--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!二か月って早いの?
--
†(´・ω・`)ほら、アニメネタの実写映画って、CGいるし……
鬼用の脳みそを育成する人間牧場じゃしのう
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)でも、序盤って、鬼は直接でないよ?
回想しか出番ないよね?
--
†(´・ω・`)それに、ほら、孤児院の周りが深い穴に囲まれた、陸の孤島じゃろ?
あれ、CGないと無理じゃろ?
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)設定変えれば、CG必要ないんじゃ……
鬼は人間に、仮面被せておけばいいし……
--
†(´・ω・`)(そんで、孤児院放火するから、これもCG必要じゃし……
実際に、大規模に燃やす訳には、いかんしのう)

8 件のコメント :

  1. (´・ω・`)わかった。
    CGは後回しにすればいいから早いんだ。
    撮影だけ先に済ませて、CGはゆっくりやればいい

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?気づけ!

    返信削除
    返信
    1. いや、作れ、と上に命じられた下が、どうせ失敗するんだから
      損失を小さくする目的で、経費節減、したんでしょww

      賢明な判断です。

      漫画の実写化は、98%、クソ映画です。

      削除
  2. そもそも、なぜこれを実写化しようと思ったのか
    ガッチガチのファンタジー作品で
    低予算実写化との相性最悪のはずだが・・・

    ハリウッド並の超予算と撮影期間あるならまあなんとか・・・
    なんだけど、そこまでする価値はまず間違いなく無い

    それやるならNARUTOを実写化した方がまだマシだろう

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)じゃ、ジャンプ映画は売れてるから、予算がある可能性が微レ存……

      削除
    2. 弾(実写化してない原作漫画や脚本家のネタ)無くなってきたから実写化難しいものでも手当たり次第に実写化してる感あるわ。
      漫画家が望んだならまだしも望んでないのに無理矢理漫画家巻き込むんじゃねーよっていうね・・・。

      削除
    3. 故黒澤明監督の様な妥協を許さなすぎる監督にかかれば良作ができるかもしれないが、今の時世だと俳優にちょっと強く言うだけでパワハラ扱いされそうだから無理かな。
      2か月の件は俳優のスケジュールの都合かね。
      投げやり感が凄いわw

      削除
  3. 撮影に時間をかけすぎると、キャストの方が成長してしまって違和感が出てしまうから急いだのだと思うのですが、原作からの設定改悪のせいでそれ以前の話に。

    返信削除
  4. マンガ実写化は

    懲役二時間

    それでも良いから、お布施したい人たちが、みるモノです。

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。