Lv11「不死王、真昼間の夜の墓地を彷徨う」【この中に一人っ!ラスボスがいる!】

1 件のコメント :

公開日: 2016年8月3日水曜日 この中に一人っ!ラスボスがいる! 自作小説





ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝

´・ω・`)今回の話は、夏のホラー2016に投稿するために、作ったストーリー。
だから、キャラ崩壊しておるんじゃよ。


´・ω・`)事前に、参加表明してないと、参加できない仕様だから、参加できんかった。
小説家になろうで、お知らせが表示される頃には、参加資格を失うって時点で、酷いよう。





あらすじ

真昼間の夜の洋館、喫茶店の常連客が賑わってゾンビ犬が追いかけてくる中――悲劇が起きた。
(※この あらすじ は全く矛盾していません)


  

それは突然のことだった。
雇用主であり、恐怖の帝王であり、巨大な骸骨(アンデット)であるワルキュラが、狐娘のキーニャンに無茶な注文をしてきた。

「唐突だがっ!ホラー映画を撮影したくなった!
協力してくれ!キーニャン!」

ワルキュラの右手には、小型のビデオカメラが握られている。
狐娘は首を傾げて、不安そうな声を上げる。

「もっふぅ?」

「映画家になろうで開催されている『夏のホラー2016』を見て、唐突に参加したくなったのだ!」

「えと、ワルキュラ様?
どうやって手伝えば良いのでしょうか……?
私、ホラー映画とか全く見たことがないんですけど……?」

「ホラー映画は、肉体的恐怖・精神的恐怖・未知への恐怖で成り立っているそうだ。
つまり、コート一枚着たフルチンのオッサンが、夜の公園を走っていたらホラー映画扱いになる」

「確かにそれはそれで怖くてホラーですよね……。
エロい事されそうな肉体的恐怖。
存在そのものが未知すぎて怖い未知への恐怖。
そんな格好で外を歩ける精神への恐怖で、三つの怖い要素を見事に満たしていますよ……もっふぅ……」

「うむ、ホラーだろう?
俺はまず、精神的な恐怖を最初に演出しようと思っている。
なにせ、ホラー映画は、恐怖に至る過程が一番大事だからな。安直にバトルやるホラー映画はB級映画に過ぎないのだ。
とりあえず、キーニャン
真っ暗な墓地に迷い込んだと思って演技してくれ!」

「あ、あの、現在の時間は昼なんですけど……?
太陽さんが凄く輝いて眩しいです……夏って暑いですよね……」

「精神の力で、今は夜だと思い込むのだ!
月すらない真っ暗闇!何かがいるかもしれないという恐怖!どうだ!素晴らしいだろう?」

「なんで、そんなに暗い夜に、わざわざ外出しないといけないんですか!?
道が分からずに遭難しちゃいますよ!?」

「大丈夫だ。今は昼間だから遭難する事もない」

「色々と台無しだぁー!?」

「今日の俺は、映画監督としてビシッ!バシッ!とキャラ崩壊するぞ!」

「キャ、キャラ崩壊……?
は、はい、分かりました。
たくさん人が居る大通りだけど、ここを夜の墓地だと思えば良いんですね……。
もうやだ……お家帰りたい……もっふぅ……。
でも、真っ暗闇で何も見えないよぉ……。なんで、こんなに暗い日に外出したんだろう……
それ以前に、道どころか、人生に迷って苦しいよ……。
どうして独裁者の秘書になったんだろう……わたし……」

真っ暗闇な昼の大通りで彷徨う狐娘。(誤字にあらず)
太陽が輝いているが。真っ暗闇で何も見えない空間の中で、彼女は一人孤独に人生を迷っている。
通りかかった通行人達が、キーニャンを見て同情した。

「あの狐娘、可哀想……きっと暑すぎて気が狂ったんだ……」

「お捻りあげようぜ……家が貧乏なんだよ」

「ちゃんと、前を向いて生きるんだぞ……」

「モッフモッフしたい」

ビデオカメラという道具を知らない連中ばっかりだった。

「もっふぅ……怖いよぉ……恥ずかしいよぉ……。
ワルキュラ様にツッコミ入れている時点で、私もキャラ崩壊しているよぉ……」






精神的恐怖を見事に演出したキーニャン。
彼女は涙目になりながら、ワルキュラと一緒に、次の舞台へと向かった。
ワルキュラは、ビデオカメラを片手に、大変満足している白い骸骨顔だ。

「よろしい!
キーニャンの可愛さのおかげで、俺の創造意欲が掻き立てられた!
次は未知の恐怖を演出するぞ!人は見えない者や、知らないナニカを見て、恐怖を感じる生き物なのだ!
ホラー映画の基礎中の基礎だな!」

「も、もっふぅ……また恥ずかしい目に合いそう……」

「キーニャンっ!
あの謎の廃屋敷の扉を開けるのだ!ゾンビや、ゾンビ犬がウヨウヨしてそうな洋館設定で頼む!
脚本は、複数のゾンビ犬に、キーニャンが追いかけられた末に、ここにたどり着いた感じだ!」

「あのぉ……あそこは、繁盛しているお洒落な喫茶店の扉ですよ?
さすがに、あそこで演技するのは恥ずかしいです……。ひょっとしたら友達がいるかもしれませんし……」

「廃屋敷という設定にしないと、盛り上がらないだろう?
ホラー映画の舞台は、廃屋が多いのだ。
ボロボロの建物の中を探索して、一つ一つのヒントを手がかりに、化物の正体を探し出すという展開も、なかなかに人気だぞ」

「……ホラー映画に詳しいんですね、ワルキュラ様」

「うむ、毎年、嫁と一緒にお化け屋敷に行ってるから、自然と詳しくなるのだ」

「なるほど」

「ホラー映画はいいぞ?
内容は一度覚えたら、二度見ようという気はなくなるが、恐怖で震える嫁に抱きつかれながら、暗い映画館でイチャイチャできて最高なのだ」

「ホラー映画の使い方が間違っているような……?」

「とりあえず、さっさと映画を撮影するぞ。
昼間の内に撮影しないと、夜は公務で忙しいからな」

「なぜ、昼に撮影しているかと思ったら、そういう伏線があったんですか!?」

「さぁ早く、夜だと思い込め、映像が真昼間だが、たまには、こういうホラー映画があっても良いだろう」

「わ、わぁー、怖いな~。
この廃屋敷、もうボロボロで怖いー。
錆びた鉄扉を開けたら、中にゾンビがたくさんいるよぉー」

「駄目だ!
ホラー物は、扉を開けてもっ!その先には何もなかった!突然っ!後ろから奇襲攻撃された!という展開の方が観客に受けるのだ!
何もないからこそ、想像力が刺激されて盛り上がり、突然の奇襲攻撃でドキドキハラハラするのだ!」

「えと、どういう方向からゾンビが来るという設定なんですか……?」

「テレビの中から出てくるのはどうだろうか?」

「色々と駄目ですよ!?
なんか、有名な映画で既にやっている気がします!」

「そうか……なら、背後からゾンビが襲いかかってくる内容はどうだろうか?」

「背後の空間には、私を追いかけてくる設定のゾンビ犬がいる事を忘れてますよ?!ワルキュラ様!」

「なら、ゾンビ犬の設定は無かった事にしよう、そうしよう。
さぁ、頑張れキーニャン。背後から腐ったゾンビさんが襲いかかってくるぞ。
疫病の原因になって、汚くてバッチィ死体が動いているぞ、そう思い込むのだ」

「は、はい、演技やりますね。
わー、扉を開けた先に、ゾンビがいると思ったら、何もいなかった~。怖いな~。
どこにゾンビが隠れているんだろぉ~。
ロッカーかなぁ?トイレかなぁ?怖いよぉ……
もっふぅ……こんな生活もうやだぁ……。
背後から、奇襲攻撃してきたゾンビの皆さんが、笑ってるよぉ……」

ゾンビだらけの廃屋敷設定の、喫茶店の客達が怪訝そうな顔で、キーニャンを見ている。
とっても哀れな狐娘を見て、同情していた。

「なんて、アホっぽくて可哀想な狐娘なんだ」

「きっと、AVの撮影よ……貧乏って不幸だわ……」

「お捻りあげなきゃ……!」

「尻尾をモフモフしたい」







喫茶店を出たワルキュラは、人気のない空き地へと向かった。
最初から、そこで撮影やろうよ!ワルキュラ様!とキーニャンは思ったが、後少しの辛抱だから黙り込む。

「よろしい!怖くはなかったが最高に可愛かったぞ!
次で最後だ!
ホラー物の終盤といえばっ!肉体的恐怖がテンプレ!
さぁ!死ぬのだ!キーニャン!」

「も、もっふぅ!?」

「死んだつもりになって演技をしろ!
何かに追いかけられた末に、追い詰められて死ぬという展開が、ホラー映画では大人気だぞ!
最後の最後まで足掻いて、勝利した瞬間っ!
絶望に突き落とされる登場人物の末路がっ!最高の恐怖を生み出すのだ!
フッハハハハハ!」

「わ、分かりました!頑張って演技します!
き、きゃー!
とんでもない巨大な骸骨が追ってくる~!
殺されちゃう~助けて~!
誰かぁー!助けてぇー!お願いっー!
悪の帝王が追いかけてくるよぉー!」

「おおっ!いいぞ!その調子だ!
もっと走れ!可愛い尻尾をフリフリしろっ!」

「この廃屋敷がある墓地から逃げれないー!いやぁー!
ゾンビがたくさん出てきたぁー!助けてぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

「いいぞ!これでこそホラーだ!
ちなみに、そのゾンビは、俺が召喚魔法で出したエキストラだ!
頑張って逃げろ!
捕まったら、とっても臭いぞ!」

「いやぁー!食われちゃうー!
スケルトンまで居るんですけどっー!?」

「頑張れ!キーニャン!
そいつは俺の部下だ!非番で暇そうにしていたからエキストラとして参加させたぞ!
最後の最後で、壮大に破滅する事でホラー映画は完成するのだ!
ワッハハハハハ!」

「ワルキュラ様のキャラが崩壊しすぎですー!
普段の紳士で、素敵な悪の帝王っぷりは何処に行ったんですか!?
……きゃー!ゾンビに捕まったぁー!
助けてぇー!尻尾をモフモフしちゃらめぇー!
そんなにモフモフされると……はぅっー!」

「よしっ!
昼間なのに夜の墓地という精神的恐怖っ!
未知の場所なのに、舞台は喫茶店という意味不明な恐怖!
追いかけられて殺されるかもしれないという肉体的恐怖!
この三つが揃ったっ!つまりっ!これはっ!
立派なホラー映画だ!」



映画家になろうの『夏のホラー2016』にこの作品を投稿したが、見事に一次選考で落選したそうな。


おしまい





パルメ「これをホラー小説として投稿するお!」


コンテスト「事前に参加表明しないと、投稿できませーん」

パルメ「そんなー!?」

ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!】~LV999の白い骨~
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝


魔法科高校の劣等生の楽しみ方「設定資料集?」
https://suliruku.blogspot.jp/2016/06/blog-post_57.html
内政チートするために必要な資源が、大規模交易網がないと、手に入らない件」
https://suliruku.blogspot.jp/2016/05/blog-post_46.html

1 件のコメント :

  1. (´・ω・`)ゆっくり修正完了

    (´・ω・`)勢いだけで書いた。
    特に後悔していない。

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。