Lv32「狐娘とテレビと児童車」前編 【この中に一人っ!ラスボスがいる】

4 件のコメント :

公開日: 2016年9月13日火曜日 この中に一人っ!ラスボスがいる! 自作小説





ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる】●LV9999億の骸骨

グビッグビッ、ゴクンッ。

「もっふふふふ」

金髪の尻尾が愛らしい狐娘キーニャンは、部屋でゆっくりと寛いでいた。
最近、ワルキュラが人間王国の対処に追われて、全く来訪しないから心休まる日々が続いている。
働かずに給料を貰えて、美味しいコーヒーミルクを飲めて、人生絶好調。
狐娘の気分はセレブさん。

「不労所得って、乙女の夢だよね。
今日は何処でショッピングしようかな……もっふふふ」

特に、コーヒーミルクの味は最高にも程がある。
中毒性があるコーヒーと、甘いミルクの合体。それが織り成すハーモニー。
大人の味と子供の味を、一度に味わって贅沢すぎた。
後は、狐耳が似合う素敵な旦那様をGETできれば、将来安泰である。

「合コンしようかなぁ……もっふぅ?」

部屋の扉から音がした。骨の手で、木を強く叩いた音だ。
嫌な予感に、キーニャンの大きな尻尾が勢いよく逆毛立つ。

(ま、まさか……!?)

キーニャンの嫌な予感。それは――的中した。

「キーニャン、俺だ。
ワルキュラだ。
最近、公務が忙しかったが、ようやく時間を取れたぞ」

この声を聞いて、キーニャンは思考を停止し、思わず叫んでしまった。

「もっふぅー!!?」

「おい、大丈夫か?」

気づけば、扉が開いてないにも関わらず、豪華なローブを纏った巨大な骸骨――ワルキュラがキーニャンの背後に立っていた。
恐らく、転移魔法?とやらで、障害物を全て無視して移動したのだろう。
ホラーな化物が、ホラーな方法で移動するから、キーニャンの心臓が激しく脈動して辛い。
でも、今の自分は秘書なのだ。雇用主に挨拶をする義務がある。
挨拶もできない部下なんて、即、解雇だろう。
解雇が、即日中に、あの世生きの切符にクラスチェンジするのは当然すぎる現実だ。

「ワ、ワルキュラ様……?
お、お久しぶりの、モッフフ、です……?」

「うむ、久しぶりだな。
元気そうで何よりだ」

「あ、はい……もっふぅ……」

出来れば、キーニャン的には二度と再会したくなかった。
新聞によれば、つい先日、200万人相当の人間を、この世から消滅させ、人間王国を征服した大魔王……それがワルキュラだ。
その権力と武力の圧倒的凄さに、目眩すら感じて、狐耳が下に垂れ下がってしまう。
無駄に豊かで大きい胸も、重力を感じて重たくてダルかった。

「キーニャン。
お土産にこれをプレゼントしよう」

そう言って、ワルキュラが異次元(ドリームランド)から取り出したのは、子猫が入れそうなサイズの小さな箱だった。
その箱は、真っ暗なガラスで一面が覆われていて不気味だ。
ガラスから静電気を感じるせいで、キーニャンの毛が少し逆立つ。

「もっふぅ?」

「これはバッテリー付きの小型テレビだ。
燃費が良くて、長時間保つから経済的だぞ。
ビンゴ大会の商品なのだが、既に大型テレビが宮殿にあってな。
要らないから持ってきた」

「テ、テレビ!?」

その恐ろしい単語には、聞き覚えがある。
確か、テレビとは……人間の魂を封じ込めて、24時間労働させる拷問アイテムの名前だ。
アンデット達を喜ばせるために、必死に箱の中で芸をやらされて、死後の安寧すら奪われるという。
無論、無報酬で無休な超絶ブラック企業待遇だそうだ。

「このスイッチを押せば、電源がonになって映像が見れるのだ。
使い方は単純だから、やりながら覚えれば良い」

そう言って、ワルキュラはテレビの右下についている紅いボタンを押した。
暗いガラスに、大勢のゾンビの顔が投影される。
大都市で腐敗したゾンビが、人を食い荒らし、悲惨な悲鳴が部屋に響き渡る。
『だずげでぇぇぇぇぇぇぇぇ!!』
『やべでぇぇぇぇぇぇぇぇ!!』
『パルメザンチーズぅ!!!』
そこでは生きている人間は、ただ食われるだけの肉に過ぎなかった。
走り回る腐った『元人間達』で、大都会は汚染され、埋め尽くされている。

(こ、これは、まさか……人間王国で行われた大量虐殺の光景っ……!?)

完全に人の所業ではない。
悪魔、それも神を冒涜する事を目的にした地獄の宴だ。
ワルキュラの悪意は、見るだけで吐き気を覚えて、狐の尻尾がブンブン動く。

「おや、ゾンビ映画だったか?
これは若い娘に見せる内容ではないな、うむ」

ワルキュラがテレビの真ん中にあるボタンを押して、別の映像を映し出した。
キーニャンは、先ほどの光景を忘れられない。
というか、今日は悪夢にうなされて、寝れそうにない。
自分がコーヒーミルク飲んで平和を満喫している間に、人間王国の皆が、ゾンビとなり、餌となり、無残に腐り果てた死体となったのだ。
そう思うと、狐耳が下に垂れて、寒気がしてきた。

「キーニャン。テレビは付けっぱなしにすると、電力を消費するから、テレビを見ない時はスイッチを押して、画面を消すんだ。
わかったな?」

「も、もっふぅ……」

なんと返答すれば良いのか、発展途上国暮らしのキーニャンには分からない。
死をもたらす大魔王を説得する方法も、思いつかない。
ホラー小説に登場しそうな、怖い箱をどう処分すれば良いのだろうか?
そうやって狐娘がモフモフ悩んでいると、ワルキュラが――

「来て早々悪いが、俺は国に帰らないと駄目なのだ」

「もっふぅ?」 

「どうやら、俺を暗殺するために、刺客が放たれているらしい。
同じ場所に長居すると、キーニャンに迷惑がかかるかもしれない。すまんな」

「あ、はい、分かりました!
お気をつけて!お帰りください!」

「うむ、去らばだ。
また、会おう」

そう言って、ワルキュラは瞬時に、魔法を使って部屋から消え去った。
残るのは――呪いの箱テレビ。
映し出されている映像は、踊って歌っている人がたくさん映っていて、中々に面白そうだが、強制労働させられている亡霊達だと思うと、安心して視聴できそうにない。

「可哀想……このテレビって道具……。
どんな悪魔が作ったんだろう……?
やっぱりワルキュラ様の魔法かな……?」

『この番組は、ご覧のスポンサーが提供しています』

「もっふぅ……?」

ゴランノ・スポンサー。
そんな怪しげな組織名は聞いたことがない。
きっと、帝国の悪い悪い秘密組織なんだなぁと、キーニャンは思った。


中編に続く


ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる】●LV9999億の骸骨

4 件のコメント :

  1. (´・ω・`)修正はゆっくり明日

    返信削除
  2. コーヒー牛乳を風呂上りに飲んでないだと!?
    それはコーヒー牛乳に対しての冒涜だぞ!
    アレは風呂上りに腰に手を当てて飲むものだ!

    返信削除
    返信
    1. 狐娘(´・ω・`)もっもふぅ!?(風呂は贅沢品)

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。