╰( ^o^)╮自作漫画/2コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

【HUNTER×HUNTER】【漫画】ヒソカ「護衛軍より僕の方が強い◆」まじで?

8 件のコメント :

公開日: 2017年7月12日水曜日 HUNTER×HUNTER 管理人の文章 自作2コマ漫画 自作漫画 週刊少年ジャンプ





【HUNTER×HUNTER】 ☚まとめたページ

記事を日付順にブログで表示する( ;∀;)?



【漫画】ヒソカ「護衛軍より僕の方が強い◆」まじで? 2017
7/7

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)どういう事だー!?
性能だけなら、プロハンター協会の会長より強い化け物達(ピトー)より、ヒソカの方が格上だって!?

†(´・ω・`)ほ、ほら、自由自在にバンジーガムで戦えるヒソカは、工夫次第では誰よりも強いじゃろ?

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)いや、キルアの所の執事相手ですら、ちょっと苦戦してませんでしたか?ヒソカ……

†(´・ω・`)主人公のライバルキャラなんじゃから!
弱い訳がないんじゃよ!
そうしないと、再登場させた時、ただの残念なヤムチャキャラになってしまうじゃろ!

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ヤムチャをディスりやがった!この豚めぇー!
暗黒大陸に追放してやるー!

†(´・ω・`)嫌じゃぁあぁぁぁぁ!わしはモフモフな狐娘がいる世界で暮らすと決めておるんじゃぁぁぁぁ!


【HUNTER×HUNTER】 ☚まとめたページ

記事を日付順にブログで表示する( ;∀;)?(タグはHUNTER×HUNTERじゃ)

8 件のコメント :

  1. 別にヒソカが護衛軍より強い描写無くない?

    わざとやっていたとはいえ
    天空闘技場で圧倒的格下相手に
    腕を切り取られたりしてたし

    グリードアイランド編でも
    レイザーのボールを受け切るのに
    ゴンとキルアとも協力したうえで
    指を数本折られる程のダメージ受けて
    ようやく受け切れてたしなぁ。

    返信削除
    返信
    1. 2012年の冨樫先生「ヒソカとイルミは護衛軍より強いんだお!」

      (´;ω;`)作者が言っておるんじゃ……

      削除
    2. それ、ソースが見当たらないらしいよ。

      削除
    3. じゃあ、ただのデマじゃないの。
      作者が言ったんならとっくの昔にいろんなまとめサイトに載るはずなのに載ってないし。

      削除
    4. (´;ω;`)デマじゃったか……

      削除
    5. 富樫がそんな発言してたなら、ヒソカさんはネタキャラ扱いされていないんだよなあ。

      削除
  2. 戦闘技術と思考速度に判断力と高水準なヒソカが、高い身体能力と数が売りだけど生まれたばかりの蟻に劣るわけがないのは分かるし、一対一なら王以外には普通に勝てそうではあるけど、敵が強そうな蟻編で戦闘しに来なかったから今一強そうには思えなかったのよね。
    クロロ戦でとっても強い所がみられて満足した。

    返信削除
    返信
    1. そうなんだよねぇ

      なんかヒソカはまともに戦ったのは
      敵があきらかに格下って場面だけだし

      団長との戦闘でも
      ある意味身内での戦いで
      他の強い描写があったキャラとの
      戦闘とか全然してないからなぁ

      ていうか念能力で操られていたとはいえ
      所詮ろくに鍛えてもいない一般人風情に
      数で押されたとはいえ一度死んだしなぁ

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)


★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。