Lv13「不死王と発明エルフ②~え?キャベツ?~」 【この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~

5 件のコメント :

公開日: 2016年8月9日火曜日 この中に一人っ!ラスボスがいる! 自作小説





ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝






キャベツを土に返す命令を下した後、ワルキュラは皇后のルビーとイチャイチャして英気を養った。
愛があれば、骸骨は生きていける。
おかげで、罪のないキャベツを、問答無用で処分した罪悪感を忘れられそう――

「報告するのを忘れていた発明があるのです~」

英気を養って宮殿に戻った途端、エルフ娘がやってきた。
魔法開発を担当するアトリだ。緑色の妖精みたいなドレスを着ている。
ワルキュラは、内心、戦慄しながら問い返す。

「ア、アトリ師匠……な、何の発明を忘れていたんだ……?」

「説明するより、宮殿の裏庭に行って見た方が、分かりやすい発明なのです。
こっちに来て欲しいのですよ~」

そう言って、アトリは通路を歩く。ワルキュラもその後を追い、宮殿の裏側へと向かった。
裏玄関を出ると――その先には広大な庭があり、その一角に小さなキャベツ畑がある。
緑色の葉っぱが美しい。帝国中に流通しているキャベツとよく似ていた。

「ふむ……キャベツを発明したというオチか?」

「よく分かったのです~。
私が魔法を使って、いっぱいいっぱい改良した超特製キャベツなのですよ~。
とっても美味しくてデリシャスなのです~」

ワルキュラ「なるほど、魔法で味を改良して商品価値を高めたのか。
さすがは、アトリ師匠だな……」

「いえいえ、それだけじゃないのです。
あのキャベツを、よぉーく見て欲しいのです~」

アトリの美しい手が、キャベツを指し示す。
この時――ようやく違和感に気づいた。
裏庭は狭いとはいえ、大量の草木が植えてある。
なのに、虫の存在感がほとんどない。
辛うじて、蟻の行列が存在感を放っているだけだ。
蟻の行き先は勿論――生命力に満ち溢れたキャベツさん。甘い匂いをばら撒いて、虫を誘導している。

「グルドウガァァァァ!!」
「ホンギャァァァァァァ!ホンギャァァァァ!!」

キャベツから、無数の触手が生えて、蟻をバリッ!ボリッ!と食べていた。
ワルキュラは口を半開きにして、ポカーンと呆然する。
なにあれ、キャベツ?
いや、キャベツの姿をしたモンスターだと、理解せざる負えなかった。
こんなクリーチャーを作り出した張本人なエルフ娘は、自身の発明を見て誇らしげに、豊かな胸を反らして――

「私の作ったキャベツにはっ!
なんとっ!害虫を自分で食べて栄養にする機能があるのです!
水が足りない時は、自力で歩いて川まで行ってくれるから、低コストで量産できて最強なのです~!」

「……が、害虫の定義は?」

「近づいてくる小さな生き物なら、何でも食べるのですよ?」

「こんなものを流通させる気だったのか!?」

「しかもっ!なぜかっ!あのキャベツは野生動物に荒らされないのですよ!
だから、どんな状況でも安定した量を収穫できてお得なのです!」

「誰が食べるんだ!こんなクリーチャー!?」

ワルキュラがツッコミをいれると、アトリは不思議そうな天然顔で――

「え、でも……人間たちは美味しい美味しいって食べてますよ?
一年前くらいから量産して、今年は大豊作だったのです」

「す、既に流通しているだとっ……!?
な、何か副作用があったりするんじゃ……?」

「あんまり人体実験してないから、分からないのですよー。
どんな食べ物にも毒はあるのです~。
薬にも毒にもならない食べ物なんて、存在する価値がないのですよ~」

「とりあえず、封印指定」

「そんなー!?
農業省も認めた野菜なんですよ!?
『魔法の事はよく分からないが、天才だ!アトリ様!』って言ってくれたのです!」

「もしも、突然変異して、キャベツが巨大化してみろ?
どうなると思う?」

「はぅ?
……確かに少し危険なような……?
でも、そういう苦難を乗り越えてこそ、発明のやり甲斐があるのですよ~」

そう言って、アトリはニパァー、と朗らかな笑みを見せた。
とっても愛らしい反応だったが、ワルキュラは即座に、現在のキャベツ問題の元凶はこれだと気づき、異空間から衛星電話を取り出して、番号を打ち込み、通話ボタンをポチッとな。

「俺だ!ワルキュラだ!
今すぐ、国軍をだせ!
アトリが配布したキャベツは、根こそぎ燃やせ!
理由だと?
そんなもんは、現物を見れば分かる!」

必死に命令を、国全体に下すワルキュラを他所に、アトリが――

「次の発明を思いついたのです!
野菜の加工場で労働する野菜さんとか、愛らしくて素敵だなぁと思うのですよ!
ミキサーに、自分から突入するジャガイモとか、シュールで良いと思うのです!」



~~~~~~~

ボツネタなオチ




ワルキュラ「犠牲者が出てないといいのだが……こういう時は狐娘を見て、癒されよう……」

キーニャン「もっふふ、今年のキャベツは中々に良い味です。もっふふ」

ワルキュラ「」

キーニャン「もっふぅ?」

ワルキュラ「それを食べる事を禁ずる!
今すぐ捨てろ!」

キーニャン(きゃ、キャベツを畑で潰したり、食べるのを禁止にしたり、どれだけキャベツが嫌いな大魔王なんですか!?
ま、まさかっ……!
キャベツには不思議なパワーがあって、それを独占するためにワルキュラ様は工作しているんじゃっ……?)

ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝


【小説家になろう】 「特許制度があれば発明チートしても大丈夫!」テンプレ
http://suliruku.blogspot.jp/2016/05/blog-post_30.html
【内政チート】「重騎兵は暑さに弱い!」 寒い地域向き 

5 件のコメント :

  1. (´・ω・`)ゆっくり修正完了して、おやすみ

    お野菜さん(´・ω・`)地面から勝手に生えてくる

    返信削除
  2. 大魔法峠のジャガイモ殿は立派な最後でござったよ・・・

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)視聴した事あるのに、全く、そのキャラを思い出せないぱるめ

      削除
  3. 動物が近寄らない?何かがあるのなら
    人間が近寄れない理由もあるかもしれないのに
    よく農家は収穫できたよなw
    実は野生動物より強い農民の方がスタンダードとかw

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)ラ、ラスボスが住む国の農村だから、農民も当然レベルが高い(ドラクエ理論

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。