╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

アメリカの母親「不登校児に学校へ行けって説教した結果!」散弾銃で撃たれる

9 件のコメント :

公開日: 2016年10月19日水曜日 アメリカ合衆国の歴史 ニュース 事故/犯罪/汚職







アメリカの歴史】☚まとめ
アメリカの母親「不登校児に学校へ行けって説教した結果!」散弾銃で撃たれる 2016
10/15

 

(´・ω・`)解説(ノ゜ω゜)  
アメリカ人の母親(´・ω・`)こらー!息子ー!
学校に通いなさいー!不登校はだめー!


息子(ノ゜ω゜)そうだ!母親を殺せば学校に行かずに済むぞ!
散弾銃アタック!


アメリカ人の母親(´・ω・`)きゃー!?☚入院




(´・ω・`)ソース   (´・ω・`)
本来は外部からの侵入者による万が一の事態に備えるために購入する銃が、家族間の諍いにおいても乱用されるようになって久しい米国。
銃社会ならではの恐ろしい事件をたくさんお伝えしてきたが、このほどはアラバマ州で…。
アラバマ州ワシントン郡のキャルヴァートという町で、母親を散弾銃で撃った12歳の少年(それ以上の情報は明らかにされず)が逮捕された。
郡保安官リチャード・ストリンガー氏の発表によると、少年は母親の背後60cmまで近づいて背中から発砲。
母親はなんとか命を取り留め、治療が続けられているという。
「学校が嫌いで通っていなかった。『行きなさい』とうるさい母親とは口論が続いていた」と話し、少年は犯行についてすべて事実だと認めている。
使用された銃は口径も大きい散弾銃の12番。実弾が入っていることを承知の上で親の寝室から取ってきたという。




●(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ー!
これはどういう事なんですかー!




★(´・ω・`)……アメリカの引きこもりはやばいのう。
こんな怖い社会で暮らしたくないのう。




(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)日本だと、こういう家庭内暴力イベントの定番は、金属バットですよね。



(´・ω・`)いっその事、アメリカで販売する銃弾は、全部、ゴム弾で良いかもしれんなぁ……。
あれはあれで十分な凶器じゃけど、鉄の弾丸より遥かにマシじゃし……

9 件のコメント :

  1. (´・ω・`)どんな大魔境なんだろう、アメリカ(´・ω・`)

    返信削除
  2. 目の前の障害物のとりあえずの除去だけしか考えて無くて、、
    その後どうなるかとかなにも考えないんだな。
    って言うか考えられないんだ。
    馬鹿なのか精神的に追いつめられてるかどっちかで。

    返信削除
  3. 学校にも家にも安らげる場所が無かったんでしょう 刑務所で安らぎあらんことを・・・・・・

    返信削除
  4. 母親が銃持ってれば防げたな(NRA)

    返信削除
  5. なんでこの家は散弾銃なんて持ってたんですかね

    返信削除
    返信
    1. 米国は、家と家の間がすごい離れていたり、クマなんかが普通にその辺歩いてる地域があるから、護身用にもってたんじゃね?
      まあ、背中から60cmの距離で散弾か……生きてるのが奇跡だな。
      散弾の摘出手術を、これから何回もうける羽目になるだろうけど。

      削除
    2. 一方、家と家の間がすごく近い日本では、
      3月から行方不明だった60代女性の遺体が、
      家と家の隙間から見つかった。

      削除
    3. 今件の自衛云々の例と全然関係ないじゃんw
      見つからねーヤツは、距離関係無くみつからねーよw

      削除
  6. 警察や救急車は呼ばれたのかな、呼んだのかなどっちだろ。

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。