Lv29「不死王の世界征服12~反乱終了のお知らせ終~」  【この中に一人っ!ラスボスがいる】

4 件のコメント :

公開日: 2016年9月6日火曜日 この中に一人っ!ラスボスがいる! 自作小説





ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる】●LV9999億の骸骨


「残り1分!カウントを開始する!」

次にサムソンが意識を取り戻した時、やはり、何も見えない真っ暗な空間だった。
音と、手足の感覚だけが、生きているという実感を与えてくれる。

「50!40!30!」

拡声器で拡張された骸骨の声が、起きたばかりの脳みそに、激しい振動を与えてきて気持ち悪い。
落馬した時に出来た傷のせいで、膝を強く擦りむいていた。見えないが、恐らく膝(ひざ)から血が出ているだろう。

「20、10、0っー!」

骸骨のカウントゼロの言葉とともに、真っ暗闇な空間が一気に晴れた。
光に溢れた人間の世界が戻ってきて、サムソンは一息つく。
東の青い空には数十機のヘリが、煩い羽音を鳴らして滞空している。
後ろから、一瞬、ジッ!何かが焼けた音がした。それと同時に軽い痛みを感じる。

(あれ……?
なんで後ろが熱いんだ……?)

サムソンは嫌な予感を感じながら、ゆっくりと――背後の空間を確認した。
そこには、石造りの大都市が――半分ほど綺麗に消滅して、残された現場に、熱されて融解したガラスの谷が出来上がっている。
大きな谷だ。太い谷だ。とても長い谷だ。その谷は地平線の彼方まで続いている。
サムソンには理解できた。
これは――大魔王ワルキュラによる大虐殺だと。
オレルアン公爵も、都市の住民も、兵士の皆も、貴族のオマケどもも全員が蒸発して、あの世へと旅立ったのだと理解できてしまった。
身体が恐怖で震える。
こんな事ができる化物が恐ろしかった。人間が蟻を潰すのど何ら変わらない感覚での虐殺だ。
どうやって、このような大虐殺を実行したのか、視認すらできないから、余計に妄想が膨らんで、目から涙が出てくる。
人間の矮小さ、ワルキュラの壮大さを比較し、惨めな気持ちなってくる。
しばらくそうやって震えていると、遥か遠くから地鳴りが聞こえた。
この音は、地平線の遥か北から、何度も何度もドシーン、ドシーンと響いているようだ。
このガラスの谷が何処までも続いているのだとしたら――北の大山脈も消滅させてしまったのかもしれない。
なら、先ほどの地鳴りは、山脈が崩壊する音なのだろうか?
だとしたら、これは人の所業ではない。邪神の邪悪なる奇跡だ。

「お、俺たちは、なんて、ひどい化物と戦おうとしたんだ……」

実際に虐殺現場を目撃するまでは、ワルキュラの情報は、ただの噂や嘘だと思っていた。
新聞に書いていた事は本当だったのだ。
タコ型宇宙人とHANASIAIをしたとか、小さな女の子が大好きなロリコンとか、ドリーム・ワールドを作った張本人がワルキュラとか、骨なのにハーレムやっているとか、実は積極的すぎる平和主義者とか、そういう胡散臭いゴシップの類もきっと真実なのだろう。
それよりも今、重要なのは――

「こんな大虐殺ができる奴が、新しい支配者っ……?」

都市を住民ごと消し飛ばす。そんな事を苦もなく、害虫駆除感覚でやってしまう怪物が新しい君主。
どんな暗黒時代が始まるのか、想像もできない。
どう見ても、人間を虫けらとしか思っていないような気がする。
都市を潰した事すら、蟻の巣に溶けた鉛を流して遊んだ感覚だったら、やばい。人類の存続そのものが危うい。
遊び半分でなぶり殺しにされて絶滅しそうだ。

「ワルキュラ様が第二射を撃つぞー!
そこの人間!もっと離れろー!」

また、上空から骸骨の声が聞こえた。サムソンの手足は、反射的にガラス谷から離れる。
全速力で場を去ろうと駆け抜ける。あまり鍛えていない手足なのに、なぜか上手く動いた。
擦り傷だらけで激痛を感じるが、そんな痛みに構っている場合じゃない。
グズグズしたら、謎の攻撃に巻き込まれて殺される。
そして、昼間なのに真っ暗闇の空間が到来する。何も見えない空間を走り続ける。
身体のすぐ近くを、膨大な熱が通過するのを感じる。
一瞬の出来事だったが、サムソンの着ている獣の毛皮を使った衣服に、火が付くには十分だ。

「うわぁぁぁぁぁぁ!!」

すぐに地面に寝転がって、土で火を消そうと足掻く。
おかげで、火は無事に鎮火し、光が溢れた世界が再び帰って来た。
だが、半壊した都市の方はそうはいかなかった。
都市の周辺は、壁で覆われているが、金持ち以外の家は木造建築が多い。
すぐに大炎上して、遠くから生き残った人間の悲鳴が聞こえる。
全身火ダルマになりながら、高層アパートから飛び降りる人影が一瞬だが見えた。

「い、生きたまま焼き殺しているんだっ……!」

ワルキュラの意図、サムソンには手に取るように実感できる。
人間を都市ごと焼き殺す事で、見せしめにしているんだ。
『俺に逆らったらこうなるぞ』という未来を見せつけるために――不必要なレベルで人間を苦しめて殺しているのだ。
やはり、血も涙もない。不死者どもの帝王だ。
こんな怪物に、人類の未来を委ねる訳にはいかない。
王国は終盤になってから、平民達を奴隷のように酷使してきたが、ワルキュラの圧政に耐えられるとは到底思えない。
何時か、ワルキュラを倒す機会を得られる、その日までに抵抗軍を作り、それを維持しなければ、人類の命運は絶たれる。
サムソンは、遥か遠い地にいる悪の帝王を倒すべく、決意するのだった。

「化物どもぉー!この世界から!駆逐してやるー!」

「第三射がくるぞー!逃げろぉー!そこの人間ー!」





第三射で、衣服が燃えて、サムソンは裸になり、彼は無職へとクラスチェンジを果たし、逃げた。
一瞬で、抵抗の意思がポッキリと折れてしまった。




ワルキュラ「第一斉射で山脈ごとぶっ壊して水路作りー」

ワルキュラ「第二射で、瓦礫を除去。
あとは、山脈の瓦礫が全部消えて無くなるまで、連射ー」

ワルキュラ「はい、工事おしまい」

デスキング(さ、さすがは陛下だ……!
帝国に居ながら、超長距離砲撃をなさっておられるっ……!)

ゆっくり次に進むよ!
この中に一人っ!ラスボスがいる】●LV9999億の骸骨

4 件のコメント :

  1. (´・ω・`)眠たいから、修正はゆっくり明日

    返信削除
    返信
    1. クシャナ殿下(´・ω・`)なぎ払えー!

      削除
  2. なんか変なフラグ立てた奴が走って行ったなw

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)子供医者の国にでも、連れていこうかしら。

      サムソン(´・ω・`) な、なんて酷いカンボジアすぎる国なんだっ……!
      俺が何とかしなきゃっ!

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。