╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

Lv33「狐娘とテレビと児童車」中編 【この中に一人っ!ラスボスがいる】

5 件のコメント :

公開日: 2016年9月13日火曜日 この中に一人っ!ラスボスがいる! 自作小説





ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる】●LV9999億の骸骨


何度も何度もキーニャンは悩んだ。そして、テレビを見続けて気がついた。
どの番組も、最初に『ご覧のスポンサーの提供で送ります』とナレーションさんが呟き。
最後になると『ご覧のスポンサーの提供で送りしました』と言っている。
やはり、ゴランノ・スポンサーという企業が、帝国内で暗躍し、非道なテレビという道具を作っている事は決定的すぎる事実なんだなぁとキーニャンは恐怖で体がプルプルッ!モフモフと震えた。大きな自分の尻尾に抱きついて落ち着く。
黄金の尻尾を1回モフモフ、3回モフモフ、5回モフモフ。
1とその数字以外でしか割り切れない素数の回数分、モフモフ。
素数という孤独な数字とともにモフモフすると、心が落ち着いて、ショタな狐人の彼氏がほしいなぁという思いとともに、キーニャンは安らいだ。

「もっふふふ」

『ワルキュラ6!
君も宝クジを買って、億万長者になろうよ!』

「もっふぅ……?」

テレビの中では、眩しい光とともに宝くじの宣伝をやっていた。
こんなホラーな道具で、宣伝されても買いに行く気になれない。
宝くじの収入は、帝国の国庫に入るから、アンデットを喜ばせるだけだ。
でも、当たりクジは欲しいなぁと、貧乏に苦しむ狐娘は思った。

『この薬を飲んだらエルフ娘になれました!
エルフ娘になれーる販売中!
値段はたったの一億アヘン!
夢の不老長寿がアナタのものに!』

「もっふぅ……」

狐人は不老種族だから、不老長寿に価値を見いだせない。
既に資産として持っている物に憧れるはずもないのだ。
でも、一億アヘンもあれば、神社で自由で快適な生活をしながら、昼寝できてモッフフだなぁと、キーニャンは妄想する。

『夏はこれだ!冷えた縞々パンツ!
コンビニで販売中!』  尻尾があるから、パンツ履けない。
『無農薬キャベツ!キャベツ!美味しいキャベツをよろしくね!』
『最新テレビゲーム!宇宙侵略者販売中!』

テレビに映る映像の数々。これは死んだ人間達が無理して必死に宣伝していると思うと、キーニャンの心は切ない。
黄金の狐耳が下に垂れて元気を失う。
死後の人生まで拘束され、小さな箱の中で労働させられる亡霊達が――とてもとても哀れだった。

「ワルキュラ様はやっぱり……人類の敵……もっふぅ……」

人間王国で起きた大惨劇。サンレイという巨大な光で、一瞬で200万人の人間を消し飛ばしたそうだ。
ワルキュラは、やはり冷酷非情な大魔王と言わざる負えない。
でも、キーニャンに気さくに話しかけて、プレゼントをくれるワルキュラは優しい。
どれが本当の彼なのだろうか?

『漫画の祭典ルビー祭り開催
集え!全国の漫画好き!』


「もっふぅ……?もっふぅ……?」

人間はいろんな顔を持つ。
キーニャンなら、可愛い狐を見て抱きついてモッフフ。
美味しいアルバイトがあれば、笑顔で接客してモッフフー。
貧乏だなぁと感じた時は、元気を失って、もっふぅ……
時と状況で、人は多彩な顔を他者に見せる。
ワルキュラも恐らく――大量虐殺を平然と行える自分と、日常生活を平和に謳歌する自分。その両方の性格が共存しているのだろう。

『大人気!ワ●キュラ人形!
サンドバックとして大人気!君もこれを殴ってストレス解消!
なお、これは現実のアンデットと一切関係がありません!』

「ワルキュラ様……でも、死んだ人たちを拘束して働かせるのは間違っているよ……。
こんなの神様でもやっちゃ駄目な事だよっ……」

キーニャンは、部屋を出て、学生寮の倉庫から鉄製のハンマーを借りて、テレビの前に立つ。
息を大きく吸い込み、錆びが目立つハンマーを高く構えた。

『緊急ニュースです!
ワルキュラ様が、飢饉で困っている旧人間王国に寄付なされました!
帝室収入の1割を寄付するとの事です!なんと寛大なのでしょうか!』

「間違いは正さなきゃ……!
哀れな魂を解放するよっ……!」

自分の言葉に酔って、テレビの内容を聞いていないキーニャン。
その右手のトンカチが勢いよく振り下ろされる。
テレビの真ん中がその衝撃で大きくヘコみ、機械部品がはじけ飛ぶ。
キーニャンは何度も何度も、目を瞑ってテレビを叩きまくる。
テレビの中で、ワルキュラが骸骨顔を晒して登場して演説をやっていたりするが、そんなのは無視だ。

『不幸な事故はあったが、被災者は全員、骸骨になって生きて――』

バキャーン! テレビに設置されたバッテリーが、火を吹き上げた。このままだと学生寮が火事になって、重犯罪者待遇で処刑されちゃう。
キーニャンは慌てて、飲みかけのコーヒーミルクをぶっ掛ける。
火は白い煙をあげて鎮火し、テレビは茶色の液体まみれになって、ガラクタと化す。
キーニャンは仕事をやり遂げた顔で――呟いた。

「あの世でゆっくりしていってね……。
もう二度と、ワルキュラ様に捕まっちゃ駄目だよ……もっふふ」

そして、満足しながら、こう思った。
この呪いの箱の残骸。どうしよう。
次、ワルキュラ様が来た時、テレビが無かったら私が代わりに殺されて、箱の中に封じ込められるのでは?

「もっふぅ……」

狐娘は場に立ち尽くした。
時間を浪費して30分が経過すると、扉からノックする音が聞こえる。
骨の手で、木を叩く独特な音だった。明らかに部屋の外にアンデットがいる。

「も、もっふぅ……?」

「俺だ、ワルキュラだ。色々と説明を忘れてたぞ
バッテリーを充電する時は、俺の魔力を使う必要があるのだ」

悪の帝王が、キーニャンのすぐ傍に迫ってきている。
部屋の惨状を見られたら、人生はおしまいだ。
きっと、人間王国の皆みたいに、虫けら同然に殺されて、未来永劫、小さな箱の中で強制労働させられちゃうんだ。
狐娘としての魅力を思う存分生かせる、そんな仕事を――

「キーニャン?
留守なのだろうか?
いや、人の気配があるから……着替え中か?」

(こ、殺される!?
200万人を虫けらのように殺した悪の独裁者に殺されちゃう!
どうしよう!私!
テレビを壊すんじゃなかった!)




後編に続く 



ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる】●LV9999億の骸骨

5 件のコメント :

  1. 勘違い系がしつこいとイラついてきてしまう今日この頃
    ストレス溜まってるっぽい

    前まではなんとも思わなかったのに

    返信削除
    返信
    1. ワルキュラ(´・ω・`)そんなー!?

      削除
  2. (´・ω・`)ゆっくり修正完了

    返信削除
  3. >>大人気!ワ●キュラ人形!
    >>サンドバックとして大人気!君もこれを殴ってストレス解消!

    なんでこれで独裁者なんだよw

    返信削除
    返信
    1. ワルキュラ(´・ω・`)関係ない骸骨とか言えば、不敬罪が適用されないのだ。グスン

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。