╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

本好きの下剋上 (´・ω・`)青色神官って、めっちゃいい階級やな!孤児娘を食べ放題やんけ!

9 件のコメント :

公開日: 2019年3月12日火曜日 管理人の文章 自作3コマ漫画 自作漫画 小説家になろう 本好きの下克上






2019/3/11

小説家になろう ☚全てまとめたぺーじ【なろう】略称
本好きの下克上】←まとめたページ
日付順に記事をブログで表示する?

青色神官(´;ω;`)うぇーん!魔力少ないから神殿暮らしとかいやだぁー!
魔術も扱えない!

孤児娘

青色神官(´;ω;`)……でも、孤児の女の子とやりたい放題やんけ!

青色巫女( ´ ω ` )魔力の大小の関係で、平民とやれば子供できないやんけ!セックスし放題やな!⇒子供できて自殺


ただし、魔力のない平民との間に子供ができると……貴族社会に戻れないのだ
平民並に魔力低いウンコって事だし……



★★★


--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!?貴族以外の命が超低い世界だから、うっかり子供でも出来たら、絶望しかないぞー!?
--
●( ´ ω ` )でぇじょうぶだ!魔力が高ければ、平民との間に子供できないじゃろ!

--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)孤児娘たちの方からしても、ある意味、お手軽な相手なのか……?
でも、灰色巫女って妊娠したら処分じゃなかったけ……?
--
●( ´ ω ` )確かに、妊娠した灰色巫女は処分とかナントカって、原作であったのう……
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)(貴族の血をひく子供を妊娠したら、殺されるのか……?)

9 件のコメント :

  1. (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜ 先生ぇー!どんな扱いなのか思い出すんだ!


    偉い人「灰色巫女は、外見がいいやつはセックス接待用!
    妊娠した奴は処分!
    ブサイクなやつは、下働きとして貴族に売る!」

    (´・ω・`)こんな感じ?

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜ 本当に……こうなのか……?

    返信削除
  2. 全く読んだことないんだけど、そんな終末世界なのか、その原作は?

    返信削除
    返信
    1. パルメさんが取り上げてるのは極一部という闇の深さだゾ

      削除
    2. >全く読んだことないんだけど

      Web版は無料なんだから読んでみればいかが?
      好き嫌いは別れるが、読み応えある作品だよ

      削除
    3. お貴族様の魔力で世界が保たれてるから、文字通り平民はお荷物。

      削除
    4. 農地の肥やし(になる魔力)は貴族や神官の提供だけど、世話するのは農民だし(震え声

      領主の直轄領では魔力が足りないから領民減らしていいや、となってたけど、地方貴族の土地の領民は「納税者だから大切にしろ」とも言ってたしね。生産規模に釣り合う労働者数が欲しいんや

      削除
  3. >青色神官って、めっちゃいい階級やな!孤児娘を食べ放題やんけ

    (´;ω;`)そんな甘いものじゃないお……
    あの世界で青色神官の立場は、貴族の落ち零れ&庶子の捨て場みたいなものなんだお
    部屋住みにも成れない、貴族家系の魔力持ちをストックして、魔力タンク扱いしているだお……

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)ま、魔力があれば、貴族を大量粛清した影響で、貴族に戻れるチャンスあるし……

      削除
  4. 職場と寮が同じ敷地にある上にほぼ敷地内で一生籠りっ放しになる生活だからなあ
    実家の仕送りが少ない奴は食事もしょぼいし楽しみはソレくらいしかないんだろう

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。