なろう作家「一斉に電子レンジを放て!」

27 件のコメント :

公開日: 2018年8月7日火曜日 クラスカースト底辺による異世界蹂躙物語 管理人の文章 自作漫画 小説家になろう




生ジャガイモに染まった身体でこちらに向かうパルメ。その彼に僕は瓶を投げつけて、瓶に入っていた電子レンジが彼の全身に降りかかる。

 「なんだ……コレ?」

 「皆、一斉に電子レンジを放て」

 僕の言葉に再び電子レンジを放つゴブリン兵。だけど今度はその電子レンジにマイクロ波が付いていて、パルメの身体がマイクロ波に包まれる。

 「マイクロ波だろうと俺のスキルが破られ……がぁ……ぁ?」

 マイクロ波によって彼のジャガイモがアツアツに温まっていく、ジャガイモが温まればそこは元の身体に戻っていて。
 パルメは地面に身体を叩きつけながら苦しそうな呻き声を上げる。

 「あああぁぁあッ!? 熱い、熱い! がぁぁぁ!」

 ずっと同じあるいは似たような単語を呟き続け、地面に転がるパルメ。その打ち上げられた魚のような姿を見ながら僕は微笑むと。

 「知っているかい? ジャガイモはマイクロ波に弱いんだ。これ小学生レベルの知識だよ」
返信削除
返信
  1. (´・ω・`)懐かしいのう。確か火炎瓶で、鉄をとかすチート話じゃったけ……

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)すげぇ状況だ……
    包囲殲滅陣
    2018/8/20
    小説家になろう ☚まとめたぺーじ  【なろう】略称
    内政チート☚まとめページ


    -
    ★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)どういう事だ!?
    --
    †(´・ω・`)知らないのか?
    狐娘の尻尾はもふもふしても良いんだぜ?
    -
    ★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)馬鹿な!?モフハラだろ!?
    --
    †(´・ω・`)ふ、小学生レベルの常識すらしらんとわ……弟子は愚かじゃのう!
    -
    ★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)警察に通報しました
    --
    †(´・ω・`)!?

27 件のコメント :

  1. (´・ω・`)知ってるか?熱した石に水をかけると……爆発するんだぜ?

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)水蒸気爆発を過信しすぎだろ!?

    返信削除
    返信
    1. 熱した石の表面を急激に冷やすと、熱で膨張している内部と収縮する表面の圧力の差で割れて弾けるとかじゃなく?

      削除
  2. 熱膨張はもう勘弁してさしあげろ

    返信削除
  3. エヴァンゲリオン旧作の二次ssでしか熱膨張せっていは知らない。です。

    返信削除
  4. そういや、電子レンジで製鉄できるみたいだな

    返信削除
    返信
    1. カーボンクロスと電子レンジで、カーボン包丁作ってる動画は見たことがあるな。

      削除
  5. 「きさまは電子レンジに入れられたダイナマイトだ!!」
    かと思ったけど違った

    返信削除
  6. >炎で鋼鉄の鎧が融ける!
    そうは言うけど10年くらい前の2chなろうスレで自分達が賢いと信じて疑ってなかった住人たちの常識もその程度だったぞ

    返信削除
    返信
    1. いや、さすがにそこまでバカじゃないだろw
      火矢の炎程度で鋼鉄の鎧が溶けて矢が刺さるとか、ちょっと薬缶でお湯を沸かしたことが有る程度の人間でもおかしいと思うぞw

      削除
  7. 内容知らんからなんとも言えんがこれは凄い防具の攻略法が火で燃やして溶かすってことなのかな?
    火で燃やして呼吸困難なり内側から焼くなりして倒すって方法なら有りだったと思うけどただの火で溶かすって発想は逆に凄いな
    どうせやるなら科学+ファンタジーで局地的な火炎旋風でも起こして窒息+融解コンボぐらいはやればよかったのではと思う

    返信削除
    返信
    1. ----------------------------------------------------------------
      鋼鉄に染まった身体でこちらに向かう誠也。その彼に僕は瓶を投げつけて、瓶に入っていた液体が彼の全身に降りかかる。

       「なんだ……コレ?」

       「皆、一斉に矢を放て」

       僕の言葉に再び矢を放つゴブリン兵。だけど今度はその矢に火が付いていて、誠也の身体が炎に包まれる。

       「火だろうと俺のスキルが破られ……がぁ……ぁ?」

       炎の熱によって彼の鉄がドロドロに溶けていく、鉄が溶ければそこは元の身体に戻っていて。
       誠也は地面に身体を叩きつけながら苦しそうな呻き声を上げる。

       「あああぁぁあッ!? 熱い、熱い! がぁぁぁ!」

       ずっと同じあるいは似たような単語を呟き続け、地面に転がる誠也。その打ち上げられた魚のような姿を見ながら僕は微笑むと。

       「知っているかい? 鉄は熱に弱いんだ。これ小学生レベルの知識だよ」
      ---------------------------------------------------------------
      鉄の融解温度はだいたい1600度。家庭用キッチンの強火くらいの平均温度が1000度(部分瞬間でさえ1700度)。

      切断にチンタラ時間のかかる、アセチレン切断での温度でさえ3000度。
      だが、数十秒~一分もかからずにドロドロに溶けているので、溶ける時間の早さからすると、油ぶっかけて火をつけただけで数万度は出てるはず。
      太陽の表面温度でさえ6000度程度なのに。

      アルコールランプの一番厚いところでさえ1000度程度なのに、どんな油なんだろうなw

      削除
    2.  こうなると、核分裂か核融合でも起こしてるんかと 

      削除
    3. 別に鉄の鎧を溶かさないでも火がついてたら中が焼けるので問題はないのだろうけど変に頭よい風を装ってバカになっちゃった話かな。

      削除
    4. 油の中にアセチレンとかアルミ粉溶かし込んでたんでねw?

      削除
  8. 電炉と電子レンジ 勘違いしたのかな? 小学生なら仕方ない。

    返信削除
    返信
    1. いや、ガチで電子レンジで製鉄する動画あるぞ。

      削除
    2. 電子レンジで鉄を作ってみよう
      https://www.youtube.com/watch?v=LiAiHavs1Po

      削除
    3. これ やったらいかん使用法・・・・・・・・ 事故あっても 保証受けられないぞ・・・・・・・。

      削除
    4. こういう実験系やるときは、中古とかで専用の買うから最初から保証なんて気にするわけないだろw

      削除
    5. まあ、電子レンジの説明書にも変な使い方して事故事件になっても知らねーよみたいな免責事項が書いてあるし、電子レンジで鉄を作っていたら発火した、裁判だ!
      とかになっても、さすがにメーカーが負けることはあるまいw

      削除
  9. 瓶に入っていた電子レンジ!?

    返信削除
  10. 火矢じゃなくてレンジ砲になっただけで火力的には上がってるんじゃないかと思うんですがそれは
    別にジャガイモでなくても肉でも焼けちゃうし、見えない光線だから当たっててもすぐにはわからないし
    鉄とかで覆うとバチバチいって鉄もめっちゃ熱くなるんじゃあ
    ソードアートオンラインの脳みそチンで100%即死が電子レンジの応用って時点で殺傷力は相当のもんやぞ

    返信削除
  11. 電子レンジを大量に使った家電粒子砲ならガオガイガーで見た
    後冷蔵庫の冷凍砲

    返信削除
  12. 野火ごときで鉄が溶けるなら、青銅器時代なんてないわ。
    文明の発展=発生できる熱量ってのは、常識だぞ。

    返信削除
  13. 自分のことを炎魔法の使い手だと思い込んでる物質融解魔法の使い手なんだと思う。

    返信削除
  14. 頭が固いな、あらかじめ鎧を燃えやすい素材のものにすり替える担当の人がいたんだろ

    返信削除
    返信
    1. 着るんだぞw 重さで解るじゃんw
      むしろ、主人公に因果改変スキルがあるとかにするべき。

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が
復活します


最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。