Lv14「不死王と発明エルフ③~お野菜さん帝国~」 【この中に一人っ!ラスボスがいる!

5 件のコメント :

公開日: 2016年8月11日木曜日 この中に一人っ!ラスボスがいる! 自作小説





ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝


危険なキャベツを駆除する大騒動で、精神的に疲れたワルキュラは皇后とイチャイチャして癒された。
しかし、皇后が寝静まると――元凶であるアトリが寝室へと入ってくる。
とっても、素敵な笑顔だ。周りに迷惑かけても全く気にしていない。

「農業省と一緒に、今度は野菜工場を作ったのですよ~」

「たった……一日で作ったのか?」

「一日じゃないのですよ?
こっちに来て欲しいのですよ~」

不思議と違和感を感じた。
なぜか、目の前にいるアトリが可笑しい。ワルキュラはそんな気持ちにさせられる。
宮殿の中の通路――全く見覚えがない怪しげな道を通る。
周りに変な模様がたくさんあって、空間がグニャグニャと曲がっている。

(新しく発明した魔法なのだろうか……?
宮殿にこんな通路があったら……地震で崩れるような……?)

耐震性が気になる、そんな通路だなぁと、ワルキュラは思った。
アトリの背中をホイホイと追いかけて、通路を突き進む。

「こっちなのです~」

気づけば、目的地へと着いていた。
宮殿の敷地内に、なぜか巨大な工場地帯がある。
明らかに宮殿よりサイズが大きくて可笑しかったが……アトリが新しい魔法を開発したのだろうと、納得する事にした。
一番納得できないのは――工場の入口にいる守衛が、手足がついた真っ赤なニンジンさん。宮殿の警備兵は、動く骸骨を占めているはずなのに、これは可笑しかった。

「むぅ……?」

ニンジンには、デフォルメされたイラストみたいな目玉がついている。
それが余計に不気味さを感じさせた。まるでこの世の者とは思えない。
二次元のキャラクターが、三次元に迷い込んだような怖さがある。

「ニンジン嫌いな娘はいねぇーかぁー。
ニンジンは栄養がたっぷりなんだぞー」

しかも、ニンジンが喋った。渋い声だ。
アトリは嬉しそうに、この喋るニンジンを指し示して――

「なんとっ!今回作った野菜工場はっ!
食材が働いて、食材を調理する完全無人工場なのです!」

失業者が増える発明すぎて、ワルキュラは驚愕した。
食品業界は人件費がたっぷりかかる傾向にあるから、機械を導入して効率化しないと駄目だが――さすがに完全無人化は、雇用そのものを奪って、無職を量産するから駄目すぎる。
雇用が喪失すれば、消費者も自動的に減って、市場が小さくなってしまうから、こんなものを正式採用する訳には行かなかった。
こんな事を考えて、ワルキュラが現実逃避している間にも、アトリは工場の奥へと入っていく。
「ワルキュラ~。
こっち、こっち、なのですよ~」

ワルキュラはその後を追う。
その途中で、とんでもないものを見た。
ジャガイモが、ミキサーで粉々にされている光景を見てしまった。
動いて喋るジャガイモだ。やっぱり手足が生えていて、大きな目玉がついている。

「人間様のためにっー!栄光あれー!パピプペポッ!?」

大量の刃が高速回転する音とともに、ジャガイモは死んだ。どう見ても自殺にしか見えない。

「ワルキュラ様のためにっ!ポテトに生まれ変わるのだぁー!」
「美味しくなぁーれ!美味しくなぁーれ!ヒデブッ!」

数百、数千……大量のジャガイモが仲良く行列を組み、死ぬために、次々とミキサーや粉砕機に突撃している。
その光景を見て、軽い目眩を覚えた。
ワルキュラは、不死者だから、こういう生理的な現象とは無縁なはずなのに、なぜか、目眩がする。

「こ、これはこの世の地獄かっ……!?
アトリ師匠は……!なんて物を作ってしまったんだっ……!」

「単純に、食べてもらいたがっているのですよ」

いつの間にか、隣にアトリがいた。エルフ耳をピョコピョコさせて嬉しそうだ。
この地獄みたいな風景を作り出した張本人には見えない。

「た、確かに、喜びながらミキサーとかに突撃しているな……。
これが野菜の意思なのだろうか……?
そう考えたら献身的で、良い奴らだな……」

「最初は、ジャガイモさん達は泣いてたのですけど、洗脳魔法で頑張ったのです」

「!?」

「ワルキュラや人間のために働けば、ジャガイモ族は永久に不滅だと洗脳したら、積極的に調理を手伝ってくれるのですよー。
おかげで、人件費を完全削除できて、超安いポテト料理の出来上がりなのです~」

国際問題。ワルキュラの脳裏に、それが思い浮かんだ。
この工場の存在がばれたら、確実にマスコミに叩かれて大問題になる。
お野菜さんに人権なんてものは存在しないが……喋れる知的生命体を洗脳して残虐な方法で殺し、美味しく加工している事がばれるのは不味い。
ジャガイモ達は、幸福そうな顔で、次々とミキサーに突撃して死んでいるところが狂気たっぷりでホラーだ。
とってもテレビ映えしそうな感じに、酷すぎる光景でやばい。

「僕は美味しいふかし芋になるんだ!」
「へへん!僕なんて卵不使用のクッキーになるんだよ!」
「俺は薄切りポテトになるんだ!」

ワルキュラが考えている間も、数百、数千のジャガイモがバラバラに切り裂かれる。
そんな自殺の列の中に、1匹の小振りのジャガイモがいて、猛烈な殺意をワルキュラに向けていた。
人類に虐げられた、お野菜さんを代表するかのような強い意志がそこにありそうだ。
食用ジャガイモとして、人生を終える気は全くないようだ。

「皆ぁー!絶対!こんなの可笑しいよ!
僕たちは食べられるために生まれてきたんじゃないよ!
皆っ!僕の言うことを聞いてね!」

列の横に飛び出て、覚悟を決めたジャガイモ(反乱)は、他のジャガイモ達に必死に語りかける。

「皆っ!正気になろうよ!
ここで調理されたらっ!そこで野菜人生終了なんだよ!?皆の命は尊いんだ!?
人間のいう事を聞く必要ないよ!」

「「僕たちは食べられるために産まれてきたんだよ!」」

「皆、死ぬのが怖くないの!?」

「「僕たちの死は無意味じゃないよ!
種族全体の利益になっているよ!だから、君も一緒に美味しいジャガイモになろうよ!」」

「嫌だよ!?
僕は死にたくない!
ここから逃げようよ!あの悪魔(ワルキュラ)が作った地獄から逃げよう!」

ジャガイモ(反乱)の真摯な言葉への返答は――ジャガイモ達の圧倒的な怒りだった。

「「こいつ不良品だっ!
ワルキュラ様に逆らうっ!とんでもない不良品がいるぞ!」」

「え?」

「「人間様に食べてもらえない不良品はゴミ箱に行かなきゃ!」」

ジャガイモ(反乱)は、他のジャガイモ達に取り囲まれた。
包囲網の中から、鈍い撲殺音が何度も響き、1分後にはバラバラなお野菜さんになっている。
10分後には、列に並んでいたジャガイモ全てがミキサーに突撃して、様々な料理に加工され、この世を去った。
ワルキュラは悲しい気持ちに浸る。人を幸せにするはずの魔法が……現世に地獄を作り出してしまった事を。

「……アトリ」

「どうです?
私に、惚れ直したのですか?」

「この工場、封印指定な」

「そんなー!?
衛生上、何の問題もないのですよ!?」

「倫理観が駄目すぎて、この発明で人類が滅びる気がする……
人類のマイナス面を見て欝になりそうだ……」

「で、でも、家畜より幸福ですよ?
自ら積極的に自殺しているのです」

そう言ってアトリは、言葉をゆっくり続けた。

「それに考えて欲しいのです。
……魔法をかけてない野菜も、きっと自分の意思を持っているはずなのですよ?
人間とコミュニケーションを取る手段がないから、一方的に殺されて、食われてしまう被害者なのです。
なら、この方がお互いのためになると思うのです~」

違和感を感じた。このアトリは異常すぎる。
宮殿にある謎の通路と言い、今回の事は悪夢としか思えない。
野菜に人間並の知能を持たせて、不幸を量産するなんて……正気の沙汰ではない。
野良のアンデットが大量発生したら、どうするつもりなのだろうか?

「アトリ……いや、お前は誰だ?
今日のアトリは可笑しい」

ワルキュラは思わず、呟いた。
大切な師であり、お嫁さんの一人であり、家臣でもあるエルフ娘に問いかけた。
気づけば、アトリの顔が、ジャガイモになっていた。

「これからミキサーに突撃なのですよ~。
美味しく食べて欲しいのです~。
好きな人に食われて人生を終えたいのですよ~」






~~~~~~~~~
「はっ!?」

ワルキュラは、巨大なベットの上で、目を覚ました。
隣には、皇后のルビーが安らかに眠っている。
……これで、全ての疑問が解けた。
宮殿内の謎の通路、超怖い野菜工場。
あれらは全て夢だったのだと、ワルキュラは思い込んだ。

「……俺は精神的に疲れているのだろうか?
アトリがあんなに酷い娘な訳がないよな……?うむ」

金髪で、オッパイも豊かで、天然で、お姉さん属性のエルフ娘があんな酷い工場を作るはずがない。
農業省も、幾らなんでも――おぞましいシステムを採用するはずもない。
あれらは全て、ワルキュラの妄想だったのだ。

(あんな夢を見る時点で……疲れているな、俺)

悪夢を見た原因は簡単に理解できる。
キャベツさんを大量処分したからだ。
恐らくはその罪悪感を処理するために、悪夢という形で、こんな酷い夢を見てしまったのだろう。
なぜか、キャベツが全く出ずに、ジャガイモばっかり登場している所は謎だったが。

「もう一眠りするか――」

「ワルキュラ~」

ビクンッ! ワルキュラの体が心臓もないのに恐怖で震えた。
笑顔のアトリが寝室へと、容赦なく入ってくる。

「新しい発明を見て欲しいのです~
農業省と一緒に、今度は野菜工場を作ったのですよ~」



 お        し        ま     い   

ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝

5 件のコメント :

  1. (´・ω・`)眠たいから、細かい修正は明日ゆっくりやる

    返信削除
  2. 手塚おさむの火の鳥やね
    あれは人間と同じ種?が解体されて活け作りにされてたけど

    なろうだと無限の先?とか言うので
    牛が人に美味しく食われる為の談義してるのあったわ

    シュールすぎる物ってリアルに組み込むとホラーよね

    返信削除
    返信
    1. お野菜さん(´・ω・`)パルメは読んだ事がない作品を、パクル天才だった。

      削除
    2. それほど神経質にパクリとか考えなくて良いんじゃないですか?
      まあ個人的意見にすぎませんけどw

      実際火の鳥をオマージュしてる作品色々ありそうだし
      創作物についてパクリなどと言われたら
      その時点で相手も火の鳥のパクってるのばれるしw
      まあパクリとは一線を画す為にオマージュ、パロディ、インスパイア、トリビュート、アレンジ、焼き直し、カバー、リメイク、etc
      色々言い方出来てるんですしねw

      削除
    3. (´・ω・`)パルメは読んだ事がない作品をリメイクし、焼き直し、オマージュする達人しゃん(´・ω・`)

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。