【Ruina 廃都の物語 】 【習作・短編】異説ダーマディウス伝 【短編】 

0 件のコメント :

公開日: 2013年7月5日金曜日 Ruina 廃都の物語 ネット小説

Ruina 廃都の物語 】

次の二作目の短編はこちらだよ。
                         , ´ i ` 、
                          ,' _|__ i
                            i、ー.|.一.人
                       人'ー个ー'/彡>。、   ……我ら……都の守人
                      /::ミ::`ニ´::彡::r―r―, 法を犯すもの……捕らえよ……
.        i:ゝ-―-x.、 /:}      〈::\:::::::ー:__::::::|.  !  |_r┐
       j:.'´:.人:.:.州ミゝj      |:::::::ゝ::二.i   ̄  i    i
        i彡'´:゚:.ゝ:ミハ洲ミx.    i:::::::::::'::ー: i    ,ィ劣ミ;x、 i
        ノ:.:.:ゝ:.:':´:.:.人i寸州、  人 ::::::::ー‐:i   f洲洲洲i. ,'
.       マ:. :. :. :.:.歹:.:.:.j:.:.洲iハ./:::::\:.:.:.f三ii.   Ⅶ洲洲リ.,'
.         i;i:. :. :. / : : : /:.:.:洲リjヘ:::::::::ノi:.:.:.{二i.i.  夊圭;ツ ,'
.        ij: : : : i: : : :/:. :. :. :.洲込‐'/:.彡:.:/:::::::i     i   ,'
.       /:. ̄;`ヽ:.:./: : : : : :. :.洲込!:::::::: / :::::::::i    i   '-...._
      ',ヽ:.';;;.:.:.:j/:.:.:./: : : : : : :洲込,: :/ ::::::::::::i.    i.  ': : : :.:.:`:..、
.        v----/i:ヽ:.; : : :.:. :. :. :.洲州/:::::::::::::::::i    i  i: : : : : : :.:.:.':,
        ゝ一'´. V:ヽ: : : : : : : : : :.:./、_;: --、:i.   i .j: : : : : : : : : :i
.          i!    i:.:.:.'、: : : : : : :.:/: : : :.:i!:i:i:i:i:i:i:ii''<i/: : : : : : : : : :.i
         i!   .!: : : \: : : :/: : : : : : i!i:i:i:i:i:i:/: : : : : : : : : : : : : : : !
            ヾ、,__i : : : : : 'ー': : : : : : :.:.:.i!:i:i:i:i:i:i/: : : : : : : : : : : : : : :.: i





【習作・短編】異説ダーマディウス伝 【短編】   作者:yusaku  SS 【短編】  2013/07/04 
  (´・ω・`)Ruina 廃都の物語に出てくる滅亡した古代都市のお話さんだよ。
ゲームの方だと、全員が同じ一日をループして繰り返している古代ローマ帝国みたいな作りの街並みなんだ。
(´・ω・`)過去に滅亡した都市から、そのまま滅亡したはずの亡霊の世界に行ける(キリツ


● 新帝タイタス十世は、周りの人間を魔術で大量殺戮してキチガイだから、誰も歓迎されてない怖い皇帝陛下だよ!
●狂っている理由は、地下墓所での生活がゆっくりできたのに、外の世界へと引きずり出されたせいだよ!
●彼から見たら、狂っているのは地上の世界さんっ!

●ダーマディウスは、タイタス八世、九世の良き友として仕えた将軍さんだよ!どっちも非業の死を遂げているね!
●タイタス七世、八世が狂って虐殺を命じても平然と行うよ!
●古今無双の槍捌きで同郷の者すらぶっ殺して無双して、その武威を知らしめた凄い将軍さんでごめんねぇっ!
●皇帝陛下でも法を犯すなら死んでね!すぐでいいよ!
●皇帝陛下の魔術が凄すぎて狂人すぎて強過ぎる有様だよ!
●戦いが終われば友だよ!二人は友として絆を育んだよ!

●ゲームの主人公さんに敗北して長い夢終了。ゆんやっー!


加えて、少年は、墓所の生活に何ら不満など持ち合わせていない。墓所とは言え、王族のための施設である。鍾乳洞に手を加えて形作られた無数のドーム状の空間は、一日かけても端から端まで移動できないほど広大であり、上層には星座や神話の掘られた壁画、中層には驚くべきことに小規模な地下都市、下層には清涼な地下水を湛える泉があった。身の回りの雑事は、始祖帝の代より帝国に仕える不死の魔将ク・ルームが世話してくれたし、退屈なときは、地下都市に暮らす「白子族」が相手をしてくれた。あと、泉で釣りをすれば、針にかかった女神さまが「ちくわ」をくれた。
 そんな閉じた世界で生きてきた少年にとって、外の世界とは、光と喧騒に苛まれる秩序なき人外魔境であった。最初こそ、探検のつもりで使者に従いて行ったが、次第に彼は恐ろしい事実に気付く。

(´・ω・`)これ見ていると超懐かしい。
ラストダンジョンの環境そのものは、住んでいる側から見ると、とてもゆっくりできる施設扱い。
(´・ω・`)あいつらの日常生活とか、とても過去背景がシュールだった。
<

0 件のコメント :

コメントを投稿

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が
復活します


最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。