Lv9「不死王、宇宙人に誘拐される③~宇宙平和~」【この中に一人っ!ラスボスがいる!】

1 件のコメント :

公開日: 2016年8月1日月曜日 この中に一人っ!ラスボスがいる! 自作小説





ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝


旗艦の艦橋は、重たい空気が漂っていた。
豪華でフカフカな椅子に座りながら、ゲェス提督は特に重く悩んでいる。
真っ赤なタコ頭を右に左にゆら~ゆら~。
たくさんある触手をくね~くね~。
ドゲス星人の科学力で、ワルキュラをどうやって倒せば良いのか、全く検討がつかない。
光子魚雷は生産コストが高すぎて、少量しか生産できず、さっきの攻撃で全てを使い果たした。
中性子ビームも効かない、下手に刺激するとブラックホールで返事される――ここでゲェスの思考は停止した。
モニターに投影されていた映像に、ワルキュラの姿がない。
あるのは――解けるはずがない無重力合金製のロープと、小惑星だけだ。

「て、提督!
化物が艦内に侵入しましたー!」

「馬鹿なぁー!?
どういう事だぁー!」

「恐らく、ワープだと思われます!
全てのセンサーを無視して、艦内にっ!突然にっ!現れましたぁー!」

「本当にそんな馬鹿なぁー!?」

ゲェスは天文学的すぎる奇跡に驚愕した。
空間を歪めて移動する……ワープ系統の技術は『理論上』は存在する。
前方の空間を圧縮し、後方の空間を押し広げる事で、光を超えた速度で目的地に移動できる夢の技術。
だが、スペースシャトルサイズの超小型宇宙船ですら、木星サイズの質量をエネルギーに変換しないと実現できない。(最新の科学)
しかも、伸縮するワープ空間を通るために、周りからの干渉を完全に防ぐ『泡』という防御フィールドを展開する必要がある。
これを展開している間は、艦艇側も外に干渉できない。つまり全く移動できないという矛盾が発生するのだ。
だからこそ、ゲェス提督の柔らかいタコ頭は、現実逃避を起こしている。
今までの常識を根底から覆され、全く未知なる恐怖に、タコの触手が冷えて、ブルブルッと震えた。

(俺は一体っ!何と戦っているのだ!?
これは本当に現実の出来事なのか!?
こんな辺境に住む蛮族が、我らの科学を超越しているだと!?)

一人で孤独な思考に、浸る暇すらない。

「やぁ、宇宙の皆さん、こんにちは。
通路が封鎖されていたから、物理的に壊した、すまん」

そう言って、ワルキュラが艦橋の床を壊して入ってくる。その骸骨顔は、静かに激怒しているように見えた。
言語が違うから、ゲェス達は、内容を全く理解できていないが、今まで、散々、非礼の限りを尽くしてモルモットにしたから、ワルキュラが怒っているのだと判断するしかない。
恐怖のあまり、一部のドゲス星人は気絶して、口から黒い墨を吐いて気絶した。

「話し合おう。
言葉が分からんが、ゆっくり話し合おう。OK?
俺の名前はワルキュラだ。争いは良くない」

ワルキュラがゲェス提督の所へとやってきて、右手を差し出した。とっても白い骨の手だ。
殺されると誤解したゲェスは、目の前の骸骨を、超科学の産物だと確信する。
自分達の発達した科学ですら、原始人にしか見えない文明が、この先には広がっているのだと。
これ以上、この場に留まっている訳にはいかない。
幸い、ここは遠く遠く離れた辺境だ。
まだまだ、お互いの文明が本格的に隣接するのに時間がかかるはずだ。そう思いたい。
でも、ワープできる化物が相手だと、距離という概念そのものが儚い。
何処まで逃げても追いかけてきそうで怖い。辛い。今すぐ、口から墨を吐きたい。
下手したら、このままタコ焼きにされて食われる。そう、ゲェスは確信する。

「俺、良い独裁者。
争い大嫌い。OK?
これ、リズミカルに歌うヒップホップ。
今日から俺と、お前、友達。
ユーは俺の友達だ
OK?」

今やるべき事は――目の前で、奇妙で独特な踊りをしている巨大な骸骨を――

「戦争は何も生まない。
平和が一番、OK?
争い良くない、一緒に歌って踊って、ヘイヘイホー。
……言葉が通じないって辛いな……
俺はどうすれば良いのだろうか?
星に帰っていいか?
可愛い嫁や同級生が待っているのだが?」

最大限、ワルキュラを接待して、帰りの道を襲われないようにする。
ドゲス星人の接待術で――文明の衝突を避けるしかない。

「全艦っー!
接待戦争の準備をせよっー!
ドゲス星人の興亡はっ!この一戦にありっー!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「狐の尻尾が一つ……
狐の尻尾が二つ……」

惑星上で、ゆっくり怠惰を貪っている狐娘がいた。裸でベットの上を寝転がり、大きな狐のぬいぐるみを抱きしめて、とっても極楽。
夜の間は、ワルキュラの面倒を見なくて良いから、ともて寝心地が良さそうだ。
だが、その安穏とした時間は即座に終了する。
部屋の扉から、コンコンッと軽く叩く音がした。
その音で、すぐにキーニャンの意識が覚醒する。
音だけで理解できた。肉の手で叩いた音じゃない。
骨の手で、扉を叩く少し硬い音だ。つまり、扉の外にいるのは骸骨系のアンデットという事になる。
つまり、ハーレムやっている悪の帝王が訪問してきた事を――意味する。

「も、もっふぅ……!?」

とうとう、エッチィ夜伽をしないと駄目なのかと、キーニャンは覚悟を決める。
黄金の延べ棒を貰って、働いている以上、仕事内容にエッチィ仕事があっても不思議ではない。
唾を飲み込んで、アンデットに蹴散らされる純潔を想像し、嫌な気持ちになりながら、キーニャンは寝巻きを着て、そっと、扉を開けた。
すると、そこに居たのは――

「旅行のお土産だ、キーニャン」

両手にたっぷりお土産を持ったワルキュラがそこにいた。
その中から差し出されたお土産は、ゲェス星人の間で大好評の、美少女タコのプラチナ像だったが、キーニャン的には無価値である。
狐の像だったら、喜んで貰うが、タコの像とか誰得である。
鋳潰して、黄金より価値があるプラチナの延べ棒にした方が、まだマシだ。
いや、それよりも、キーニャンには気になる事があった。

「そ、そういえば、今日一日居ませんでしたね、ワルキュラ様。
どこに旅行してたのですか?」

そう問いかけると、ワルキュラは真上を見ながら――

「ちょっと……宇宙文明と交流してきた。
言葉は分からなかったが……きっと良い奴らだったのだろう。うむ。
タコみたいな形をしていて愛らしい宇宙人だった。
この星も、宇宙の荒波に乗り出す日も遠くないな……」

「もっふぅ……」

もう、駄目だ。この骸骨。
長生きしすぎて、認知症のお爺さんになったんだなと、キーニャンは思った。

「宇宙は凄かったぞ。
俺が住む星はやはり――青色だった。
また、宇宙に行きたいな」




ワルキュラは人知れず、世界を救ったのだ。

ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝

1 件のコメント :

  1. (´・ω・`)ゆっくり修正完了


    (´・ω・`)宇宙平和ENDでござる

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。