╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

  ドラゴンボール  (´;ω;`)フリーザ軍って、星をいくらで販売してたんだ……?

9 件のコメント :

公開日: 2019年3月16日土曜日 ドラゴンボール 管理人の文章 自作2コマ漫画 自作漫画 週刊少年ジャンプ





2019
3/15


ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!フリーザ軍って、星の住民皆殺しにして、転売してますけど……
誰が買うの?そんなに大量の惑星……
ーー
†(´・ω・`)星に税金かからないし、不良在庫がたくさんあっても大丈夫じゃろ?
ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?購入者いないのに、次々、惑星を地上げしても、利益ないだろ!?
ーー
†(´・ω・`)地上げされたくないなら、金を出せ!って脅迫すればワンチャンス……
ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)星の地上げより儲かりそうだな!?
ーー
†(´・ω・`)(星を購入した後に、開発しないといけないから、金持ち宇宙人じゃないと辛いじゃろうなぁ……)



 ●記事を日付順にブログで表示する( ;∀;)?
ドラゴンボール☚まとめた記事

9 件のコメント :

  1. ナメック星も過去の異常気象では住民がほぼ殲滅したし危険な星は幾らでもあるんじゃろう。

    それに、フリーザって気に入った星は自分で所有してるらしいから、地上げは一種の趣味で本業は所有してる星の維持管理になるんじゃないかな

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)ザマスが喜びそうじゃな(人類減った的な意味で

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)(趣味で、原住民皆殺し……

      削除
  2. 母星を失った敵とかいっぱいいるし、そういうやつらが買うんだろ。
    クライシス帝国とかゼーラ星人とか。
    地球人だってマクロスFの連中とかヤマトの無印時代とかマブラブの人類なら喜んで買うだろ。

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)金なさそうじゃけど、借金すればワンチャンス……?

      削除
    2. 小松左京の短編で、我々地球人類が期限付きで地球を賃借
      していたってのがあった。
      先祖はなにを払ったのか知らないが、落ちぶれた我々では
      到底払いきれないだろうって。

      その後は、害獣として駆除されるか、実験動物かなにかか?
      多分奴隷の需要なんて、銀英伝みたいなステータスとしてか、
      ペット的な意味以外ではなさそうだし。

      削除
  3. 「うる星やつら」で使ったUFOタクシーの代金が地球全土の石油だったし、未加工資源の値段が安いんだよ、宇宙時代じゃ

    フリーザ軍も「売る星やつら」で同じ設定

    返信削除
    返信
    1. 未加工の資源で動く程度の技術はないと宇宙の移動なんてできないのかもね
      加工済みのものオンリーだと行った先で帰りの燃料が足りなくなったらヤバイ

      削除
  4. 物は大量生産出来るようになれば安くなる。地上げの効率的なシステムを構築して、大量に星を手に入れるようにしてあるから安く売れるんだろ。
    あと買う側も資源がそのままなら、開発して十分な利益を得られる。フリーザ側はその分
    損しているとも言えるけど、面倒な開発を人任せに出来ると思えば悪くない。

    返信削除
  5. ナッパが街をクンッで吹き飛ばしたときにベジータが「値段が高くなるからやりすぎるなよ」と草生やしていた場面に考察の余地がありそう。

    先住の文明を破壊して更地にするよりもそのままインフラを使ったほうが安上がりになるとかそういうのなんだろうか。

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。