╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

なろう(´・ω・`)100年間、魂の牢獄で苦しむ技やで!大会で殺人技使ってもいいんやで!●一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた

8 件のコメント :

公開日: 2019年6月13日木曜日 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた~落第剣士の学院無双 管理人の文章 自作1コマ漫画 自作漫画 小説家になろう




主人公 最初のトーナメントで10連勝した後に決勝って言ってたけどトーナメント参加人数2048人に成るけど良いんかな?
ワンデイトーナメントで参加人数2000人超えって凄くない?
学園まで三時間掛かる所に建ってる学園寮とか…
返信削除
返信
  1. (´ω`)超マンモス学園設定にすればワンチャンス……


2019/6/11

小説家になろう ☚全てまとめたぺーじ【なろう】略称
一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた~落第剣士の学院無双】←まとめたページ
日付順に記事をブログで表示する


主人公(´ω`)大会に出場よー。十数億年修行した成果で無双ー
ーー
カイン(´;ω;`)100年間、魂の牢獄に封じる技をくらえー!
お前の心は死ぬ!
ーー
主人公(´ω`)100年間修行したわ。1億年に比べると、あっという間で短いのう。
ーー
カイン(´;ω;`)ふぁっ!?なんでや!?
心を壊す殺人技やで!?
ーー


この大会、やばくないか……?普通の殺人よりやばい技だぞ……
拷問しまくって殺すようなもんだし……
★★★

--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!やめろー!
肉体を壊さなければ問題ないだろー!
--
†(´・ω・`)でも……この技やばいじゃろ……?
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)世間に広まったら、苦しみまくって廃人になる人が続出するけど……問題ないだろ!
肉体は生きてる!
--
†(´・ω・`)(1億年って、100年を100万回繰り返したら、到達する数字か……
鬱だ死のう……娯楽なしで1億年は辛そう……)

8 件のコメント :

  1. なんで意識を加速させる必要があるの?
    体も100年経過すれば死ぬのに

    返信削除
    返信
    1. 100年分体の時間を加速させたら技掛けた側が無抵抗で殺されえるだけだ
      相手を強化してどうする

      削除
    2. 魂の牢獄云々言ってるけどブリーチの超人薬みたいに時間間隔を加速させるだけ?

      100年、異空間などに封印できるなら体ごと封印して寿命で死なせればいい。
      時間間隔の加速なら、自分を上げたらいいのに。適量なら恐ろしいことになるし

      削除
  2. 強制的に正気を維持する機能が、一億年ボタンの異世界にはあった可能性があるが(感情の動きを制限するようなことは書いてあった)、こっちの技ではそれがないなら、やっぱり発狂すると思うが。

    全般的に設定が雑、ってのは感じる

    返信削除
    返信
    1. (´ω`)に、人気があるから、設定がすごく雑でも、たぶん勢いでなんとかしている可能性が微レ存……

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ネタ小説としてなら、序盤から一流だし……

      削除
  3. 剣術学園なのに授業で教えられたのは、素振りの仕方と体の鍛え方だけで型とかは教えて無いらしい。
    入学金や授業料取ってそれって凄くない?

    返信削除
    返信
    1. (´ω`)か、型を持たない流派の可能性が微レ存……

      ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)無の型!型を持たぬが故に、選択肢は無限!

      削除
  4. ジュウザ!ジュウザじゃないか!

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。