╰( ^o^)╮自作漫画/1~3コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

気に入った絵(m´・ω・`)m

【ファイナルファンタジー】天野喜孝、個展で本気出して描いた絵がすごい件

12 件のコメント :

公開日: 2016年6月24日金曜日 FF6 ファイナルファンタジー総合 管理人の文章




ファイナルファンタジー
天野喜孝、個展で本気出して描いた絵がすごい件 2016
6/24
ユリアン(´・ω・`)手を抜いた時の絵と、本気出した時の落差がしゅごい……



ヤン( ˘ω˘) 独特な絵だからね……
ちょっとバランス崩れるだけで、不細工な絵になるから、難易度大変だよ。


●個展


●最近の絵

●FF6

メルカッツ(´・ω・`)昔から思ったが……想像力を掻き立てられる。
そういう意味では良い絵だな。
グイン・サーガーや、アルスラーン戦記も、そのおかげで良い雰囲気だったと思う。



ユリアン(´・ω・`)ゲームはドット絵の頃なら、ピッタリでしたよね……

12 件のコメント :

  1. メルカッツ
    「ちょっと邪かも知れぬが」
    「自分がどんな風に描かれるのか想像すると楽しくなるな」

    シュナイダー
    「ああ、いいですね、それ」
    「確かに楽しくなります」

    返信削除
    返信
    1. イラスト(´・ω・`)もちろん、格好良い落書き顔になります。

      削除
  2. 絵心ないせいかこの人の絵は昔から良いと思えないんだよな、特に人物の顔とか
    省略が中途半端でどうしても手抜きか落書きにしか見えないから困る
    いっそのっぺらぼうの方が良い絵に見えそうな気がするくらい

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)そんなー

      パルメ(´・ω・`)想像力が刺激される(絵師のイラストが参考にならないから無視して、勝手にキャラのイメージ付けて小説読む)

      削除
    2. 何となくだけどわかる気がする。
      この方の絵は全肯定できないんだよね、好きになれない絵も多いし。
      基本大好きなんだけど。

      削除
    3. まあ言うても個性や特徴がある絵ってのは
      好き嫌い別れるのとある意味表裏一体だしな

      俺も人物含めて結構微妙と思う事が多いが
      誰かにとってその個性が価値になってるから
      これはこれで良いんでしょうよ

      削除
    4. この絵柄ならもっと繊細に緻密に情報量の多い絵を描いてくれたらいいなって思う、多分そうなれば素人の俺も芸術的に感じると思う

      削除
  3. 「メルニボネの白子皇帝」のイメージが固定したのはこの人のせい

    え、天使のたまご?そんな物もありましたね・・・

    返信削除
    返信
    1. 「バンパイアハンターD」とこもそうじゃない?
      「敵は海賊」の「アプロ」も完全に頭にしみついてるよ。

      削除
  4. そんな天野さんの書いたやる夫があるという

    返信削除
  5. 幻想的な絵だとは思う。
    この世のものでない存在にはぴったり。
    だけど普通の人間もこの世のものでない感じが抜けない。
    って言うか誰も彼も神経質とか病的とか繊細とか蒲柳とか、
    じゃなきゃ凶悪な野獣にしか見えないんだよな。
    ファンタジーか幻想小説専用って感じ。

    返信削除
    返信
    1. つまり一言で言うと
      「何らかの意味で人間離れしてる」

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。