なろう「エルフのためにダンジョンを作った結果www」デスマーチからはじまる異世界狂想曲

8 件のコメント :

公開日: 2018年3月3日土曜日 デスマーチからはじまる異世界狂想曲 管理人の文章 自作2コマ漫画 自作漫画 小説家になろう




2018/3/2
小説家になろう ☚【なろう】略称
デスマーチからはじまる異世界狂想曲】←まとめたページ
付順に記事をブログで表示する?




トラザユーヤ(´;ω;`)「エルフの皆を鍛えるダンジョン作ったで!
どやっ!」

エルフ「「ふざけんな!死人出まくりだろ!?」」

トラザユーヤ(´;ω;`)「やべ、こいつら危機意識がないウンコだった……死にすぎだろ……」

★★★

ー-
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)なんだこれは!?
--
†(´・ω・`)訓練所作ったら、死人量産施設になった。てへぺろ?
ー-
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ひでぇよ!?
--
†(´・ω・`)コメディ物ならワンチャンス……
--


パルメ「よぉーし!大勢の客をよんで大儲けするぞぉー!
デストラップだらけの鬼畜ダンジョン――」

「客を殺してどうするんだぁぁぁー!?お前ぇぇぇぇ!
悪評しか残らないよ!?」




8 件のコメント :

  1. デスマは主人公のやってる事が
    下手な魔王より鬼畜外道なんだよなぁ

    それに思い出してほしい
    デスマの主人公・・・こいつ「ゲーム開発の責任者」
    だったんだぜ?

    まあ、転生前に

    部下
    「敵強すぎて先に進めない不具合が発生してまーす」

    主人公
    「ええいめんどくさい。課金アイテムで
    大量殺戮魔法追加してサクっとレベルカンストに
    なれるようにすればいいやろ」
    「使うかどうかは自己責任な!!」

    という・・・すでに遊べるゲームを開発する事を
    放棄して集金装置と化したソシャゲの
    逃げ切り戦略みたいな事を平気でやる奴だからな

    返信削除
    返信
    1. web版にも書籍版にも漫画版にもアニメ版にも
      そんなシーンないんですが……。

      削除
    2. 恐らくこのシーンの事だと思われる。

      締め切りギリギリ
      部下
      「クライアントからもっと難易度下げろって指示が来てまーす」

      主人公
      「これ以上難易度下げたらメインターゲットのSLGゲーマー層にヌルゲーって叩かれるぞ!」
      「初回ニューゲーム時限定で使い捨てマップ全域ボムとマップ全域探査付けよう」
      「使う使わないはユーザーの自由にして、使わないでクリアするとレア称号ゲットとか使わない方向に誘導しよう」
      「これで文句言われたらアップデートパッチでなんとかしよう」

      削除
    3. これ以上難易度下げたらメインターゲットに叩かれるって言ってたのはクライアントやで
      締め切りギリギリで前言を翻したんや

      削除
  2. トラザユーヤ「(揺り籠とは別の)ダンジョンでエルフが死んでしもた」
    トラザユーヤ「エルフが死なない安全な訓練用ダンジョン作ったで」
    トラザユーヤ(´;ω;`)「ダンジョン怖がって誰も使ってくれへん」

    こんな感じやぞ

    返信削除
    返信
    1. (´ω`)揺り籠とは別じゃったか。

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!お前!勘違いしたな!?

      削除
    2. なお 揺り籠はエルフ以外は死ぬデスゲーム。

      削除
    3. 使用目的と注意書きが最初に書いてる時点で親切仕様

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が
復活します


最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。