アース・スターノベル「パクリ作品を描くなろう作家は許さん!」

6 件のコメント :

公開日: 2018年6月7日木曜日 管理人の文章 自作漫画 小説家になろう


アース・スターノベル 3周年です!@es_novel
2014年12月創刊のアース・スターノベル公式ツイッター、毎月15日発売です。大人が楽しめる素敵な作品がいっぱい!公式サイト(https://t.co/5uaq51OQz2)では100ページ超のお試し読みや作品特集ページも公開中です。多くの作品のコミカライズプロジェクトも始まりました!よろしくお願いいたします! es-novel.jp
このたび読者様より「アース・スターノベルの作品に強度の類似性が認められる、他社様の新刊作品があります」とのご連絡を数件頂いております編集部でも懸念を持ち念のため先方編集部に確認を取りましたところ、先方でもしっかりとご対応いただけたようで、その旨、お返事がございました
今回の件も踏まえまして、アース・スターノベル編集部は今後も変わらずオリジナリティ溢れる魅力的な作家さんの応援・出版に邁進してまいります。 引き続きアース・スターノベルをご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


包囲殲滅陣+ゆゆぽ    ☚とめたページ
2018/6/9
小説家になろう ☚まとめたぺーじ  【なろう】略称
内政チート☚まとめページ



★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!アース・スターノベルが怒ってますー!
--
†(´・ω・`)……なろう作品って、人気が出たら、皆パクリまくって似たような内容が量産されるから……確認するの大変じゃろ……

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)でも、一部の作家は、本ネタのセリフそのまんま出したりして炎上してますよ?
--
†(´・ω・`)でぇじょうぶだ。文章コピペしている、なろう作家いるけど、普通に出版しているべ(書籍版で修正すればいいし)

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?煽るなぁー!


6 件のコメント :

  1. (´ω`)アース・スターノベルの狐ロゴがかわいいのう

    返信削除
  2. アース・スターノベルはまず自分とこの月島を問い詰めた方がいいんじゃないですかねぇ

    返信削除
    返信
    1. あー月島ってアーススターノベルで本出すのか。
      このすばelona読んでたから興味本位で見に行ったけど
      あまりにもそのまんまパクリすぎてて絶句した思い出

      削除
    2. (´ω`)なんか……ひたすら盗作ですレビューばっかりじゃのう……

      天界に裏切られた最強勇者は、魔王と○○した。001

      https://www.amazon.co.jp/天界に裏切られた最強勇者は、魔王と○○した。001-アース・スターノベル-月島秀一/dp/4803010668

      うち1.0巷ではパクリーヌ月島と呼ばれてるとか。
      2017年12月27日
      形式: Kindle版
      ラノベの盗作判定が甘い事を利用して、ひたすらなろう人気作品のコピペをちょっと設定変えて掲載してるパクリ作家。
      人気作品をぱくったためか序盤は入り込みやすく、正直おもしろく感じる人もいるだろう。

      しかし、ぱくりすぎると当然まずいため、途中からオリジナリティーを出そうとすると自分の実力を発揮!・・・結果としてくそ作品となる。

      までがワンパターン。

      削除
    3. 秀一じゃなくて秀九郎だったら
      パクった事に気づかれることすらなかったのに

      削除
  3. 盗作が溢れたのはパルメさんの責任。
    潔く尻を切れ。

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が
復活します


最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。