賢者の孫 (´;ω;`)帝国民が全滅したのって……ほとんど餓死したからじゃ……?

11 件のコメント :

公開日: 2019年6月20日木曜日 管理人の文章 賢者の孫 自作1コマ漫画 自作漫画 小説家になろう





2019/6/19

小説家になろう ☚全てまとめたぺーじ【なろう】略称
賢者の孫】←まとめたページ
付順に記事をブログで表示する?
魔人(´ω`)俺のターン!魔物を大量生産して、首都破壊!
ーー
帝国人(´;ω;`)ふぁっ!?
00
魔人(´ω`)橋を破壊して、食料を輸送できなくする!
ーー
帝国人(´;ω;`)町からでないと、飢え死にしちゃう……
00
魔人(´ω`)(魔物がうじゃうじゃ量産してる外で、一般人が食糧調達できるんか……?)

帝国の人口がゼロになったそうな
★★★


--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!最低な推理はやめろー!
普通に殺されるより酷いじゃないかー!餓死っー!
-
†(´・ω・`)食糧なくなって餓死って、生き残っても魔人に殺され……大変じゃな?
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)帝国に転生してこい!
-
†(´・ω・`)賢者の孫がいる国に亡命するぞい!
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こらー!?大抵、亡命したら家族が酷い目に遭うだろ!?ああいう国家は!
-


11 件のコメント :

  1. (´ω`)全ての町や村を破壊すると?

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)人民は山とかに逃げる?

    (´ω`)(人里なくなると、野良の魔物に襲われて全滅しそうじゃな)

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)(どうやって、そんな大魔境で文明築いたんだ……?)

    返信削除
    返信
    1. 矢切の渡しを否定するパルメさん

      削除
  2.  江戸時代 大井川に橋が無かったりしてたけど なんとかなったから 何とかなるんじゃないかな?  近代まで水運が物流のメインだし

    返信削除
    返信
    1. (´ω`)原始的な舟が最強じゃったな。そういえば……

      削除
  3. 今でもアフリカの奥地とか、陸路で行けない場所は、小型船で物流支えてるよ。

    エボラ出血熱の流行地域がそれ。 
    不幸な事に、ここ20年くらいは、道路とか物流が盛んになってきたので、エボラが広まることになった。

    返信削除
  4. 多分、この作者、田中芳樹の七都市物語で、敵軍を分断するのに橋を落とすとか計略つかったのインスパイヤしたかったんだろうが、中世から近代の物流を理解してないから、滅亡ほどダメージが無いの気が付かない?

      毎年、爆弾低気圧とかで貧弱な橋が流され大雨が来るたびに辺境とか滅亡してる事になるぞ。

    返信削除
  5. 包囲殲滅陣「やれやれその程度で崩壊する何て貧弱な物流ですね。うちの軍を見習ってほしいものです」

    返信削除
  6. 橋の崩落とかもはや本質的にはあんまり関係ないほどメチャメチャな数の魔物だしたんやろ
    この魔人とやらはゲームする時、本編よりイベントの雑魚の大群を何匹倒せるか記録に熱を上げる、そんなタイプなんやきっと

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)つ、妻を愚民どもに殺された復讐だし……(愚民どもを皆殺しにした後は、燃え尽き症候群な模様

      削除
  7. 水棲生物の魔物も大繁殖させて河川の運搬も封じたとか……
    あ、意外にあるかも。
    水中からある程度攻撃力ある魔物に襲われたら、河川用の小さな木造船なんか簡単に沈むだろうし。

    返信削除
  8. アシカとかペンギンみても 水が得意な生き物は 水上だとものすごくノロマになって、簡単に撃ち取られそうな気がする。

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。