冨樫「俺、カードバトル物を描くわ」

5 件のコメント :

公開日: 2016年9月8日木曜日 HUNTER×HUNTER





週刊少年ジャンプ】☚まとめたページ
冨樫「俺、カードバトル物を描くわ」  2016
9/4
(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生っー!ハンターハンターの連載はどうなるんですかぁー!?


(´・ω・`)カードゲーム物はのう。
一度大ヒットしたら、超絶億万長者になれる上に、利権が出来るから、延々とお金が入ってくるドル箱なんじゃよ。




(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)そんなー!?
じゃ、ハンターは打ち切り!?


(´・ω・`)グリードアイランド編みたいに、面白いとええのう。
 対談中に司会者から「次回作の構想はありますか?」と聞かれた岸本と冨樫。岸本は15年間も連載した『NARUTO -ナルト-』が2014年に終了し、現在はその続編『BORUTO -ボルト-』(漫画・池本幹雄、脚本・小太刀右京)の監修を務めているところだが、「次回作ありますよ」「もう動いてますから。取材とか行ってますよ」と語り、年内の発表もにおわせた。
 そして冨樫はというと「僕めちゃくちゃあるんですよね。描きたいやつ」「こんなにインターバルを挟みながら『ハンター』描くとは想定してなかったから」と爆弾発言をしたのだ。確かに『HUNTER×HUNTER』と言えば、現在単行本33巻が刊行されているのだが、単行本全・72巻の『NARUTO -ナルト-』よりも先に連載がスタートしており、冨樫が『HUNTER×HUNTER』を連載している期間は岸本の『NARUTO -ナルト-』よりも長い。
 これには「な、なんと!!」「18年間もやってたら違うの描きたくなるよなwww」「描きたいやつめちゃくちゃあるとか、そんなに冨樫先生がやる気に満ち溢れていたなんて!」「冨樫のクローンを10体くらい作ってほしい」「週刊少年冨樫ができるな!」とファンから喜びの声が上がっている。
 そして冨樫が明かした他作品の構想の1つは“カードバトル”。カードバトルと言えば『遊☆戯☆王』があまりにも有名だが、「(連載終了から)だいぶ経ってるから、もうやってもいいんじゃ」と語り、本格的に考えているようであった。
 果たして冨樫の“カードバトル”漫画はいつ読めるのか。そしていつ『HUNTER×HUNTER』は連載を再開するのか。日本中の漫画ファンが冨樫の仕事に期待をしている!

5 件のコメント :

  1. (´・ω・`)グリードアイランド(´・ω・`)

    返信削除
  2. 下書きで掲載されても他の漫画より圧倒的に面白かった。
    原作者でもやれそう。

    返信削除
  3. なろうならエターになるのが多いパターンですな。

    返信削除
  4. 18年間つってるけど後半休載ばっかじゃん

    返信削除
  5. 竜頭蛇尾とでも言うべきか、勢いがなくなる前に終わるように話を纏めればいいと思う。
    JOJOみたいに1章単位で区切って何時終ってもいいように連載すれば、話がぶつ切りにならずにすみそう。

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。