【統治・内政物のテンプレ】 衛生面を向上させて病気で死ぬ人を減らす

2 件のコメント :

公開日: 2013年7月26日金曜日 管理人の文章 統治・内政物のテンプレ

統治・内政物のテンプレ

  三           三三
      /;:"ゝ  三三  f;:二iュ  何でこんなになるまで放っておいたんだ!
三   _ゞ::.ニ!    ,..'´ ̄`ヽノン
    /.;: .:}^(     <;:::::i:::::::.::: :}:}  三三
  〈::::.´ .:;.へに)二/.::i :::::::,.イ ト ヽ__
  ,へ;:ヾ-、ll__/.:::::、:::::f=ー'==、`ー-="⌒ヽ
. 〈::ミ/;;;iー゙ii====|:::::::.` Y ̄ ̄ ̄,.シ'=llー一'";;;ド'
  };;;};;;;;! ̄ll ̄ ̄|:::::::::.ヽ\-‐'"´ ̄ ̄ll

          oノ oノ
          |  |  三
 _,,..-―'"⌒"~⌒"~ ゙゙̄"'''ョ  ミ
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ    |`----|
T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /
_V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/

衛生面を向上させて病気で死ぬ人を減らす
【管理人の文章】    2013/7/26
(´・ω・`)病気は恐ろしい。人が簡単にバタバタと死んで大国が滅亡した事もあるくらいに驚異的。
その病気の原因が細菌やウイルスだと知られたのが18世紀くらいだし、知識がないと消毒するための効果的な対策が取れないんだ。
(´・ω・`)つまり、衛生面や消毒を頑張る事で、感染症による大被害を防ぐチート(キリッ
これが出来れば、周りの国々が勝手に壊滅状態の被害を受けても、被害を抑える事ができる。
(´・ω・`)人間の最大の敵は病原菌だぁっー!

●細菌が発見される前は、悪魔や悪霊とか、汚い空気が原因だとされていた。
●体に虫が湧いていても、食事が良ければ何とかなるとか、そんな国が常識だった時代もある。
●場合によっては人間が死にすぎて、軍事力のパワーバランスが崩れて国が滅亡したりする。
●数百人で数百万の人口があるアステカ王国をフルボッコにする時に、天然痘ウイルスが活躍し、大量に病死させて征服した。
●戦争するよりも遥かに酷い膨大な人死にが出る。


(´・ω・`)問題点があるとしたら、それぞれの病気の対策方法とか知っていないといけないだけに、なにその無理ゲー。
(´・ω・`)昔の衛生面がトップクラスの国でも、普通に病気でばたばたと死ぬけど、大抵の主人公さんは病気の事を詳しく知っていて、効果的な対策を取れる化物なんだ。

●それぞれの病気ごとの原因を知っているから、ピンポイントで対処する。

●風呂で人間を清潔にする。街を綺麗にして衛生面を良くする。
●手洗いと石鹸の習慣を作る。
●下着を替える。
●栄養のある食事を取る。
●病人を隔離する。
●アルコールで消毒して、感染を防ぐ。

(´・ω・`)こんだけやっても、次々と人間さんが病原菌を運んでくるだけに、周りの国々に無償で対処方法教えないと、自国も大損害被る有様だよ。

2 件のコメント :

  1. 多少知識があるくらいだと、有名所である天然痘の対処方法くらいしか知らないですよね。
    まあ転生する人は脳内がいつも西暦2013年前後のネットにつながるので、何でも対処しますがw

    返信削除
  2. (´・ω・`)内政チートオリ主は、見たものを完全に覚えている完全記憶能力者クラスのチートっぷりが、前世からある。

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。