╰( ^o^)╮自作漫画/2コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

028「エルフ娘と、備中鍬」  【ネット通販は異世界最強なんだよ!(勘違い)】 

6 件のコメント :

公開日: 2016年6月15日水曜日 ネット通販は異世界最強なんだよ!(勘違い) 自作小説



ゆっくり次に進むよ!
ネット通販は異世界最強なんだよ!(勘違い)】 ☚まとめたページ
新しく産業を作るより、既存の産業を伸ばした方がてっとり早い。
元高校生で、実業家としての経験が全くないシルバーは、村中を歩き回りながら、エルフィンに質問した。

「なぁ、エルフィン。
この村の産業ってなんだ?」

「の、農業なのです!」 恐怖とともにオッパイが揺れた。

『ジャガイモを植えてチートしよう!これが異世界のテンプレ!』
『コーヒー畑作ろうぜ!コーヒーは中毒性たっぷりだ!』
『砂糖を作ってチートする!』
『いや、ここ異世界じゃなくて未来世界だろ?
なら、ほとんどの作物が世界中に拡散しまくってると思うぞ……。
大交易時代で、大抵の物は安くなったし……』

「農業か……どうすればいいかな?」

シルバーは困った。彼が住んでいた日本国は、農業国ではなく、工業大国。
農業を学んだ経験は、ごく僅かだ。
しかし、そういう知識面の不足は、ネットの皆のアドバイスで補える。

『金属製の鍬でも渡せばいいんじゃね?
ここらへんの農民、木製の安い鍬で耕作してたろ?』
『木製の鍬より遥かに効率よく、畑を耕作できるお!
土が柔らかくなって、栄養豊富になって、作物の生産量がアップだお!』

「なるほど……結構、単純な道具も、文明の利器なんだな……」

「シルバー様……?
な、なにを、す、するつもりなのですかっ……?」

「エルフィン、畑に行くぞ」

「は、畑っ……?」

「金属製の鍬を配りに行くんだ」

「はいっ?」

 エルフィンは呆けた顔をして、首を傾げた。
ネットの皆の声が、雑音混じりに聞こえている彼女には、内容がさっぱり分からない。

(思考が全く読めないのですよっ……!
きっと天才かキチガイのどちらに違いないのですっ……!)

『妖精さんのコミュ力が微妙に低いっ……?』
『うむ……金正日を思い出す指導者っぷりだな……
彼も思いつきで内政して、次から次へと失敗しまくりだった……。
領民を餓死させる結末で終わらなければ良いのだが……』


~~~~~~~~~
領主の館から離れ、畑を訪れたシルバー達。
畑には野菜や稲など植えられていた。
適当に農作業をやっていた領民達は、支配者の到来に恐怖し、仕事を放棄して土下座してくる。
シルバーの後ろから、ゾロゾロと、見かけ倒しの骸骨戦士達が付いてくるせいで、迫力満点だった。

「ひぃー!シルバー様が来ただぁー!」
「この世の終わりだぁー!」
「娘を隠すんだべ!」「いや、むしろ娘を差し出して機嫌を取った方がいいべよ!」

(き、嫌われ過ぎなのです……!
私も、シルバー様の秘書というだけで、嫌われて誰も会話してくれないのですよっ……!
私限定で、税金も倍になって生活が苦しくなったのですっ……!)

エルフ娘は、シルバーと一緒に、村中の嫌われ者になったと理解し、ため息をついた。
隣にいるショタ妖精は、そんな事に気がつかず、『他者には見えない』ネット通販の青い画面を出し、鍬を探した。
ちょうど、中古の備中鍬が大量に売られていたから、一気に購入し、膨大な数の鍬を出現させて、地面にドサドサッと、落とす。
備中鍬は、畑を効率よく耕作するために作られた鍬で、穂先が三つに分かれている。
つまり、効率よく地面を深く掘り、広く耕作する、その両者を実現するための最適な形だ。
シルバーは、備中鍬の一つを手に取り、天高く掲げて、演説を開始する。

「これは備中鍬という道具だ!
今日からこれを使って農業すれば、効率がよくなる!
簡単に説明すれば、土がとっても柔らかくなって、作物が育ちやすくなる!」  

『妖精さん!そんなに大盤ぶるまいしたら貯金がゼロになるぞ!?』
『他人の金だと思って、散財しすぎだろwwwww』
『鍬を作りたいなら、金属資源だけ大量購入して、村の鍛冶師に作らせろよwwww
そっちの方が安いコストで大量生産できて、雇用もできるぞwww』

(あ、ありえないのですっ……!これは一体、どういう力なのですかっ……!?
魔法は、運を消費して行使する欠陥品なのですっ……!
夢幻なら、こんな凄い能力を連続で行使したら、レベルが極端に高くない限り、今頃、暴走するか、死んでいるはずなのですっ……!
や、やはり、シルバー様は、て、転生者だったりするのでしょうかっ……?)

領民達は、恐る恐る、地面に落ちている備中鍬に近づき手にとった。
試しに地面へと向けて打ち込む。すると土は軽やかに削れて、柔らかくなった。

「こ、こんな使いやすい道具初めてだ!」
「すげぇだ!」
「にゃにゃ、大きすぎて吾輩には使い辛いにゃー」
「わぅーん」

一部の猫人や犬人などの小柄の亜人は不満そうだったが、後で子供用の鍬を購入するなり、ドワーフの鍛冶師に作らせるなりすれば、解決できる問題だった。
農業用トラクターと比べれば、べらぼうに生産力は低いが、人力で使えるという点がこの場ではメリットになる。

「皆が喜んでいるな……俺、生きていて良かった……」

『でも、これが未来世界とか……悲しくないか?』
『江戸時代の頃にあった産物すらない未来』
『荒廃しすぎwwww何があったwww未来世界の人類www』

ネットの皆のツッコミが、心にグサリと刺さったが、シルバーは元気よく、領民達に命令を下す。

「いいかっ!今日から、これで農業をするんだ!
そうすれば、収穫量がアップして、たくさんっ!ご飯が食えるぞ!」

「「わ、わかりました!りょ、領主様ー!」」
「「い、命だけはご勘弁くださいっー!」」
「「きょ、今日からそれで、畑を耕せば良いんだねー!わ、わかるよー!」」
「わ、吾輩達の身体じゃ、この道具は無理にゃー!」

『感謝どころか、恐怖されている件』
『そりゃ、上司が現場の事情を無視して、色んな事を押し付けているも同然の行為だからな。
現代社会でやったら、こんなの組織のブラック企業フラグだぞ……』
『現場のシステムを無視して、改革を押し付ける上司。
間違いない、妖精さんはブラック上司の素質があるな……』

この時、領民が素直に従ってくれる。
シルバーはそうやって楽観視した。






数日後、再び、エルフィンを連れて、畑へとやってきたシルバー。
領民達の手には金属製の備中鍬……はなく、木製の単純な鍬が握られていた。

「おいこらっ!?
俺が上げた備中鍬はどこにやった!?」

自動小銃を片手に握っている妖精の姿に、領民達は恐怖した、一匹の猫人が緊張しながら返事を返してくる。

「う、売りましたにゃー。高値で売れて大儲けですにゃー。
今年はこれで食っていけそうですにゃー」
「こら、正直に言っちゃダメだべ!殺されるべよ!」
「ご、ごめんなさいですだ!
売ったら金になると思って、売ってしまっただ!」
「許して欲しいのにゃー!」

『ここは暗黒大陸か!』
『ちょwwwww農業に使う道具を売るとかwww』
『上からやる改革は、大抵は成功しないぞ。人間は命令されたら反発する生き物だからな!』

シルバーとエルフィンは唖然とした。
特にエルフィンは、エルフ耳がピョコピョコ激しく動いて、興奮している。

(た、大変なのですっ!
このままじゃ、オジサン達が大量虐殺されちゃうのです!
ど、どうすれば良いのですか!?)

エルフ娘は隣にいる最高権力者が、どのように怒るのか恐れた。
村人が数十人単位で死ぬかと思われた。自動小銃AK47の殺戮能力があれば、この場にいる全員を1分以内に殺せるだろう。
だが、エルフィンの予想に反して、シルバーは落ち込んだ表情で――

「あ、うん、そうか……。
売ってしまったのか……」

『妖精さん、とりあえず、罰金をとった方がいいですぞ!』
『……公共の備品だからな……ナァナァで済ますと後が大変な事になりそうだ……』

「じゃ、お前ら罰金な。
後で、相場を調べて決めるから、ちゃんと金を用意しとけよ」 

『全く躊躇がないだと!?』

「あ、悪魔にゃー!?恐ろしいお方ですにゃー!」
「や、やめるだ!トカゲどもみたいに殺されてしまうだっ!」
「ゆ、許して欲しいですだっ!べ、別に悪気があってやった事ではないですだ!」

顔がトカゲだったり、熊だったりする亜人達は、シルバーの要請を拒絶した。
そこに、黒いドレスを着た、銀髪ロリがやってくる。
シルバーの嫁のプラチナだった。

「まぁ、何か問題でもありましたか?」

『妖精さん、こういう時は、内政経験豊富なプラチナたんと相談した方が良いと思いますぞ!』 
『うむ……私達と妖精さんだけでは……どうにも地域のやり方がわからないから失敗してしまうな……』
『銀髪ロリと子作りはよ!』

「ちょうど良かった、プラチナに聞きたい事があったんだ。
これ、どう思う?」

シルバーは、ネット通販から備中鍬を購入して、プラチナに見せた。すると――

「まぁ……変わった形の槍ですね……。
これで相手の頭を突き刺したりするんですか?」

「いや、これ鍬なんだ」 

「ああ、なるほど、効率よく土を掘り返す構造なんですね、これ」

「普通に、領民に無償配布したら転売されて大変だったんだ……なんとか上手い運用方法ないだろうか?」

「幾らくらい用意できます?」

「鉄資源なら、トン単位で用意できるから……ドワーフの鍛冶師に、同じものを作らせて量産とか出来ないか?
雇用も産まれて、鍬作りが産業になると思うんだ」

「まぁ、それでしたら良い方法がありますよ!
目指せ世界征服です!」

プラチナがとんでもない方法を考え、シルバーの耳に口を近づけて語った。
それは古代の支配者達が、農民を支配し、管理するために作られた制度とよく似ている。

『ちょwwwww未来世界なのにやり方が古代とかwwwww』
『きっと核戦争が起きて、こんな世界になってしまったのだろうな……』
『地球に溢れかえっているはずの金属資源はどこに行った!』
『明らかに人類史が、一度、石器時代に逆戻りしてしまっている件』

(な、なんかよからぬ事が進んでいそうなのですよっ……!
でも、金属製の鍬があれば、作物の生産量がアップして、私の給料もアップするのですか?
わ、分からないのですっ……)




備中鍬×100本 10万円  効率よく、土を抉って柔らかくする鍬ですぞ。
江戸時代の農業を支えた単純で素晴らしい道具ですぞ

鉄(´・ω・`)現実では、金属資源が恐ろしいくらいに安いから、金属資源を購入した方がお手軽だお。

消費総額12万1100円 ☛ 22万1100円





(´・ω・`)主人公が今まで購入したアイテムは、こっちに全部纏めた。 http://suliruku.futene.net/Z_saku_Syousetu/Tyouhen/Neltuto_tuuhan/Aitemu.html

6 件のコメント :

  1. (´・ω・`)鍬でチートする

    農民(´・ω・`)しゅげぇぇぇぇ!!なんだそれえええ!!!

    (´・ω・`)鍬だ!

    農民(´・ω・`)やべぇぇぇ!!素手でやるより、効率いい!


    (´・ω・`)(今までどうやって生活してたんだ!)

    返信削除
  2. (´・ω・`)消費総額12万1100円 ☛ 22万1100円
    増えてるお?

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)収入は、寄付制になったから、節約しながら、大活躍じゃよ。

      削除
    2. 読んでてどうしても、偉大なる先駆者リュウスケの影がちらつくんですがw

      削除
    3. >偉大なる先駆者リュウスケ

      (´・ω・`)誰だろう?

      削除
    4. あ、リョウスケだったw

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。