╰( ^o^)╮自作漫画/2コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

イタリア「古城を無料でプレゼントだ!」ただし条件がある

20 件のコメント :

公開日: 2017年5月28日日曜日 イタリアの歴史 ヨーロッパ 経済



【欧州・ヨーロッパ全体の歴史・ニュース】☚全て纏めたページ

日付順に記事を表示する( ●∀●)?

タリア「古城を無料でプレゼントだ!」ただし条件がある 2017
5/27
 

(´・ω・`)簡易
解説ノ゜ω゜)


(ノ✖ω✖)古城をタダでくれるって本当なの?!

イタリア(´●ω●`)その代わりっ!古城を修復してっ!観光客が来たくなるような建物に変貌させるのが条件だ!

(ノ✖ω✖)な、なんだってー!?失敗したら大損だ!?

イタリア(´●ω●`)観光客が特定の地域に密集して迷惑になっているから、観光客を分散させるぜ★

(´・ω・`)ソースの一部  ´・ω・`)

イタリア政府が古城をタダでプレゼント!
米ニュースサイト『boredpanda』によると、イタリアの財務省が古城や古い邸宅、ホテルなど103の物件を無料で進呈すると発表。

しかし、「タダほど怖いものはない」ではないが、やはり美味しい話には裏があるものだ。なんでも、これらの物件を無料でゲットする代わりに建造物を修復して、スパやレストラン、ホテルなど観光客が利用出来る施設に生まれ変わらせることが条件になるというのだ。


★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!つまり、どういう事だぁー!?

  ∧_∧   
(´・ω・`)
. (っ¶⊂  ……無料だけど、城の維持費とか、修繕費が高くついてやばい!
恐らく、最終的に税金で取り上げられるぞい!

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!酷い推理をするな!?

(´・ω・`)イタリア政府にとっては美味しいじゃろ?
このまま朽ちていく古城を、他人の金で再生して、観光物件を増やし、ブームが過ぎ去ったら税金で古城を取り返す……最強じゃな?

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生みたいな腹黒は、魔女裁判にかかって死んじゃえー!

(´・ω・`)そんなぁぁぁぁぁぁ!
 火火火火火


【欧州・ヨーロッパ全体の歴史・ニュース】☚全て纏めたページ

日付順に記事を表示する( ●∀●)?

20 件のコメント :

  1. ★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生を無料でプレゼントだ!

    (´・ω・`)!?

    返信削除
    返信
    1. その代わりっ!なろう垢を修復してっ!書籍化オファーしたくなるような作家に変貌させるのが条件だ!

      削除
    2. パルメ先生のブラックなセンスを活かすなら『世界最優秀民族が異世界にやってきました』みたいな方向性を狙うのが一番かのう
      ただし、商業化は絶望的……

      削除
    3. (´;ω;`)さぁ!わしをもらうがいい!
      一流の漫画家にして、贅沢させるのが条件じゃ!

      ★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)過労死するぞ!?そのルート!

      削除
  2. パルメ先生を「魔女」裁判に…つまりパルメ先生の性別は…

    内政チートオリ主が実在したら、きっとこれでがっぽがっぽ大儲け、という流れになるのでしょうね。

    返信削除
  3. 仮にも国が、こんな詐欺染みた事を堂々とやるのか。
    EUは金融緩和や財政出動が難しいらしいが、その影響なのかなぁ。

    返信削除
    返信
    1.  イタリアは経済厳しいイメージがあるから……

       あと、アメリカ人は無駄にチャレンジャーな奴が居るから、引っかけやすいと思ったんじゃない?

      削除
  4.  本来所有権というモノは、完全な支配権であって、それを売ったり捨てたり自分で住んだり、自由に使えるのが原則だ。勿論、契約で使用目的や方法を制限することは可能だが、それ以外の権限は全て残っている。
     さて、この古城を「所有」した人は、この古城についてどんな権利が残ってるんだろうか。……入場料を取る権利?巨額の修繕費と引き換えに?
     果たして、これを所有権、「進呈」されたと言えるのだろうか……

    返信削除
    返信
    1. 条件も最初に明示されてるから厳しいけどフェアだとは思うよ。
      所有権というのは法的な処理の問題で要は補修維持と引き換えに商業的に利用してもいいですよと言ってるわけで。
      共産圏の価値観は論外だけど、財産権も場合によっては公共の利益の為に制限されうるのは常識の範囲。
      例えば道路や都市計画の為に補償と引き換えで譲渡させられることは先進国でもままある。
      人類の共有財産と認められるほどの貴重な文化財にいたっては管理能力がなければ普通に使用を制限されたり、取り上げられたりする。
      勿論、問題も多くて、ギャラリーフェイクでも何度か批判的に取り上げられてるから読んだことがなければお薦めするよ。

      削除
    2. 俺が買ったから俺が何をしても良いんだヒャッハ~、は美術品には当てはまらないってことじゃない。

      茶器や古刀も価値が解る人が代々受け継いで、自分は未来に受け渡す役目の一人でしかない、と一緒かな。
      城は個人が持つには大きすぎるような気もするけど。

      削除
    3.  まあ、詐欺じゃないのは理解できるんだけど、公共財なら国とか地方公共団体で面倒見ようよ~。これじゃあ、引き受ける人は居ないんじゃないの?
       後は、超大企業の社会貢献事業の一環として、赤字覚悟で引き受けてもらうとか……?

      削除
    4. >スパやレストラン、ホテルなど観光客が利用出来る施設に生まれ変わらせることが条件
      ってあるから商業的に「利用してもいいですよ」じゃなくて、「利用しろ」だね。現地雇用も見込んでいるんでしょ。
      古城の中には一部の部屋を賃貸契約で開放してるものもあるし、維持が大変なんだろうね。

      削除
    5. 事実上のやっかい払いじゃないのか?
      スパ云々とかは地元に対する言い訳みたいなものかも。
      譲渡したんだから、後は知りません。
      と言うお役人様お得意の言い訳。
      まあ行政に文句付けるだけの、無責任で被建設的な
      市民運動(笑)家とかどこでも居るんだろうし。

      削除
  5. 前に欧州の古城の特集を観たけど、修復はその当時の技法でやらないといけないと法律で決められているからちょっとした修理もお金がかかるとか。

    日本の実業家が買ったけど、買った後に古城脇に流れる川一帯が世界遺産(だったかな?)に登録されて現状からの変更ができなくなって、古城をホテルにする計画がパーになって大赤字になってしまって、後継者子供達が古城を受け継ぎたがらないってぼやいていましたね。

    返信削除
    返信
    1. それはどう考えても嫌がらせだろうねぇ。
      仮に日本の城を中国人が買ってホテルにするって言ったら同じことしないとも言い切れないけど。
      地元の人間は金は出さないけど口だけは出す(気持ちは分かる)から面倒臭いし、文化建造物の維持は本当に難しい話だわ。

      削除
    2. (´;ω;`)熊本城とかも……修復作業で数百億円かかるらしいしのう……。
      初期投資がめちゃくちゃ高くなるから、経営が失敗して赤字だけが残る可能性が高いぞい……

      削除
    3. スグラフィート装飾とか彫刻とか修繕費やばそうだし
      サイディングボード外壁かコンクリの城でいいよ。

      万里の長城、マトレラ城、Ocakli Ada城という前例もあるし。

      削除
  6. 例え事業は成功しなくても、
    修理費だの備品購入費だのなんだので、
    地元にいくらかは金が落ちるから、
    地元自治体的にはやらないよりはマシ。
    ってことなんじゃないの?
    上手くいけば雇用創設。
    駄目もとでやってみよう、程度では?
    少なくとも維持費の負担はなくなるし。

    返信削除
  7. 中国人に転売したくなるね

    返信削除
    返信
    1.  きっと、万里の長城みたいにコンクリできれいに補修してくれるよ。

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。