╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

鳥取県「鳥取砂丘に来てポケモンGOをやろうぜ!」 観光客誘致

6 件のコメント :

公開日: 2016年7月30日土曜日 ニュース ポケットモンスター 事故/犯罪/汚職 平成の歴史




《今期の大ニュースポケモンGO

平成の歴史+日本の歴史】☚まとめたページ
日本ジャンルの総合ページ  世界の事故・犯罪●日本の犯罪・事故

鳥取県「鳥取砂丘に来てポケモンGOをやろうぜ!」 観光客誘致
2016
7/25
現在の話題【ポケモンGO
(´・ω・ `) 解説(-ω-)         


鳥取県(-ω-)ポケモンGOの拡張現実の人気やべぇぇぇぇ!!
この人気を利用して、観光客を誘致してチートする!



ポケモンGO(´・ω・ `)皆!鳥取砂丘に来なよ!
たくさんアイテムがあるよ!





によると、砂丘内に100本以上ある砂の移動を調べるための杭付近には、「ポケストップ」というポケモンを捕まえるアイテム(武器や道具のようなもの)が手に入る場所などが割り当てられているという。


(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ー!
任天堂と協力して、レアポケモンを出したら!
とんでもない利権になりそうですね!



(´・ω・`)うむ、どうせブームは3ヶ月くらいで終わるじゃろうしなぁ。

今のうちに、どんどん売りに出した方がええのう。
ブームの間だけ、価値があるんじゃよ?



(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)そんなー!?







(´・ω・ `) ソース (´・ω・ `)     

 
スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」の人気を観光客誘致につなげようと、平井伸治知事は25日、鳥取砂丘(鳥取県鳥取市)を「スナホ・ゲーム解放区」とすることを宣言した。この日の定例会見で「鳥取砂丘は広大で安全にゲームを楽しめる。夏休みの旅の目的地としてもらいたい」と述べ、利用者に積極的に砂丘を訪れてもらいたい考えを示した。宣言の「スナホ」は砂とスマホをかけた。
県によると、砂丘内に100本以上ある砂の移動を調べるための杭付近には、「ポケストップ」というポケモンを捕まえるアイテム(武器や道具のようなもの)が手に入る場所などが割り当てられているという。
宣言は県砂丘事務所のホームページに掲載された。宣言では、「掟(おきて)」として、熱中症になったり、事故を起こしたりしないよう注意すること、砂丘の生き物や人に迷惑をかけないこと、雄大な砂丘の景色などを楽しむことが明記されている。

   

ユリアン(´・ω・ `)提督!どうしましょう!
ポケモンが人気すぎて!僕たちの存在が霞んでします!



ヤン  (-ω-)ぎ、銀英伝を、人気にするにはどうすればいいんだ……!
こうなったら、銀英伝GOを開発するしかっ……!



メルカッツ (´・ω・`)(ポケモンGOしゅごいな。
現実の企業と提携する事で、莫大な利益を生み出している時点で……集客力がしゅごい)

6 件のコメント :

  1. ストップとジムの配置場所を考えないと砂丘荒らす馬鹿出そうだけどな。

    返信削除
  2. 銀英伝キャラと対戦してゲットするのか?
    オフレッサーが一番入手しにくそう。
    ヤンは出現率低くても出会いさえすれば簡単にゲット?
    対戦に知恵比べの要素が強くなれば逆転かな?

    返信削除
  3. パルメさん。パルメさん。プーチンがポケモンGOをスパイ目的だと言って禁止するそうですよ。

    返信削除
    返信
    1. ポケモン(´・ω・`)そんなー!?

      削除
    2. 禁止って営業許可とかなにかを出さないこと?
      それとも物理的にやらせない方法があるの?

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。