ハリー・ポッター (;゚Д゚)七巻で部数が4億5000万冊やて!?売れすぎやろ!

10 件のコメント :

公開日: 2019年6月4日火曜日 コスト度外視漫画 ハリー・ポッター フルカラー絵 管理人の文章 自作漫画






2019/6/4

小説家になろう ☚全てまとめたぺーじ【なろう】略称
ハリー・ポッター←まとめたページ
日付順に記事をブログで表示する?


★★

ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!売れすぎだろー!
分厚い高い本なのにー!
--
†(´・ω・`)最強じゃな?

ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)どういう所が魅力的なの?
--
†(´・ω・`)愛と勇気とホモの物語?

ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?同性愛要素あるけど、そこはいらないだろ!?

--
†(´・ω・`)ドラグ・スレイ●!

ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)それはスレイヤーズの魔法だ!
--
†(´・ω・`)アバダ・ケダブラ!
ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)即死魔法は駄目だろー!?

10 件のコメント :

  1. (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)なぜ、こんなに売れた?!

    (´ω`)(世界規模の大ヒット……すごいのう)

    返信削除
    返信
    1. 一巻だけ読んだけどマジなんで受けてるのかわからん。日本のラノベや、なろうの作品でもこれより上の沢山あるんじゃないか、って思える出来だったけどなあ

      削除
    2. >なろうの作品でもこれより上の沢山あるんじゃないか、って思える出来だったけどなあ

      (´ω`)そりゃ、イギリス人が書いた小説じゃしのう。
      日本人向けじゃないし……

      削除
    3. 翻訳者の日本語力がリアル鬼ごっこレベルだからなぁ・・・・・・

      削除
  2. 映画はまだ映像が面白いからわかるけど、魔法を文章だけで想像するのは面倒な今日このごろ。

    実際幅広い年代にこれが受けるんやったらなろうもちょっと改変すれば売れるんやろうか?

    返信削除
    返信
    1. (´ω`)なろうの場合……

      (´;ω;`)皆が作品量産しすぎるから、客も分散されて打ち切りしまくり……?

      削除
  3. >分厚い高い本なのにー!

    こういった~冊売れたーって本の話を聞くたびに思うんだけど、買った人のうちどれぐらいの割合の人が最後まで読んだんだろう?

    返信削除
    返信
    1. 1巻は読んだぞ、全部な、なお、2巻は力尽きた模様、面倒なんだよね、注釈読まないと時々意味不明だし。あれを英語の勉強に原書で勧めたやつは日本人じゃないか、絶対に読んだことがないと確信したね

      削除
    2. 英語初学者が使う教材に
      トランプツイートとその和訳がいいときいたことがある。

      かろうじて英語がわかる人向けに書かれてるんだと。

      削除
  4. ほぼ受け売りだけど
    その学年に起こった事件に焦点をあてるコンパクトな構成
    前巻から今までの説明→事件発生→調査→解決→その後、という展開を守り続けた
    ハリー以外のキャラクターがしっかり描かれている
    一巻から最終巻まで一貫して、主人公勢vs闇の勢力というわかりやすいテーマ

    大枠で読者の期待や予測を裏切らず、エピソードの内容で期待と予測を裏切るという作り方
    いわゆる売れる作品に共通する項目っていうのがきちんとできていたから売れた
    似たような構成なのは奇しくも同じ英国のシャーロック・ホームズシリーズなんかが当てはまる
    それにしても売れ過ぎではあるが

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。