╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

【ベルセルク】馬「助けて!人間二人と大剣を載せて走るとか!難易度高すぎぃ!」 2話ネタ

12 件のコメント :

公開日: 2016年7月19日火曜日 ベルセルク 管理人の文章



ベルセルク
馬「助けて!人間二人と大剣を載せて走るとか!難易度高すぎぃ!」 2話ネタ 2016
7/17


(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生っー!
聖鉄鎖騎士団の馬がチートです!
明らかに150kgを越す質量を載せて、走ってます! 



(´・ω・`)……しゅ、主人公補正があれば、馬さんも強くなれるんじゃよっ……!



ガッツ「馬を奪って逃げるぞー!」


(´・ω・`)あー、重いなぁー。
ガッツと、騎士団長とか重いなぁー。


ガッツの鎧と、大剣重いなぁー。
山のように搭載している矢が重いなぁー。
火薬と爆弾と砲弾も搭載しているはずだから……アホか!?
どんだけ物資を搭載しとるんだ!この男!
ユリアン(´・ω・`)ガッツって、不思議なくらい物資を持ってますよね。
一人で戦争やっているようなもんですし。


ヤン(ノ゜ω゜)……きっと、アイテムボックスの魔法が使えるんだよ、ユリアン。

12 件のコメント :

  1. 馬の種類にもよるけどそんくらいだったら割と大丈夫でしょ
    重騎兵とかそのくらいあるんじゃないか

    返信削除
    返信
    1. 何かの本でドラゴンころしが80キロあると考察してたがその場合
      ガッツ本人…80~90キロ、団長…40~50キロで200㎏以上
      これに鎧、ボウガン、矢、大砲義手、砲弾等どう見ても50キロはありそうな物資か

      実は馬はランニング程度の速度で暗かったから振り切れたんじゃね?

      削除
    2. 余裕じゃないけど重馬種だったら、300kgくらい背負って早足くらいはできるはず
      ただ重種は全力でも結構足遅いので、人間のジョギングくらいのスピードしかでないけど

      削除
    3. 間違えた、ドラゴンころしは160キロ以上だったわ
      ガッツたまにこれを片手でブン回してたよな・・・

      削除
    4. そんな重量で走るなんて精々数十メートルが限度だよ
      つうか馬が全力疾走で何㌔も走るなんてのはリアルでは無理
      ベルセルクは漫画だから別にいいいんだけどね

      削除
    5. マスケティアーズでも馬を奪って逃走した奴が馬が急に止まって捕まってたな
      ダルタニアンが馬の疾走なんて全然続かず急に止まるもんだって言ってた

      削除
    6. ガッツ90キロ、団長50キロってかなり軽い想定だね

      削除
    7. 主人公専用の馬だとやたら立派な馬が当たり前のように出てくるものだけど、奪った馬とかはそうじゃないだろうしな
      あんまり立派な馬が居たとしても王様とかが強制的に召し上げそうだけど、スーホの白い馬みたいに

      削除
    8. 人間があんなでかい鉄の塊振り回せる世界だから
      馬だって現実の馬より格段に強いんやろ

      削除
    9. 馬じゃなくてUMAなんだろうか?

      削除
    10. そうか実はグインサーガの世界だったのか。
      それなら納得。

      削除
    11. あの世界は空気にファンタジー(有害)が混ざっているのでラオウを乗せていた馬レベルの騎馬が大量発生するとか?
      まあ、普通の馬だったら完全武装ガッツが乗った瞬間膝カックンを受けた人間のように馬の足が折れて崩れ落ちると思うがw

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。