Lv17「不死王とシャセイ大会」   【この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~

4 件のコメント :

公開日: 2016年8月18日木曜日 この中に一人っ!ラスボスがいる! 自作小説





ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝


とうとう、安息の日がやってきた。
その名を休日。仕事を休んで、日々のストレスを発散してゆっくりできる日。
学生寮を出たキーニャンは、満面の笑みとともに、軽く背伸びする。
そして、頭上で輝く太陽さんに――

「もっふふー!」

ワルキュラと会わない今日という一日を祝福した。
だが、家でダラダラ過ごすのも退屈だ。
アルバイトついでに、社会経験ができる仕事をやるべきだ。
そう、写生大会のモデルとか、可憐な狐娘にはピッタリだろう。芸術の勉強にもなるし。

「もっふふ、写生大会のモデルは美味しい仕事。
お金も貰えて、新鮮なミルク一年分を飲み放題とか……なんて幸せなんだろう。
地道に、モデルのアルバイトもやっていて良かった……」

「しゃ、射精大会だと……?
一体、それはどんな白濁な大会なのだ……!?」

後ろから、邪悪な声が聞こえた。そんな気がした。
恐る恐る、キーニャンは背後の空間を振り返る。すると、そこには――

「も、もっふぅっ……!?
ワ、ワルキュラ様……?
あれ……?今日は休日じゃっ……!?」

世界を恐怖させる、悪の帝王がいた。
巨人と言っても良いくらいに、大きくて動く骸骨だ。
全く容赦しないワルキュラが、動揺して黄金色の尻尾を超高速フリフリしているキーニャンに詰め寄って、話しかけてくる。

「おいっ!キーニャンっ!
射精大会とは……どういう事だ?
説明しろ!」

逆らったら、殺されると思ったキーニャンは、口からペラペラと情報を漏らした。

「え、えと、そのですね。
しゃ、写生大会の絵のモデルになると――し、新鮮なミルクが、たくさん飲み放題なんです」

「射精大会のエロのモデルだと!?」

「は、はい、そうです」

「ふ、服を脱いだりするのか!?」

「テ、テーマが、は、裸の場合は、は、はい、そうです」

「ま、まさか、マフィアから借金でもしているのか!?
キーニャンは射精大会で、新鮮なミルク?を浴びるほど飲んだ事があるのか!?」

「いえ、その、写生大会のモデルになると、ア、アルバイト料を貰えて、ミルクも飲めて、モッフフーなんです」

「そこまでして、濃厚な新鮮ミルクとやらが飲みたいのか!?キーニャン!」

「も、もっふぅ……!?」

キーニャンは、ワルキュラに説教されている理由が分からなかった。
牧場の乳牛から取れたミルクは美味しい。だから、たくさんミルクをゴクンッゴクンッするのは当たり前なのに、何故か自分が非難されている。
ひょっとしたら、目の前の骸骨は牛乳が大嫌いなのかもしれない。カルシウムたっぷりの骨なのに――

「黙るなっ!キーニャン!
白濁なっ!新鮮なミルクがっ!そんなに好きなのかとっ!聞いているのだ!」

「は、はい、大好きです……。
毎日、飲みたいくらい……ミルクが好きです……もっふぅ……」

「俺は見損なったぞ!キーニャン!
まさかっ!そんな下品な大会に出て、ミルクを飲むのが好きとはなっ!
今まで、何回くらい飲んだのだ!?」

「か、数え切れないくらい……ミルクを飲みました、すいません……」

「そ、そんなにミルクをゴックンしたのか!?」

「も、もっふぅ……はい、申し訳ありませぇん……」

「射精大会に出る事を禁ずる!
友として、上司として、そんな下品な大会にっ!二度と出る事は許さない!
わかったな!キーニャン!
大会に出たら解雇するぞ!」

「は、はい……?
わかりました……?」

ワルキュラの電光石火のような怒りに、キーニャンの体が恐怖で震えて寒くなった。
きつね耳が下に垂れて、元気を失う。
なぜ、怒られているのか、さっぱり理解できなかった。
やはり死者と生者の間には、埋められない溝がありそうだ。ミルク一つで、こんな大問題になるなんて信じられない。

「もっふぅ……もっ……ふぅ……」

落ち込む狐娘の両肩に、ワルキュラの骨の両手が触れた。
先ほどの態度とは違って、とっても優しい触り方だ。
だが、キーニャンの体は反射的に恐怖でビクンッ!と動き、尻尾が逆立って、今までにない命の危機を感じる。

「こ、殺されないでっ……!
ミルクを飲んですいません……!」

「何を言っているのだ、キーニャン。
この程度の事で、俺が殺す訳ないだろう」

「も、もっふぅ……?」

「いいか、キーニャンはまだ若いのだ。
その若さと身体を金銭で売る必要はない。
どれだけ貧しくても、教養があれば良い職につけるはずだ。
もっと自分を信じろ……キーニャン。
二度と新鮮なミルクを飲むな。
ミルクを飲んでも良いのは、相思相愛のカップルだけだ」

相思相愛のカップルだけが、ミルクを飲んでも良い?
つまり、これは――上司によるセクシャル・ハラスメントを意味する。
ワルキュラとエッチィ夜を過ごさないと、新鮮な牧場ミルクを飲む事が許されない。
相手は超大国の独裁者だ。キーニャンには絶対、逆らう事ができない悪の帝王なのだ。

(もっふぅ……!?
ミルクを飲むことすら禁ずるなんて……!?
やっぱり、悪の帝王だった……!?)


キーニャンは、生者を代表する一人として覚悟を決めた。
殺されたくない。
だが、一方的に体と意思を踏みにじられるのは嫌だ。
だから――狐娘は――

「ミルクはもう……二度と飲み……ません……」

永遠の、美味しいミルクとの決別を選択した。
そんな残酷すぎる選択を強要したワルキュラは、とってもご機嫌だ。

「そうか、分かってくれたか、キーニャン。
今日から正々堂々と、胸を張って生きると良い。
ミルクを飲むような家畜人生からは、サヨナラするのだ」

明日からは、美味しいコーヒーミルクを飲もう。
そう、キーニャンは心の中で代用品の名前を、そっと、呟いた。

ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝

4 件のコメント :

  1. (´・ω・`)眠いから、修正はゆっくり明日

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)ゆっくり修正完了

      ミルク(´・ω・`)

      白濁なミルク(´・ω・`)

      濃厚なミルク(´・ω・`)

      乳牛からドビュッドビュでるミルク(´・ω・`)

      削除
  2. 安定のスレタイであり下ネタw

    まず間違いなく下が来ると思ったよw

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)読者の期待を裏切れなかったパルメ

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。