╰( ^o^)╮自作漫画/2コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

気に入った絵(m´・ω・`)m

【甲鉄城のカバネリ】 「主食は人間の血液ですが何か!」  人間「ふざけんな!」

9 件のコメント :

公開日: 2016年5月3日火曜日 管理人の文章 甲鉄城のカバネリ


甲鉄城のカバネリ】←まとめたページ
「主食は人間の血液ですが何か!」 
人間「ふざけんな!」
2016
5/2

ユリアン(´・ω・`)なんて難易度の高いぞんび人生



ヤン(´・ω・`)人間と共存できないネタばっかりだ……
(´・ω・`)第3話『捧げる祈り』 ・・・あらすじ・・・ 顕金駅を脱出した甲鉄城は、幕府の要害――金剛郭を目指す。 しかし、甲鉄城の人間たちは早くも内部対立し、生駒たちカバネリを追い出そうとする。


●人間達「この和風美少女はぞんび娘だけど、良いゾンビだよ!
ソースは、子供たちと楽しく打ち解けているから!」


ゾンビ『笑ったらお腹すいちゃったな』



『団子汁があるの。よそうね』

ゾンビ『ありがとう。でもそれはいらない』

『えっ?』




ゾンビ『私には血をちょうだい?』


『だって…あなたは…』

ゾンビ『半分はカバネだからね』(´・ω・`)目の作画までしゅごい


おばさん「ふざけないで!私たちにもカバネになれっていうの!?」

おばさん「離れな鰍!やっぱりこいつは怪物なんだよ!」

ゾンビ『仕方ないじゃない。お腹すいちゃったんだから』

●ちょうど、カバネになった難民がいるから、そいつ殺害したった。


▲  メルカッツ(´・ω・`)(毎回、食事はどうすれば良いんだ……と思ったが、日本中ゾンビだらけだったな。
そいつらの血液で補給すればワンチャンスか)

9 件のコメント :

  1. ぞんび(´・ω・`)定住できる都市がない件

    返信削除
  2. 普通に輸血パックちゅーちゅーするか血を容器に注いでそれを飲めば良いんじゃないか?
    まあそういった協力体制を築くまでは野良ゾンビ狩るしかないけど…

    返信削除
  3. 現実に売血とか吸血鬼症って症状があるから、リアルに居て理性があるなら血液屋って輸血パックや抜き立てって感じで血液を提供する店が出来るんじゃないかな。

    商人にとって金払うならそれが誰で何を求めていようと客に変わりないから。
    昔から吸血鬼とか人でなしとか罵られる職業だから商売に繋げるだろう。

    返信削除
    返信
    1. 商人(´・ω・`)まずは血液を大量保存するために、冷蔵庫作らなきゃっ……!

      削除
  4. 人肉じゃなくて血液だから輸血と考えれば問題無いっちゃ無い、割り切れるかどうかは別だが。
    ちゅーかこのシーン、カバネリだからじゃなくて無名だから騒動になってるんだよな。生駒ならもっと波風立たない言い方が出来てる。
    どっかで無名が和製ヒットガールと評してるのを見たけど正鵠だわ、戦闘力全振りでコミュ力とかが終わってる。

    返信削除
  5. 数が少ないなら奇病てことで血液を買うなり国から提供されるなりするだろうけど
    大量にいたらもう無理殺すしかない

    返信削除
  6. 血を吸うだけで役立たずなら即排除だけど、戦闘能力高いからワンチャン
    でもカバネを排除し終えたらまず間違いなくカバネリも排除されるだろうな

    返信削除
  7. 甥(´・ω・`)「主食は叔父のチョコですが何か!」
    パルメ(´・ω・`)「そんなー!?」

    返信削除
  8. (´・ω・`)そんなーを先に言われて、そんなー

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。