Lv19「不死王の世界征服②~人間王国~」 【この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~

3 件のコメント :

公開日: 2016年8月21日日曜日 この中に一人っ!ラスボスがいる! 自作小説





ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝





人間王国は、長い歴史がある古い国だ。
国王を頂点とする絶対王政という制度を敷いており、長く続きすぎたが故に――国としての平均寿命を当に通り越し、国を運営するシステムは老人のように老いている。
800年の時は、人間には長すぎた。
そう、頭が光っている、コルベール宰相は考える。
今回の大飢饉に対応しようにも、捻出できる予算は何処にもない。
むしろ、今まで借金しすぎて金が足りず、毎年、新しい借金をしないと国を運営できない。
飢饉になる前の時点で、農民は経費と税金で収入の9割が奪われて、まともに生活できない状態だ。これ以上の重税は反乱を呼び込む。
貴族に課税しようとすれば、歴代の宰相のように、己の首が物理的に空を飛んで旅行するだろう。
ワルキュラ帝国とかいう、不死者だらけの民主主義国家(?)から、定期的に食料が送られてくるが、貴族達が横領して、王都まで届くのは極わずか。
どう見ても、この国は詰んでいる。
特に、化物どもと国境を接しているのがやばい。
弱った国は、自力で立ち直らない限り、他者に飲み込まれるのだ。

(わ、私はどうすればっ……良い?)

コルベールは通路で苦悩する。
改革は、貴族や僧侶の利権に潰される。
財政は借金漬け。
農民は、今回の事で飢えて死ぬだろうから、激減して納税者が増える。
街中は、飢えた人間だらけで、死体が生ゴミのように転がっていて、殺人事件が幾つも発生していた。
もう、どうしようもない。
軍事クーデターでも起こして、貴族達を粛清する以外に生き残る道はないが、そんな事をすれば帝国の魔の手が押し寄せてくるだろう。

「宰相閣下ー!」

悩んでいると、若い騎士が大声を上げてやってきた。
きっと、飢饉関連の騒動なのだろうなぁと判断したコルベールは、すぐに問いただす。

「どうした、市民がまた暴動でも起こしたのか?
それとも平民の軍人が、クーデターでも起こ――」

「アンデットの大軍がっ!王都に攻め込んできましたぁー!」

「な、なんだってー!?」

悪い時には、悪い事が重なる。
国が傾いている最中に戦争になれば、例え勝利できても滅びの道を辿るしかない。
しかし、アンデットどもは何処からやってきたのだろうか?
王都は水運の要に位置しているとはいえ、大海からは遠い。
普通、港を攻略して、拠点を得てから王都を攻略するのが常識というものだ。
それに、王都の周りには要塞が幾つもある。
それらを全て無視して、やってくるのはありえない。
飲み食いしなくても戦える種族とはいえ、こんなに迅速に王都を突くのは不可能だ。

「ア、アンデットどもは……何処からやってきた?」

「空からですー!
化物どもはっー!空からやってきましたー!
こちらに来てくださいー!」

王宮の通路を、騎士が案内する。
その先にあるのは、閲覧式の際に使われる広いテラスだ。
大きな広場と、街を見下ろす事ができる絶景スポット。
この国の王妃が、敵国出身だから、人民が罵声を浴びせまくったのは記憶に新しい。
テラスに到達したコルベールの目には――数百のヘリコプターが空を飛び交い、次々と物資を落としていく光景が見えた。
まるで空飛ぶカラス、いや、空中要塞だ。

「ば、馬鹿なっ……!
ヘリの航続距離はもっと短いはずだっ……!
ここに来れるはずがないっ……!
化物どもめっ!公表するデータに虚偽を混ぜたな!」

ヘリという乗り物は、同じ場所で滞空する時間が長い代わりに、エネルギーを大量に浪費するはずだ。
そのせいでヘリの航続距離は恐ろしく短い、帝国からの説明では、そうなっていたはずだ。

「いや、嘘はついてないですぜ。
航続距離ってのは、エネルギーを途中で供給すれば、幾らでも伸ばせるから誤魔化しが効くって事を知らないのかね?
あの中の一機が、発電所をそのまんま搭載しているんでさぁ」

その無礼な発言をしたのは、先ほどの騎士だった。若造の分際で、大国の宰相にタメ口をしている。
さすがに温厚なコルベールといえど許せない。

「なんだ!貴様はっ!知識自慢でもしたいのか!?
騎士の分際で、宰相とタメ口とは恥を知れ!」

「いやいや、俺は騎士じゃないぜ。
ほぉら、よく見るんだ。
俺の目を見るんだぁ」

すぐに、騎士の姿が銀色のスライムへと移り変わった。そして、つい先ほどまでは若い青年だったのに――今は、コルベールそっくりのハゲ頭の男になっている。
服装も、顔も、全てが全く同じ。まるで鏡のようだ。
このような事ができる化物に、心当たりがある。
変身魔法を効率よく行うために特化したアンデットにして、帝国最悪のものまね士と言われる――

「ド、ドッペルゲンガー!?」

「そうだ。
俺はドッペルゲンガーだ。
しかし、アンタの身体は、ストレスで結構ボロボロだな?
無能な王様に仕える苦しさって奴かねぇ?」

そう言って、ドッペルゲンガーはくくくくくっと、忍び笑いをして言葉を続けた。

「そうだ、こんな雑談に費やす時間はなかった。
首相閣下から、アンタ達に最後の通告だ。
すぐに降伏せよ、さもなければ――どうなるかは、想像にお任せします、だってさ。
碌でもない最後になるって事だけは、責任を持って言えるぜ」

「ん?首相閣下?
こ、今回の事は、ワ、ワルキュラ殿は無関係なのか?
だとしたら抗議するぞ!ワルキュラ殿に!」

「いやいや、ワルキュラ様も認めてますぜぇ。
俺たちがこっそりと、侵略の準備をしていた事すら、見破っていたみたいでね。
さすがは偉大なる死の支配者。
あと、ワルキュラ殿じゃなくて、ワルキュラ『さま』な。
これからアンタらの飼い主になるんだ。言葉遣いには注意する事だな」

「くっ……!」

「さぁ?
どうするんだ?
降伏しないなら、アンタを殺して、俺が成り代わって降伏するだけだぜ?
さっき、俺が化けていた騎士みたいになぁ。
俺は政治家やった事がないから、きっと碌でもない圧政になる自信があるぜぇ。
例えば、そうだな――アンタが憎む馬鹿貴族みたいな政治をやるだろうなぁ」

「ま、まさかっ!?」

コルベールの脳裏に、恐ろしい想像が迸った。
この国が腐ったのは、貴族達が腐敗したのが原因じゃなくて――目の前のドッペルゲンガーが殺して成り代わって、わざと悪政をした。そう考えれば、全ての矛盾が解決する。
そう思い込みたかった。

「おや?お前らの腐敗を、俺らのせいにするのか?
そりゃないぜ?責任逃れはよくないって、ワルキュラ様も言ってるぜ?
この国が傾く原因を作ったのは、2代前の戦争王が、戦争しすぎたせいだろう?
まぁ、俺たちは長生きだから、その頃から暗躍する事は可能といえば可能なんだがな」

「くっ……!こ、降伏の条件は!?」

「帝国の衛星国になる、ただそれだけだ。
もちろん、オタクらの王様の地位は弱体化させるが、国の象徴として残しておいてやるよ。
長く続いた王朝ってのは良いねぇ。
頂点を抑えれば、人民は家畜みたいに支配しやすい。
国がこれだけ腐敗しても、潰れないのは伝統のおかげだったりするのかねぇ?」

人間王国の歴史を終わらせる訳には行かなかった。
王朝が存続するなら、まだチャンスはある。
それに、帝国に従属するメリットがあった。
既得権益の解体。そして、借金を全て帳消しにできる。
一時的に、国の信用は皆無になってしまうが、この末期的な状態が続くよりは遥かにマシだ。
問題点があるとすれば――ワルキュラが何を考えているのか?その一点だけがコルベールには恐ろしい。
国は損得で動く。あの化物もきっと、この国を通じて利益を出そうと企んでいるに違いなかった。
それに選択肢は残されていない。全ての可能性を削り取られて、一本の道しか見えない。

「わかった、遺憾ながら降伏しよう……。
名誉ある扱いを頼む」

「良い判断だ。
きっと首相閣下は、良い地位を約束してくださるぜ。
国を売り渡した売国宰相ほど、価値がある駒はないからな。
アンタは国民を守るために、国民に恨まれるんだ。
成功しても、失敗しても、民衆の怨嗟はアンタに向かう事になる」

その言葉に、コルベールは歯を強く噛み締めて耐えた。
今までは、国民が支持してくれたから、辛い宰相生活を乗り切れた。
だが、肝心の国民を敵に回して、政治家をやるのは――とんでもない地獄だ。
今までの真っ当な人生を全て否定するような、そんなイバラの道が待ち受けているに違いない。

「激怒した人民とかに暗殺されたら、陛下の力でアンデットにしてやるから安心しろよ?
お互いに末永く、幸せにやろうじゃないか。
アッハハハハハハハハハハ!」

この日、長い時を刻んだ大国は、歴史の裏舞台へと消えた。





ワルキュラ(人道支援の準備を事前にやるなんて、首相は良い奴だなぁ)

首相官邸(征服の準備をしていた事がばれた、さすがは陛下……。
部下の行動すら、全て把握しておられるっ……。)

ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝


3 件のコメント :

  1. (´・ω・`)ゆっくり修正完了


    ワルキュラ(´・ω・`)助けて!国が勝手に世界征服をやろうとしているの!

    返信削除
  2. 世界征服ってさデメリットもでかいんだ
    巨大になり過ぎれば末端は腐るし
    経済成長には国家間の摩擦だって必要なんだ

    そもそも部下が勝手に事を起こすってことが
    末端が腐ってる証拠だからな

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。