Lv2「不死王、巨乳狐娘と同棲生活する」 【この中に一人っ!ラスボスがいる!】

1 件のコメント :

公開日: 2016年7月6日水曜日 LV0の不死王 この中に一人っ!ラスボスがいる! 自作小説





ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝
キーニャンの部屋は、学生寮の中にある。
狐のヌイグルミが、たくさん、床に転がっている可愛らしい部屋だ。
さすがに、本物の狐を飼う訳にもいかず、ヌイグルミで済ましている。

「もっふぅ……」

そんな、女の子らしい彼女の部屋に――黒い紳士服を着た、壮年の男がいる。

「わかったな!キーニャン!
ワルキュラ様に誠心誠意仕えるのだ!
死ねと言われたらすぐ自殺しろ!
家族を殺せと言われたら、すぐ殺せ!
夜伽を命令されたら、すぐに巫女服を脱いでエッチィ事をするのだ!
わかったな!この国の興亡は貴様の働きにかかっているのだぞ!」

この国の最高権力者、ハゲデス陛下がいた。
つまり一番偉い人。小規模の宮殿を持っていてハーレムやっている権力者だ。
頭は名前の通り、毛根が死滅していて光を反射しやすいハゲだ。

「さぁ!はいっ!と言え!
狐娘の代わりなぞ、幾らでも居るのだ!」

「あ、あの、私の人権は……?」 キーニャンは恐る恐る問いかけた。

「人権だと!?
貴様にそれがあると思っているのか!平民の分際で!
平民は黙って言う事を聞けばいいのだ!
誰のおかげで生きていられると思っている!?」

「もっふぅ……」狐娘は元気がない。

「いいか!何度も言うぞ!
ワルキュラ様が激怒したら、この国はその日のうちに消滅する可能性があるのだ!
それを理解しろ!もしも国が消えたら、死ぬよりも酷い目に合わせてから殺してやる!
オークだらけの酒場に、縞々パンツ一枚で突撃させて、バナナの実演販売をやらせてから、じわじわと嬲り殺しにしてや――あわわわわ!」

ハゲデス皇帝が、キーニャンの背後の空間に、恐ろしいものを見て、泡を吹いて気絶した。
キーニャンは急いで後ろを振り返る、すると――

「どうした、キーニャン?
部屋が騒がしいようだが?」

巨大な骸骨、魔王の中の大魔王にして、死の支配者ワルキュラがそこにいた。
扉を開けた形跡すらない。明らかに、一般人には想像できない方法で、この場に出現したとしか、キーニャンには思えなかった。

「あ、あのワルキュラ様……?
ここは女子寮なんですけど?」

「うむ、そうだな」

「ワルキュラ様って……ひょっとして女性?」

「いや、男だが?」

「もっふぅ……」

「なぜか、学校から指定された『俺の部屋』がここなのだ。
きっと、骸骨だから生物扱いされていないのだろう」

違いますよー!私に世話をさせるための特別措置ですよー!と、キーニャンはツッコミを入れる訳にはいかなかった。
世話役の仕事を引き受けた、そんな事実を目の前の不死者に知られたら、どんなスケベーならぬ、酷い命令をされるか分からない。
ハゲデス王の発言を聞けばわかる。権力者は民草を――文字通り、そこらへんに生えている草程度にしか思っていないのだから。
そんな事をキーニャンが考えていると、ワルキュラが地面に転がるハゲデスを見て――

「そこに倒れている男は、借金の取り立て人か?
なにやら水商売の仕事を紹介するとか言っていたようだが……?
キーニャン、大変だな……うむ」

なんで、私が貧乏だって分かるの!?もちろん、この言葉を、キーニャンは心の内に言葉を仕舞った。
だが、今までの会話で分かった事がある。
目の前にいる骸骨は、とんでもない考察力を持っている(笑)
キーニャンを見て、すぐ貧乏な狐娘だと理解しているのが、その証拠だ。
さすがは、世界に冠する大帝国の独裁者だと、キーニャンは驚きながら感心する。

「もっふぅ……そこに倒れているオジサンは、この国の皇――」

「出来れば、俺は、貧困に苦しむ君を救いたいと思っている」

「もっふ?」狐耳が激しくピョコピョコ動く。

「でも、俺の持っている金は、民衆が苦労して納めた税金なのだ……。
他国民のために、無意味に使うことは許されない……」

「もっふぅ……」 狐耳が下に垂れた。

希望を与えた後に、ぶち壊す。
そのような行為をされたから、キーニャンのご機嫌が斜めになった。
強制的に、今日から、恐怖の独裁者の世話をしないといけないのに、給料なしは納得できない。
それに生活費を、どこかで捻出しないと、食べていけない。
しかし、ワルキュラの世話と、アルバイトの二つの両立は無理だ。
最低限の給料くらいは貰わないと、餓死する。もしくはエッチィ事に手を染めないといけなくなる。

「あ、あの……私、アルバイトしないと生活できないんです……」

「うむ、ご苦労な事だ。
勤労少年ならぬ、勤労狐娘だな、偉いぞ」

遠まわしに言っても、ワルキュラは理解してくれない。
もう、こうなったら仕方ない。
酷い事をされる事を覚悟の上で、キーニャンは金を得る道を選ぶしかない。

「わ、私、ワルキュラ様のお世話を任されたんです!
だから給料ください!」

「なるほど……つまり、俺がキーニャンに、金を渡しても大丈夫という事か。
労働の対価という形なら、幾らでも援助できるな。
さすがはキーニャンだ。頭が良い」

そう言って、ワルキュラは、金の延べ棒を『空気中』から取り出して、机の上に置いた。
純金製のとっても高い黄金だ。この量なら、家が建つ。

「これが一年分の給料だ。
換金の手間暇がかかるが、国が崩壊しても価値があって便利だぞ」

「あ、ありがとうございます!
これなら、私の生活費どころか、弟も学校に通わせる事ができます!」

「はははははは、安心するが良い。
空気から作ったから、製造コストはゼロコインだ。
部下達から市場が混乱するから黄金を作るなと言われたが、たまには良いだろう」

「もっふふ~」

死の支配者の発言を冗談だと判断したキーニャンは、とってもゆっくりとした気持ちになれた。
今までの会話で、ワルキュラが意外と話がわかる人かな?と思ったから――最大の疑問を聞いてみようと――

「あの、ワルキュラ様?
失礼かもしれませんが……どうして、この学校に転校なされたのですか……?」 

ふと、知的好奇心は、狐娘を殺すという諺が、彼女の脳裏に思い浮かぶ。
場の雰囲気がガラリッと変わった。空気は泥のように重く冷たくなって、彼女にのしかかってくる。

「うむ……俺が転校した理由か。
そんなに聞きたいというのか?」

「い、いえ、話したくないのなら、別に話さなくて良いで――」

「……あれは昨日の事だ。
俺は、可愛い嫁と……喧嘩したのだ」

「も、もっふぅ……!?」

宗主国最大の国家機密を聞かされている。そんな気持ちに、キーニャンはなった。
この場にいれば、もう後戻りできない。
他人にこの事を話せば、きっと、口を封じられると……一瞬で理解できてしまう

「喧嘩の理由、それは……パルメ・トンカツ定食に行ったときの事だ……。
そこは美味しいトンカツを出す事で有名で、常に行列ができる人気の店……。
だが、嫁は……嫁はっ……!トンカツから、大きな衣を外してから、中の豚肉だけを食べていたのだっ……!
俺はそれが許せなかったっ……!
トンカツは、カラッ!と揚げた衣と一緒に食べるから、トンカツなのであり、嫁の食べるトンカツはトンカツではない!
それが許せないから……俺はここに1年間、留学する事にしたんだ、キーニャン」

「も、もっふぅ……?」

骸骨なのに、食べ物を食べるの!?と、キーニャンは驚愕した。
内容は、とてもいい加減なネタだったが、恐怖たっぷりに聞いていた彼女には、国家が秘匿するべき、最高の秘密にしか見えない。
それ以前に、全く話に共感ができなかった。
トンカツの食べ方は、人それぞれだろ的な意味で。
確かに、トンカツの衣を外して、中身だけを食べるのは可笑しいかもしれないが、ダイエット中の女性なら、そういう事をする可能性がある。
衣はカロリーたっぷりだし。太るのは誰だって嫌だ。

(ワルキュラ様と価値観違い過ぎて、辛い……。
まだ、スケベーでエッチィ男の方がマシなような……?
やっぱり独裁者って、とんでもないキチガイ揃い……?
ワルキュラ様の世話とか、生理的に無理かも……)

たくさん金は貰えても、相手は大国の独裁者。しかも、アンデッド。
違う価値観と価値観は対立する点を考えると、キーニャンは明日が心配になる。
緊張する時間が長く続きすぎて、彼女の集中はこれ以上続きそうにない。
緊張の糸が、プッツンと切れて、脳みそが休むように訴えかけてくる。

(ね、ねむい……。
そういえばハゲ陛下に、4時間くらい説教されたっけ……?
もう、起きるの無理……)

そのまま、キーニャンは、部屋に置かれたベッドに倒れて眠ってしまった。

「もっふぅ」

~~~~~~~

ワルキュラは狐娘が寝た事にも、気づかずに、独り言を続けている。

「……もちろん、今言ったのは、嘘だ。
ジャパニーズジョークならぬ、ワルキュラ・ジョークだ。
俺は嫁とトンカツで喧嘩してないし、俺の嫁たちは、そんな変な食べ方をしないから安心してくれ。
俺が留学を決めたのは……悲惨な学生生活を送ったから、やり直してみたい……ただ、そう思っただけなんだ、うむ」

可愛い狐娘の返答がない事に気がついたワルキュラは、ベッドでスヤスヤ眠っているキーニャンを見た。
オッパイ、すげぇな、おい!と思った彼は、狐娘がどうして眠っているのか推測する。
①俺の話がつまらなかったから。そんなー
②貧困層は、いつも働いていて大変。
前者の推測を認めたくないワルキュラは、もちろん、後者を選択し、狐娘に激しく同情する。
きっと〈希望を給料代わりに払う〉とんでもないブラック企業に彼女は勤めていて、睡眠をほとんど取っていないのだろうと思った。

「くっ……属国の女の子がこんなにも苦しんでいるなんてっ……!
世界はなんて理不尽なんだっ……!」

狐娘はこの日、割のいいアルバイトを見つけた。
給料はたっぷり、ボーナスで黄金の延べ棒がついてくる。しかも、学費は免除。
その仕事の名は、『独裁者のお世話』
頑張れば側室の地位が自動的に舞い降りてくる。

「もっふぅ……可愛い狐が1匹、2匹……もっふふ」

机の上で、金の延べ棒が虚しく輝いていた。 


ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝

1 件のコメント :

  1. そういえば、この前行ったトンカツ屋には生姜焼き定食があったから、ここの店なら衣を外して食べるなんて手間をかけないでいいよな~と思ったり。

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。