╰( ^o^)╮自作漫画/1~3コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

気に入った絵(m´・ω・`)m

20話「ロリのために労働しているが、俺はロリコンではない②~祖父との対面~」

4 件のコメント :

公開日: 2017年1月14日土曜日 吸血姫はアホ可愛い 自作小説





ゆっくり次に進むよ!

吸血姫はアホ可愛い】 ☚纏めたページ


※ネタバレ伏線 

問い。なんで、ブラドさんがイライラしているの?

答え。白真珠が娘と妻そっくりの銀髪美少女だから


ブログver

人生にやさぐれて絶望したサラリーマンのような男……ドナルド先輩と出会ったのは、俺が11歳くらいの年齢だったと思う。
その頃、先輩は冒険者支援学校で魔道学の講師をやっていて、とっても嫌そうな顔を全く隠さず、授業をやって生徒たちからは大不評だった。
昼休みになる度に『こんなクソガキどもに魔道教えるの面倒臭い』『ちょっと昼寝してくる』とセリフを吐いて、どっかにトンズラして授業をサボった事もある不良講師だ。
人生が面倒臭い、生きるのも面倒臭い、魔物を狩るのも生活のために渋々やっていて、とっても生きるのが不器用な人なのだが……最悪すぎる第一印象を覆すくらいに、魔道に関する知識が凄い男なのである。
敵対陣営である魔族から学んだとしか思えないくらいに、適当に話す内容が高度すぎて、生徒のほとんどが魔道の道をやめちゃうくらい、素人置いてけぼりの超上級者向け授業をやっていた……講師には全く向いてないから、すぐにクビになったそうだが。本に載っていない理論なども、面倒臭そうに話していた彼の事を、俺はよく覚えている。

「君、可愛いねぇ~。トモヤ君も隅に置けないなぁ~。小さくても付き合うなら性格が良い娘に限るよね~」

「お師様って有名人なんですか?なんか魔道学で有名とか言ってましたよね?」

通路を歩きながら……白真珠がドナルド先輩に聞いてしまった。俺の心臓がドクンッと脈動する。言ってない隠した過去と繋がっている内容なだけあって、激しく緊張して俺の心臓が痛かった。しかし先輩は俺のそんな様子を見て楽しそうに――言葉を続ける。

「そりゃね。最年少でプラチナバッジを獲得した有名人で、魔族に通用する魔法の開発者にして、しかも僕の後輩で生徒なんだ。知っていて当たり前だろう?」

「プ、プラチナバッジ!?」

「ほら、この胸につけている白い奴がプラチナバッジさ。まぁ銀バッジと区別するために白色に染めてしまったから豪華さの欠片もなくて残念なんだけどね。安っぽく見えるし、偽バッジだと希に勘違いする奴も出てきて大変で面倒だよ。白バッジとか言われて馬鹿にされた事もあるね」

「凄いです!お師様が元プラチナバッジだなんて!あれって100億円くらい稼げるトップ冒険者じゃないと駄目っぽい奴ですよね!たぶんっ!」

「おっと話はここで終了だ。この先がブラドさんがいる部屋だよ。選挙中だから普段はあっちこっち移動しているけど、トラックを使った爆弾テロがあったからね。念の為にここで休憩してもらっているのさ」

その部屋の扉は白かった。扉の両隣に並んでいる金バッジ冒険者の服も白い。黒づくめの俺達と、茶色のくたびれたスーツを着たドナルド先輩が異物に見えるくらい、何もかも真っ白だ。
ドナルド先輩が扉を開く。無遠慮にその先に行くと――誠実そうな白いスーツを着た、銀髪の初老の男性がいた。
強い意思を感じさせる青い目。それは人を惹きつける要素を持つ。腐敗臭を押し寄せない清潔さと頑固さがこのご老人から感じられた。間違いない……この男がブラド・パールだ。白真珠の祖父にして、悪徳都市を改革しようとする清潔派だ。
ドナルド先輩は面倒臭そうに、ブラドさんに話しかける。

「ブラドさん、彼らが護衛の仕事を受けたいそうなんですよ」

ブラドさんがチラリッと一瞬だけ、俺と白真珠を見た。銅バッジだと理解して侮蔑に近い視線を向けてくる。

「ふん、そんな銅バッジと小さな子供が何の役に立つ?盾か?囮か?情報収集の役にでも立つのか?」

「一応、そこの彼は元プラチナバッチの冒険者でしてね。僕よりもすごく役に立ちますよ」

「一体……どういう事だ?今は大事な時期なのだぞ?不確定要素を受け入れてどういうつもりだ?」  

「最近は物騒ですし、トモヤ君が手伝ってくれたら僕の仕事が減って楽ですしね」

「……ふんっ!貴様がそうまで言うならば護衛にしてやる!だが、ワシは信用せんぞ!せいぜい雑用でもやらせることだな!もしも、そいつらが失態を重ねるようなら……貴様もクビにするぞ」

……うむむ、ドナルド先輩とブラドさんの関係が悪化しつつあるようだ。やはり白真珠がいるから舐められているらしい。女冒険者は基本的にゴリラとか、カバとか、マンモスみたいな顔とか身体つきしている事が多いし、白真珠の小さくて可愛い外見だけで判断されてしまうと厄介だ。人は外見で9割くらい判断する生き物なのだから。
白真珠本人は、お祖父さんとの初めての出会いに緊張して、いつもの行動あるのみという積極性がなくなって、少し緊張しているようだ。

「あ、あの……そのう……お、おじい……」

「どうした小さな小娘?何か良い護衛プランでも持っておるのか?」

「いえ、あのおじい様……」

「依頼人の名前も覚えられないのか!?こんな子供をどうして連れてきたのだ!ドナルド!その男が役に立つとしても、この子供には帰ってもらえ!事務所は遊び場ではないのだぞ!」

ブラドさんは烈風の如く怒った。小さな子供にすら厳しいお方のようである。
白真珠は今にも泣き出しそうで、混乱して何を言えば良いのか分からないようだ。

「お嬢ちゃん、なんか得意技はあるかい?」

心配したドナルド先輩が助け舟を出してくれた。どうやら事務所前での無双っぷりや怪力をアピールしろと、言外に言っているようなものだったが、白真珠は泣き出してしまう。
真紅色のルビーのような瞳から、ガラスような綺麗な水滴が溢れ、白い床へと滴り落ちた。
追い打ちをかけるように、イライラしたブラドさんが大きな声で――

「全く役に立たないではないか!小さい子供をこんなところに連れ回すのはいい加減にしろ!冒険者の仕事を舐めるな!命が幾つあっても足りない地獄だっ!そんなに精神が弱いなら地球で暮らせ!」

とうとう白真珠は耐え切れなくなった。敬愛するお祖父さんに出会い、心を抉られる言葉の数々にノックダウンされ、泣いて部屋から飛び出す。両目を瞑っていたから壁という壁を体当たりでぶち破り、途中にいた金バッジ冒険者を吹き飛ばし、どこかへと去っていた。
……うむむ……大昔の漫画のような光景だ。壁が人型の形で綺麗に穴が空いていて不思議である。
素直に謝罪すると賠償金が発生しそうだったので、俺は逆転の発想で、マイナスの出来事を前向きに捉えて発言した。

「あの怪力が白真珠の得意技です。近接戦闘ならプラチナバッジ冒険者だろうとボコボコにできる自信がある良い娘です。では追いかけますので後でよろしく」

俺はツッコミが入る前に、問答無用で場を立ち去り、白真珠を追いかけた。その後ろからドナルドとブラドの声が聞こえる。

「いやはや……身体も頑丈なんだねぇ……。なるほど、ただのロリではないという訳かい。てっきり、小さい子供が大好きになったのだと思ったよ」

「怪力がすごくても子供は子供だ!これだから悪徳都市は腐敗していて困る!子供の頃からあんな仕事をしていたら――」

ブラドさんの小さな呟きが、なぜか俺の耳に印象深く残った。

「わしの……一人娘のように酷い目に遭うぞ……」
ーーー


(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)つまり、薄い本みたいな展開になっちゃう?

(´・ω・`)白真珠ちゃんの怪力で返り討ちじゃよ?

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ですよねー

ーー

ゆっくり次に進むよ!

吸血姫はアホ可愛い】 ☚纏めたページ

4 件のコメント :

  1. (´;ω;`)眠いからゆっくり明日修正

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)心の声で、こいつらが悪役だとばれちゃうよ!?

    返信削除
  2. (´・ω・`)ロリを泣かす鬼畜ジジィ!
    良いぞ、もっとやるのじゃ!

    返信削除
    返信
    1. (´;ω;`)悪役に需要があるなんてしゅごい(´;ω;`)

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。