北海道「カニが高すぎて……缶詰工場閉鎖……」

9 件のコメント :

公開日: 2018年5月18日金曜日 ニュース 経済 現代日本 自作2コマ漫画 自作漫画 平成の歴史 北海道





平成の歴史+日本の歴史】☚まとめたページ
事を日付順に表示する(´●ω●`)?
北海道☚今回の件(´ω`)

(´・ω・`)簡易解説ノ゜ω゜ 2018/5/17

ーー
北海道(ノ✖ω✖)カニを加工して販売するぞー
ーー
中国(´●ω●`)カニ?こっちで食べるお
ーー
北海道(ノ✖ω✖)ロシアさん……
ーー
ロシア(´●ω●`)カニの輸出入の手続きを複雑にしたった!
ーー
北海道(ノ✖ω✖)うわぁぁぁん!工場閉鎖するしかないよぉー!
ーー

(´・ω・`)ソース´・ω・`)



★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!大変だぁー!
ーー
†(m´・ω・`)でぇじょうぶだ!カニは缶詰にするより、そのまんま食った方が需要あるべ!

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)そういう問題か?!
ーー
†(m´・ω・`)周りからカニの缶詰がなくなったら……食わないから、想像できないのう……
他の食料品も値段があがるのがテンプレだという事はわかる。

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)無理して想像するな
ーー
†(m´・ω・`)(稚内は、北海道の一番北っぽい場所にあるから……たぶん、産業少なくて、貧乏な地域じゃな。地理的にかんがえて……
そうなると、工場が閉鎖するのは、地域的に痛い……?)

9 件のコメント :

  1. (´・ω・`)カニの缶詰っておいしいのかのう……

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)くった事がないのか!?

    返信削除
    返信
    1. 手に入ったときは卵焼きとかサラダにしてる。
      まあそれなりには。

      削除
    2. (´・ω・`)サラダに合うんじゃな

      削除
  2. こうして桃鉄の物件がまた一つ消えたのだった

    ……と思って調べてみたら稚内に缶詰工場があるのは初期(FC版~SFC版あたり)だけだったわ

    >正社員と契約社員、あわせて50人については、道内外の工場への転勤を勧め
    るほか
    これも調べてみたけど他の工場って富良野・釧路・森・青森と随分離れた所にあるみたいだけど転勤希望者いるのかなあ?

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)どれも遠いのう……(工場で働かせるために、社員を海外に飛ばしまくった話を思い出した)

      削除
  3. 蟹工船の出番だな!!
    監督を呼んで来い!!

    返信削除
  4. こりゃ確かソ連解体前後の話だったと思うけど
    ロシアさんは本来日本人が食すハズのカニを
    投げ売り同然の価格で貪ってた模様
    万金クラスの蟹が脚一本なら駄菓子並の値段とか

    返信削除
    返信
    1. 果たして、本当にそのカニはロシア人の口に入っていたのだろうか?
      末期のソビエトなんて、「モスクワで肉配給の行列にならんだら、列の末端が隣町まで続いていた」という位に食糧事情が悪化していたからな~
      カニなんて保存の難しい食材が、本当に流通できたのだろうか??

      削除
    2. となると北方領土限定の話だったんだろうね
      昔のおぼろげな記憶だけど
      社会科のセンセが持ってきた写真やビデオ
      だと日本円にして10~100円台で投げ売りされてたらしく
      恐らく獲ったはいいものの
      加工技術が未発達なもんで現地で腐らせてたのやもしれん

      …そーいや近代的な加工工場が出来たって
      ニュースがメドベージェフの頃あったけど
      まさか……

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が
復活します


最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。