╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

緋弾のアリアAAを視聴した結果 「中ボスの夾竹桃ちゃんが可愛すぎた」

7 件のコメント :

公開日: 2015年12月28日月曜日 管理人の文章 緋弾のアリア



緋弾のアリア
緋弾のアリアAAを視聴した結果 「中ボスの夾竹桃ちゃんが可愛すぎた」 2015
12/26
ユリアン(´・ω・`)僕も調教されたい・・・・



ヤン(´・ω・`)いや、主人公みたいに一族郎党虐殺されまくるから大変だよ?
第10話「ファーストミッション」
アリアの前で、これまで隠していた武偵としてあるまじき殺人技を見せてしまったあかりは ひどく落ち込んでいた。そんな中、ヘリが飛び交いサイレンが鳴り響く 物々しい空気に包まれていた武偵高校周辺では、バスジャック事件があったという。 その事件現場近くであかりが見た光景は・・




●アカリ「殴り込みにきたよ!」

『貴方の妹の符丁毒、その解毒剤と間宮の秘毒・鷹捲を交換。貴方の身柄もおまけで頂戴』


ユリアン(´・ω・`)瞬間移動しながら服をきている・・・・?

アカリ『鷹捲は毒じゃない!』


『とぼけちゃって』


あかり『これは…盗られた秘伝書!』

『千本の矢をすり抜け一触れで死を撃ち込む。死体に傷が残らない技とあったわ。毒しかありえないでしょう』
ヤン(´・ω・`)電気信号オチだったアレか

『無味無臭で水溶性のヒ素、1kgあれば人類を絶滅させられるボツリヌス菌、野に咲く経口毒・夾竹桃』

『私ね。この世に自分の知らない毒があることが許せないの』

ユリアン(´・ω・`)身勝手だけど、可愛いから許す
『ねぇ頂戴。鷹捲。欲しいの。欲しくて欲しくてたまらないの』
ヤン(´・ω・`)ヤンデレっぽい・・・

アカリ『渡せないよ!貴方みたいな人には!』
アカリ『このホテルはあたしの仲間が包囲してる!』


『まぁ。びっくりだわ』


アカリ『包囲網の訓練受けてるんだよ!』



『違うわよ。アマガエルが毒蛇に歯向かうことを驚いてるの』


『最後のチャンスをあげる。イ・ウーにおいで。あかり。貴方は選ばれた。私がかわいがって育ててあげる』
ユリアン(´・ω・`)僕・・・・こんな素敵な娘に調教されたいです・・・



ヤン(´・ω・`)確かに・・・見た目だけは凄く可愛いよね・・・


  メルカッツ(´・ω・`) 最後に出て来たスク水のラスボスよりも、インパクトがあるな・・・・
なぜ、あんな変な奴がラスボスだったんだ・・・・

7 件のコメント :

  1. (´・ω・`)毒使いなのに、最終的に使う武器は銃器


    (´・ω・`)

    返信削除
    返信
    1. 毒と勝手に思い込んで暴走するドジっ娘属性も持ってますね

      削除
    2. どじっ娘(´・ω・`)てへ✩
      街一つ、勘違いで燃やしちゃった✩


      アカリ(´・ω・`)笑えない・・・

      削除
  2. 小説版でこの人東大の薬学部卒業の才女で実は25才です

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)合法ロリ娘か。
      ますます価値が高くなった・・・・?

      削除
    2. 素晴らしいw
      ノーマルでもAAでもなぜか、サブヒロとか敵とかメインヒロイン外の方が可愛い謎

      削除
  3. アニオリ白スク姉は必要だったのか?
    普通に夾竹桃ラスボスにした方が綺麗にまとまっただろ・・・
    すげーちょい役でぽっと出で退場だったし意味が分からない
    アリアとあかりの共闘で締めたかったから?
    原作通りやると死ぬ病にでもかかってんのかよ

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。