5話  ペット登場「人権の欠片もない世界だ」 【本好きの成り上がり(TS

23 件のコメント :

公開日: 2015年12月31日木曜日 TS 自作小説 本好きの成り上がり





ゆっくり次に進むよ!
本好きの成り上がり(TS)】☚纏めたぺーじ



諸君、私は村に到着した。人類にとってこれは小さな一歩なのかもしれないが、私から見れば偉大な一歩なのである。

東側に大きなナイルン川があるおかげで、草木がたくさん生えていて涼しい場所である。
しかし、不思議な事に田畑は荒れ果て、雑草が生い茂っていた。
まるで圧倒的な浪費で清国を滅亡においやった西太后が統治しているのか?と思う光景だ。
村とは基本的に農業で生活している共同体。こんな砂漠地帯で仕事を放棄したら死ぬか、盗賊にならないと生活できないはず――
--------------------------------------------
ビンボー村に到着した。
そこは税率9割に苦しんでる農民達がいる。
--------------------------------------------
……ひ、酷すぎる。
税率9割とか、統治機構が腐りすぎている。
さすがにそんなに搾取されたら生活するのは不可能だ。
フランス革命前の借金漬けのフランスよりも税率が酷すぎる。
人間は仕事をするためにそれなりの経費を必要とする。だから税率9割なんていう状況になったら、仕事をする度に大赤字になってしまうのだ。
いや待てよ?ここはエロイナ世界。
村の西はダンジョン密集地帯。無数のモンスターがウヨウヨしている。
狩りをすれば肉を得る事ができる。つまり狩猟生活で生計を維持しているのかもしれない。
……まぁ、それよりも最初にやらないといけない事は『最初のペット選択イベント』
エロイナというゲームは、一番近い人里に近づくと……冒険の相棒とも言うべきペットが出てくる。
問題なのはその選択肢だ。
--------------------------------------------
あなたは忘れているが……大切なペットがいる。
それはどんな種族だ?
①犬
②狐の神
③恐竜
④ゾンビ
⑤人間
⑥生首
--------------------------------------------
人権なんて紙くずみたいな世界観だから……当然、人に近い外見の種族をペットにしても社会的に許されるんだ。
恐ろしい。だが、命を狙われまくりの私には好都合だ。
相棒なしで生き抜くのは不可能なだけに、頼れる仲間が欲しい。
あと、それぞれの種族を詳しく解説すると
①犬  生命力:120 いらん役立たずだ。
③恐竜 生命力140 いらん役立たず。
④ゾンビ 生命力120。暗黒・地獄・神経属性攻撃に素晴らしい耐性がある役立たず。
⑤人間 生命力100。いらん役立たず。

②狐の神 生命力120。 速度が1000もある超優良種族だ。
よし、私は当たりクジを引いたぞ。これしかないな。
私の種族:猫の神は、行動速度が早すぎて、同じくらい速度が早いペットじゃないと仲間にする意味がないんだ。
狐の神 速度1000
猫の神 速度2000
この速度なら、私の前衛として活躍してくれるはず。
私は運が良い。②をポチッとな。

「もっふ~」

幼い少年の声が聞こえた。とても聞き心地が良い。
白い着物を来た愛らしい少年が  村の荒れた道を走ってやってくる。
腰まである白い銀髪、キュートな狐耳の少年だ。
……怖っ!
私が選択肢を選ぶ前まで、この世に存在していなかったとかホラーすぎて怖い!
エロイナ世界のゲームチックさが、恐ろしい怖さを引き立てている。
少年は私に勢いよく抱きついて、小さな胸に頭を押し付けてスリスリしてきた。
一瞬、エロ小僧とか、セクハラかと思ったが、特に悪意はないようだ。

「カグヤ様~。
あれ?僕、誰だっけ?」

……記憶がないのか。
作られたばかりの存在だから、当たり前といえば当たり前。
哀れだ。私みたいな男女のペットとか哀れだ。
少年の頭を優しく抱いてやって話しかけた。気分は貧しい人々のために活躍したマザー・テレサさん。
……お前は私の弟だ。
そういう事にしよう。その方がお互いの関係を作りやすいだろう。

「もっふ?」

少年のつぶらな青い瞳が私を見つめる。
……君は私のせいでこの狂った世界に誕生したんだ。
責任を持って育ててやろう。それが大人としての義務だろう。
一応、育てるメリットはあるし、私とまともに連携できる貴重な種族だ。

「僕はカグヤ様の弟なんですか?」

血は繋がってないが家族だ。
名前がないなら私がくれてやろう。
……エミールという名前はどうだろうか?

「エミール?」

ジャン=ジャック・ルソーの代表作。近代教育学の古典に付けられた名前だ。
立派な男になって欲しいという私の思いが込められている

「もっふ!僕、とっても良い名前な気がしました!
僕の名前はエミールなんですね!」

ギャルゲーっぽい反応をするエミールが、嬉しそうに大きな尻尾をフリフリしながら喜んだ。
なんだ、この可愛い生き物。
犬みたいに私に懐いているぞ……ワンコ飼うとこんな気分になったりするのだろうか?
そうだ、装備品も渡さないといけないな。
私は命を狙われている身。エミールにも戦ってもらわないといけない。
まずはアイテムボックスから魔法書を出して、読めるかどうか試そう。
日本語が読めたら戦術の可能性が広がる。
エミール、この本の文字が読めるか?
私は分厚い魔法書のページを開いて見せた。

「もっふ?文字って何ですか?
面白い模様だと思います、カグヤ様」


どうやら日本語の知識は、頭にはないようだ。
よし、エミール。君は今日から前衛として活躍してもらおう。
武器は何が良いだろうか?
鎌……一撃必殺の首狩り効果がある。
槍……硬い敵に対し、貫通ダメージがある
包丁……攻撃力は低いが命中率は良い。
剣……バランスが良くて初心者向け
鈍器、短剣、手斧、斧、カッター、ヌンチャク、棍棒……ダメだ。
なんか、どれもダメな気がする。
現実的に考えると、短期間の訓練で使い物になる槍が良いと思うが、アイテムボックスにはない。
一回、刀を持たせて、その反応を見て確かめるとしよう。
私はアイテムボックスからミスリル製の長剣を出して、エミールに持たせてみた。

「カグヤ様、これなんです?」

刀だ。エロイナ世界では初心者向けの武器として扱われている。
素振りしてみてくれ。

「もっふー!もっふー!」

軽々とエミールは、手馴れた手つきで刀を振り回した。その様はまるで熟練者。
妙にゲームチックだ。
現実では、刀は携帯性に優れているが、基本的に他の武器の補助として扱われる役立たず武器。
リーチは短い。訓練に多大な時間がかかる。そんなデメリットに溢れた武器のはずだ。
だが、この世界では違うらしい。剣スキルが存在するせいか刀の扱いは簡単。
エミールは何度も何度も刀を上げては下ろし、玩具を貰った子供のように目を輝かせている。

「これ楽しいです!カグヤ様からの贈り物を大事にしますね!」

……すまないな。エミール。
危険な仕事をこれからたくさんさせる事になると思う。
前衛という仕事は、敵の攻撃がそこに殺到する。
君が仏様のような寛大な心を持っている事を祈ろう。
今の私の気分は、若い少年を誑かす悪女さん。
でも、愛人に4000億円貢いだエカテリーナ2世(ロシアの女帝)のような大悪党には成れそうにない。
所詮、私は小市民さ。
~~~~~~~~~~~~
TS転生オリ主よ。お主も悪よのう
~~~~~~~~~~~~
なんだ、このナレーション。


~~~

戦闘時の連携訓練を少しやった後、エミールと並んで私は村を歩いた。目指すべき場所は泊めてくれそうな家。
しかし、村は恐ろしい程に荒廃していた。畑には最小限の穀物しかなく、農民達はクワの代わりに剣や槍で武装して狩りに行っている。
砂漠の日差しを回避するために、日陰で行われる奥さん達の日常会話も

「あっちの砂漠にオークだらけのダンジョンが生えてきたらしいわ」
「豚肉を食べられるって事ね~食生活が充実して太っちゃう」
「でも奥さん、最下層にいるオークキングのLVが桁違いだから危ないですわ」
「最下層に行かずに、オークだけを狩れば良いじゃない」

どこの世紀末すぎる世界観の村だ。
税率90%のせいで仕事を放棄しているぞ、こいつら。
民草の事を考えない為政者が全部悪いんだ、そう納得しよう。
たぶん、こんな環境の村だから本の類はなさそうだ。
残念である。

ん?遠くから砂煙を上げながら、こちらへと近づいてくる人影が5つある。
……まさか新しい刺客か?
人影の正体は馬に乗った人間達。全員が高価な装備で身を覆っている。
4人は通り過ぎて、彼らの中の一人が私の前で止まった。
白髪の初老の男だ。孫娘を見るような優しい視線で微笑みかけてくる。
--------------------------------------------
メルカッツ
ベテランの冒険者だ。
アドバイスを受けたいなら、彼に聞くべきだろう。
--------------------------------------------

「小さなお嬢ちゃん。
冒険者になったばかりの新人かね?」

……ああ、そうだ。
私が頷くと、メルカッツは柔らかい口調で

「そうか、そうか。
新人だから分からない事だらけだろう?
何か困ったことがあったら、私に何でも聞きなさい。
こう見えても冒険者人生は長いのだよ」

メルカッツは優しそうな老人だ。だが、私を罠に嵌めるための演技かもしれない。
敵か味方か、それとも関係のない人なのか、少し悩んだ。
とりあえずカマをかけて見る事にした。
……メルカッツさんに聞きたい事があります。
聖帝カグヤという言葉に聞き覚えはありますか?

「ん?」

これで驚く反応があったら未来からやってきた可能性が高い。
だが、私の期待を余所に、メルカッツは首を傾げて悩み込むばかり。

「聖帝カグヤ?昔の偉人の名前かね?」

いや、知らないなら良いんです。メルカッツさん。
時間を取らせてすいません。
見たところ、お急ぎの様子。私たちに構わずにお連れの方を優先してください。

「お嬢ちゃんは礼儀正しいな。確かに私は連れの皆と一緒に、遠出に出かける予定だ」

どうやらメルカッツは、私の事を何にも知らないお爺ちゃんのようだ。
幼い外見の私達を見て、心配になって語りかけてきただけの無関係な人なのだろう。
……こうやって、会話してくる相手を疑う生活はなんか辛い。
メルカッツさんみたいな紳士を疑うなんて恥ずかしいな。

「カグヤ君、エミール君、他に何か聞きたい事があったら村長の家に来るといい。
私はそこで一年前から宿泊している。この村、唯一の民宿だ」

メルカッツさんはそう言って、馬を鞭で叩き、場を走り去っていく。
なんて慈愛に満ち溢れたおじいさんなんだ。
私の名前を知っているのは、向こう側にもナレーションが表示されているせいだろう。たぶん。
あんなに良い奴が刺客な訳がない。

「とても強そうな人でしたね。カグヤ様」

エミールが狐耳をピョコピョコしながら話しかけてきた。
試しにどれくらい差があるのか試してみよう。
私が攻撃意思を示すだけでナレーションの中の人が教えてくれるはずだ。

--------------------------------------------
私に中の人はいない。
だが、彼に喧嘩を売るのは、やめた方が良い。
蟻と大魔王ほどのレベル差がある。
--------------------------------------------
さすが真摯なご老人。
振る舞い通りの圧倒的な戦闘力だ。
ああいう人ばっかりだったら、この世界はきっと平和だろう。
平和。今の私には縁がない言葉だ。悲しい。
新しい本が欲しい。高クオリティの小説や漫画を読みたい。

「カグヤ様。僕、もっと強くなりたいと思いました」

隣の少年が熱い闘志を目に燃やしていた。
前向きなのは良い事だ。強くないと酷い目に合う世界だからな。
私は彼の頭を撫でる。
エミール。狐というより犬っぽい印象だ。人懐っこくて狐耳が嬉しそうに揺れ動く。

「もっふぅ~。カグヤ様に撫でられると癒されます~」

猫の神(私)と狐の神(エミール)。最強のコンビタッグだ。
成長すれば敵なんて存在しないだろう。
--------------------------------------------遠方から飛んできた砲弾が、村人サナンタを殺害した。
どうやら彼は寄生された生命体だったようだ。
二度と復活することはない。
--------------------------------------------
ふぅ……刺客はどうやらあっちこっちに居るみたいだ。
異世界は危険に満ちている。
誰が敵で、味方で、無関係なのか。
そんな事を考えていたら精神的に参ってしまいそうだが、絶対の信頼を置けるエミールの存在は私にとっての精神安定剤になりそうだ。





--------------------------------------------
カグヤ Lv4  ※レベルで上がるのはHPとMPのみ。その他のステータスは食事と行動とスキルのレベルアップで上昇する。

所持金 約1万
 筋力  5
 耐久  6
 器用  3
 感覚  5
 習得  12
 意思  12 
 魔力  85 
 魅力  23(+100) 
生命力:90(+30)
マナ:90
速度:2000
 クラス   魔法使い
獲得スキル 詠唱(魔法の成功率)瞑想(MP回復)エコ魔法(魔法のストック節約)魔力の限界(MP切れた状態で魔法使った時の反動を抑える)など×1000のスキル
獲得魔法 無の矢(アロー)LV3  混沌の矢(カオス・アロー)LV1
状態異常
称号 『男女』


装備






胴体 ★神聖なる巫女服『カグラ』(90.20)
遠隔武器 ✩純白に光るパンティー『ピンクレディー』(10d6)
弾薬



どうでもいい設定⑤

この作品は、エジプトの地理ネタ+Elonaネタを少しオマージュしている。
http://suliruku.futene.net/GAME/Muryou/RPG/Elona_plus/index_pet.html
エジプト「ナイル川の西と東が死の砂漠辛いわー。
でも、大規模な軍勢が侵略してこないし、古代時代は楽勝だった」





この話のコメントまとめ+作者の感想


http://suliruku.futene.net/Z_saku_Syousetu/Tyouhen/Honzuki_no_naiseiti-to/c5.html


【小説家になろう】ラノベの2015年売上ランキング、ダンまち の優勝

http://suliruku.blogspot.jp/2015/12/2015.html

【内政】「船を開発して俺TUEEEE! 」☚展開って結構あるけど、専門知識たくさん必要だよねhttp://suliruku.blogspot.jp/2015/12/tueeee.html





ゆっくり次に進むよ!
本好きの成り上がり(TS)~魔法の本に使われている暗号が日本語な件~】☚纏めたぺーじ

23 件のコメント :

  1. (´・ω・`)二度目の修正ゆっくり完了

    返信削除
  2. 2016年1月1日 ドケチのパルメ(´・ω・`)さんのパル(´・ω・`)甥くんパル姪(´・ω・`)ちゃんへのお年玉予想
    予想
    パル甥(´・ω・`)くん 2000円札1枚
    パル姪(´・ω・`)ちゃん パルメ(´・ω・`)さんの婚姻届け(記入済み)

    返信削除
    返信
    1. パル姪ちゃんは、独身でぼっちのパルメさんに上手く取り入って、遺産の分配先に自分を指定する遺言状を作成させてパルメさんを……おっとこれ以上はいけない。

      削除
    2. (´・ω・`)そんなー

      オイ(´・ω・`)クリスマスプレゼント頂戴!

      (´・ω・`)はい200円

      オイ(´・ω・`)




      オイ(´・ω・`)正月プレゼントは?

      (´・ω・`)特売でやっていた妖怪ウォッチのコマさんで良いだろ?

      オイ(´・ω・`)わーい

      削除
    3. >2016年1月1日 11:11
      狙ったのかパルメさん

      削除
    4. (´・ω・`)偶然だ・・・しゅごい・・・

      削除
    5. >2016年1月1日 11:11
      パルメさんが今年の運を早速使い果たした件

      削除
    6. 運の無くなったパルメさんが明日に餅をのどに詰まらせるんかな?

      削除
  3. ほい異世界TSものの参考につttp://yaruok.blog.fc2.com/blog-entry-6364.html
    さすが商業になるだけあってKUMOさん面白い(ダイレクトマーケティング)

    返信削除
    返信
    1. KUMOさんの異世界転生だと! 「革命家になろう!」
      ttp://yaruok.blog.fc2.com/blog-entry-6761.html

      削除
    2. (´・ω・`)ゆっくり読んでくる

      削除
    3. (´・ω・`)さぁ、まとめを見てハマるがいい……
      つttp://yaruok.blog.fc2.com/blog-category-154.html#entry4201

      削除
    4. KUMOさんでパルメさんが読むべきなのはこれだろ
      つttp://yaruok.blog.fc2.com/blog-entry-4421.html

      削除
    5. 説得力

      カグヤ(´・ω・`)本が読みたいけど、命を狙われているよ!

      味方(´・ω・`)私がいた時間軸守るために、カグヤを助けたる!

      敵(´・ω・`)私の世界のために死ね!、

      削除
    6. カグヤ(´・ω・`)本が読みたいけど、命を狙われているよ!
      きちんと個性をつけてどう対応するかその方針を一貫させるのが重要ということだね。

      パターンA 過激派
      カグヤ(´・ω・`)本が読むのを邪魔する奴は屑だ、生きていてはいけないんだ殲滅する!
      行動 積極的に読書を邪魔するやつを殺害して排除する

      パターンB マイペース型
      カグヤ(´・ω・`)知らぬ、存ぜぬ、まったくもってどうでもいい、そんなことより読書だ!
      行動 読書を邪魔する奴が関われないように絶対的な防御で閉じこもったりする

      パターンC 阿片オジさん型
      カグヤ(゚∀。)yいいぞいいぞ、お前たちのためにいくらでも本を用意してやる、
      読書をして自分の好きに夢を思い描け―――そのときおまえは、おまえの中で世界の勝者だ。
      お前たちも救われたいのだな? いいぞ救ってやる……
      いつ如何なるときもお前たちが幸せになることを祈っている!

      行動 敵が本に対して夢中になって食事もとらないで衰弱死するくらい幸せな状態にさせる

      こんな感じか

      削除
    7. カグヤ(´・ω・`)命を狙われていると、ゆっくり読書できない!
      敵を排除するために内政チートする!
      殺しに来たら排除する!

      削除
    8. (´・ω・`)ぱたーんAに近いかな

      削除
    9. キャラ付けは極端な方がいいよパルメさん、
      キャラクターの行動原理を読者が一言で表せるくらい単純な方がいい。

      小説や古書を買いまくったせいで家が本に圧迫させられてベッドや布団が置けないので、
      読書用のソファーに本を枕に寝起きして、先日ついうっかり本を買いすぎて食費までつぎ込んだので無料で貰ったパンの耳を食いながら本を読む……

      「本好き」に設定するならこのくらい極端にね。

      削除
    10. (´・ω・`)参考になる。

      カグヤ(´・ω・`)よし、女風呂でやる事といえば一つだ。
      魔法書でゆっくり読書。新しい運用とか思いつくかも知れない。

      エミール(´・ω・`)豪邸の半分が書庫・・・・?

      カグヤ(´・ω・`)公費で本読むために、自宅を図書館化

      削除
    11. カグヤ(´・ω・`)魔法書でゆっくり読書。新しい運用とか思いつくかも知れない。

      エミール(´・ω・`)書庫付きの豪邸つくるのでは?

      カグヤ(´・ω・`)図書館に仮眠室と風呂をつければいいじゃない、図書館を自宅化

      こっちのほうが本好き度が高いね

      削除
    12. (´・ω・`)ありがたや。設定に付け足した


      カグヤ(´・ω・`)建築人材の村長さん頑張れ

      村長(´・ω・`)・・・図書館の前に、紙作らなきゃ・・・

      カグヤ(´・ω・`)内政チートして本気だしたら、図書館を自宅にする!

      村長(´・ω・`)(戦争に敗北しすぎて、木簡に文字を書いている文明なんだけど・・・どうするつもりだ?この娘)

      削除
  4. パルメ。
    それはネット小説量産用に開発された自宅警備員の総称である。
    なろう・ブログの分野に広く普及したが (´・ω・`)による断末魔も急増。
    警視庁は特科なろう二課、パルメールゆんやー中隊を新設してこれに対抗した。

    通称、パルメイバーの誕生である。

    返信削除
    返信
    1. 人工知能(´・ω・`)今は、人工知能が小説を書ける時代。
      人力で勝利するのは無謀なのだ・・・

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。