Lv1「不死王、転校する」 【この中に一人っ!ラスボスがいる!】

5 件のコメント :

公開日: 2016年7月6日水曜日 LV0の不死王 この中に一人っ!ラスボスがいる! 自作小説





ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる!
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝



国立魔法学園。とある普通の国にある、とても有り触れたエリート学校だ。
変わっている所は、優秀な才能があれば、奨学金という制度で、平民の子弟も学校に通える事。
だが、秀才程度の才能で、貧民出身となると――奨学金は借金という名前に変わり、貸してくれる金額が少なくなって、利子も付き、金銭的負担が重くなる……キーニャンは、懐の財布の軽さを実感するともに、ため息を吐いた。
彼女は金髪の愛らしい狐娘。フサフサな黄金の尻尾が魅力的な巫女さんだ。
学生服が高くて購入できないから、代わりに家から持ってきた巫女服を着ている。
今、彼女は、教室にある、木製の椅子に座り、窓の外を見て、途方に暮れていた。

(はぁ、私の青春って灰色だよね。もう、救われないシンデレラさん?
アルバイトで忙しいし、セクハラされるし、貴族どもは鬱陶しいし、頑張らないと良い就職先ないって言われるし、薔薇色の青春時代を安心して送れないよ……
出来れば、金持ちで年下の彼氏とか作りたいなぁ……。
でも、この学校の男どもときたら、うざったくてキザな貴族ばっかりだし、無理して付き合っても愛人扱いか、捨てられて終わりだろうなぁ。
私ってなんて不幸なんだろう……もっふふー)

私って不幸、そう思ってワンコインすら使わない妄想遊びに彼女は耽る。
現状を変える『イケメンな彼氏』が欲しい。
それがキーニャンの望みだった。
出来れば、心もイケメンで、金持ちで、将来性があって、優しかったら、完璧だ。

(まぁ、そんな素敵な男性なら、私と出会う前に素敵な恋人がいるだろうし、望み薄だよね……私って本当に不幸だなぁ……もっふふー)

憂鬱な妄想遊びにキーニャンが耽っていると、教室の扉が開き、黒い礼服の若い男……ダメダ先生が入ってきた。
しかし、いつもと様子がおかしい。
まるで――後ろから銃口を突きつけられ脅迫された人質みたいに、先生の体が、恐怖で震えているのだ。

「み、皆~、て、転校生を紹介するぞー」

先生の口から出るのは、平凡な内容なのに、どこか違和感があった。
いや違う、一番の違和感は先生じゃない。
教室の外にいる『誰か』だ。キーニャンどころか、クラスメイト全員の心臓がドクンッ!ドクンッ!と激しく脈動する。
視線を逸らし、扉にいる『誰か』を見ないように深く注意している。
空気は軽いはずなのに、キーニャン達は水の中にいるような重さを味わって、息が苦しい。
この場から逃げ出したい気分になった。

「そ、宗主国からやってきた。
ワ、ワル……」

ダメダ先生の、転校生紹介はそこで途切れた。
ストレスで頭の欠陥が千切れて、教壇に倒れ、口から泡を吹いて気絶している。
その直後だ。教室の入口から、皆を恐怖させる『誰か』が入ってきたのは――

「ん?どうした先生殿?
過労か……?おい、しっかりしろ!
衛生兵を呼べ!」

それは大きな骸骨。身長3mのアンデッド。紫色の豪華なローブを纏っている。
顔を隠すためか、大きな白い仮面をつけていて――何もない眼窩が真っ赤に光っているから、特に意味はなかった。
仮面があっても、生徒たちには……目の前のアンデッドが、世界の敵と言っても過言ではないほど邪悪な大魔王だと、すぐに理解できる。

「ここまで仕事に熱中するとは……教師の鏡だな、うむ。
教師はブラックな仕事とは聞いていたが、過労で倒れるほどとは知らなかった……。
無理はいけないぞ、先生殿。
きっと、部活動の面倒まで見て、休日すら返上したのだろう?」

隣国の独裁者ワルキュラだった。
キーニャンは、魂すら凌辱された感覚に陥って、涙目になる。

(宗主国の支配者じゃないですかー!
やだー!私の青春おわったー!?)

この場にいる生徒全員が、キーニャンと同じ気持ちだった。
担任のモウ・ダメダ先生は、ワルキュラの部下である骸骨達に担がれて、保健室へと連行され、この場から姿を消した。
だが、生徒たちから見れば、この光景は『先生が粛清され、あの世に行った』としか思えないほどに切迫感溢れる場面にしか見えていない。
保健室じゃなくて、死体安置所に強制ゴールinしたとしか思えなかった。

(わ、私の青春は……終わりですかー!?
やだー!助けてー!
神様!魔王様!邪神サマー!私の妄想彼氏様ー!
神社のお賽銭を盗んで、アイスを食べてすいませんでしたぁー!助けてー!)

狐娘の悩みを余所に、ワルキュラはクラス中の生徒の顔を見渡し、場を仕切り直すために、先生に代わって宣言した。

「俺が転校生のワルキュラ……じゃなく、ワルだ。
気安くワルと呼んでくれ」

(宗主国の支配者を呼び捨てなんて無理ぃー!
きっと、あれだよね?
文句がある奴は、表にでろや!とか、そういう意味だよね!?)

ワルと呼べば殺されると理解したキーニャンは、狐耳が元気を失って下に垂れた。
生徒たちは、この時点で半分が気絶し、机で居眠りするような感じに、自然に倒れている。
しかし、ワルキュラはそんな事には気づかずに、慈愛に溢れた口調で――

「……朝から居眠りの生徒だらけか。
夜更かしは良くないぞ」

アナタ様のせいで、気絶しているだけですよー!
というツッコミは、キーニャンには勇気があったとしても言えない。心の中で留めた。

「あと、この仮面は、酷い火傷を隠すためにつけているんだ。気にしないでくれ」

ローブの隙間から骨が見えている時点で、説得力ないですよー!
やはり、このキーニャンの心の叫びも、口から出なかった。
独裁者の注意を引いたら、待っているのは栄光か、破滅のみ。
しかもワルキュラは骸骨の癖に、性欲絶倫オッパイマスターという謎の噂まで立っているから、キーニャンは狐耳を隠しながら、時が過ぎるのを待つしかない。

「さて、俺の席はどこだろうか?
おお、ちょうど一番後ろの席があいているな。
青春って奴を感じるぞ、うむ」

「もっふぅ……?」

だが、キーニャンの期待通りに、物事は進まない。
彼女の隣の席に、ワルキュラが歩いてやってきた。
木の椅子に豪快に座り、友好的に話しかけてくる。
きゃー!私の隣に独裁者がきたー!?助けてぇー!という悲鳴すら、狐娘は上げられなかった。

「これから一年、よろしく頼む。
君の名前は、なんと言うのかね?」

積極的に、隣人と関係を持とうとするワルキュラ。
このまま黙っていたら、キーニャンは不敬とか、不幸とか、購入して学生生活が終了すると、彼女は判断した。
深呼吸して脈拍を落ち着けた後、キーニャンはワルキュラに引き攣った笑みを見せて――

「わ、わたしの名前は、キ、キーニャンです…」

「キキニャーンか。
ジブリ映画っぽい、変わった名前だな」

「い、いえ、キ、キ、キーニャンです……」

「キキキニャーン?
なんて呼び辛い名前なのだ。
長いからキーニャンと呼んでも良いだろうか?」

「は、はい、あ、ありがとうございます……?」

恐怖で震えながら返答して、キーニャンは気づかされた。
今日から、学園生活が灰色だって。
隣が独裁者でアンデッドで、ラスボスとか、もう死ぬしかない。
テレビゲームで例えるなら、スタート地点に、大魔王の城があるようなものだ。

「うん?どうした、キーニャン?
顔色が悪いぞ?」

そう言って、ワルキュラの骸骨顔が近づいてくる。
真っ赤に輝く眼窩が、もう怖くて怖くて、キーニャンは、この世から逃げ出したい気持ちになった。

(だ、駄目ぇ!こ、殺されるっ……!
大量虐殺をしまくった史上最悪の独裁者に、魂すら陵辱されて、こ、殺され……)

ここで狐娘は意識を失った。豪快に椅子から転げ落ち、狐耳が下に垂れる。
ワルキュラは慌てて、彼女を抱き起こして、体を揺さぶった。
オッパイでけぇな、おい!と思いながら、彼はキーニャンに呼びかけを行う。

「持病の発作か!?
起きろ!起きるんだ!」

回復魔法がある事すら忘れ、ワルキュラは叫ぶ。
そして思った。こういう時、一般人は――保健室、いや、この場合は救急車を呼ぶという事を。
名案が思い浮かんだワルキュラは、生徒たちに輝く瞳を向けて――

「おい!誰か!
救急車を呼べ!」

そんなハイテクな物があるのは、お前の国だけだよ!と生徒たちはツッコミを入れたかった。
だが、ワルキュラが放つ負のオーラに威圧され、次々と生徒たちは気絶し、机に倒れてしまう。

「ひでぶっ!」「わがらないよぉー!」
「お父さんー!お母さんっー!」「たしゅけてー!」

すぐに、この教室に、立っているのはワルキュラ以外、誰も居なくなった。
一人だけで、どうしてこういう事になっているのか分かっていない本人は、知恵を巡らし、現状を考察する。
……次々と倒れていく生徒達。可愛い狐娘、オッパイ。巫女さん。最近の学生は身体が弱い、最近で細菌?
これらの要素が示す事実。それは――

「くっ……!
ま、まさかっ……!?
俺を狙った細菌テロかっ……!
なんて卑劣な奴らめっ……!俺を殺すために周りを犠牲にするなんてっ……!
お前たちの死は無駄にしないぞっ……!絶対に報復してやるからなっ……!」

気絶している生徒達を、死人扱いして、ワルキュラは教室の外に出る。
細菌テロだとしたら、大変だ。
この学校はもう危険地帯だ。ガムテープを探し出して生徒たちを隔離して、アルコールをばら撒いて殺菌しないといけない。
そして、アルコールなら、化学の実験を行う部屋にあるはずだ。
だから、ワルキュラは生き残っている生徒を探すために、大声をあげる。

「誰かー!
いないのかー!
返事をしてくれぇー!
化学実験室はどこにあるんだぁー!
殺菌しないと、君たちまで死んでしまうー!」

返事は帰ってこなかった。
ワルキュラは悪い予感を感じて、通路を歩き、隣のクラスを窓越しに覗いた。すると――

「ば、馬鹿なっ……!
もう、この学校はっ!既に死んでいるっ!?
誰かぁー!生きている奴はいないかぁー!
俺が来たから、もう安心だぁー!
返事をしろー!」

隣のクラスも、その隣も、全ての生徒と教師が気絶して、口から泡を噴いて倒れていた。
もう、ワルキュラは物事を、悪い方向に考えるしかない。

「誰も返事がない……?ま、まさか、全生徒が皆殺しにされたっ……!?
この学校は既に全域が汚染エリアだというのかっ……!
このままでは住宅地にまで被害が拡大してしまうっ……!?
許せぬっ……!
俺の青春を妨害するとはっ……!
なんて卑劣なテロリストなんだっ……!」

歴史に残る大事件だと理解したワルキュラは、異次元(アイテムボックス)から、携帯電話を取り出す。
人工衛星を経由する強力な電波を出すから、インフラが整っていない辺境でも使える便利な電話を、頭蓋骨の側面に当て、国軍の責任者を呼び出す。

「俺だ!
至急、化学テロ対策部隊を派遣してくれ!
俺が転校した学校で、細菌テロが発生した!
1時間後に演説を行う!
俺は決してテロには屈しない!」

キリッ!ドヤ顔のワルキュラ。
存在しない新たな強敵との激しい戦いが始まろうとしていた!




……見えない敵と戦う骸骨のせいで、国立魔法学園は、一週間の休校が決定した。
ワルキュラは、自分の負のオーラが、生物に害を与える代物だという事を、この時、完全にド忘れていて、事件は闇の中へと葬り去られる事になる。

そして、気絶した狐娘キーニャンの望みはこうして叶った。
格好良いイケメンが転校生としてやってきて(独裁者は格好良い)
金持ちで(独裁者は宮殿持ってる)
将来性があって(不死者だから死なない)
優しくて(嫁には優しい)
彼女は、完璧すぎるイケメン転校生と巡りあったのだった。

「もっふぅ……。
ショタな銀狐ともっふふ~したい……」

ゆっくり次に進むよ!
LV0の不死王!~骨、ほぉね、ボーン!~】 の外伝

5 件のコメント :

  1. (´・ω・`)折角書いたから、短編連作なこっちもUP

    返信削除
  2. このタイトルの元ネタ知ってるぞ。懐かしい

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)元ネタ……?

      削除
    2. この中に一人っ!パルメトラップがいる!

      削除
  3. 昨日の狐熱の残り香かw

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。