シンフォギア (´;ω;`)ラスボスぼこれるのに、ノイズ相手だと一撃で即死するから、風鳴弦十郎は少女たちの戦いを見守る事を強いられているんだ!

9 件のコメント :

公開日: 2019年7月16日火曜日 管理人の文章 自作2コマ漫画 自作漫画 戦姫絶唱シンフォギア






2019/7/15

戦姫絶唱シンフォギア】←まとめたページ
日付順に記事をブログで表示する?





風鳴弦十郎(・ω・`)映画をみて模倣すれば、ラスボスのフィーネをぼこぼこにできるくらい強くなれる!

(;゚Д゚)

風鳴弦十郎(・ω・`)作中最強すぎる男で指導者だけど、ノイズ相手だと、触れた時点で炭素にされて即死するから、前線で戦えないんだ!

(;゚Д゚)

風鳴弦十郎(・ω・`)つまり、食事と映画鑑賞と睡眠さえとれば、ラスボスをぼこれる!

★★★


-
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!この人だけ、ギャグ時空だぞー!
--
†(´・ω・`)こ、この人が活躍できるようになったら、美少女ヒロイン達は平和な日常に戻っちゃうもん……
-
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)あと、なんか、分身できる忍者とか、いるんですけど……
--
†(´・ω・`)うむ、OTONAじゃな
-
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)OTONAってすごいんですね……
という事で、先生もきっと強いんですよね?
たくさんアニメ見てるんでしょ?
じゃ、転生してノイズを駆除してくださいよ。
聖遺物なしで
--
†(´・ω・`)!?

9 件のコメント :

  1. (´ω`)あなたは東京在住だ

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?疎開した方が安全だろ!?

    (´ω`)逆に考えるんだ。田舎でノイズ発生したら、街壊滅じゃろ?

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)……(戦力分散して、ノイズバラマキてろが一番最悪だろうなぁ……)

    返信削除
  2. ノイズに対する攻撃手段が無いだけで作中最強の人物だっけ。
    主人公達が付けてるパワースーツの研究が進んで付けられるようになったら主人公達いらなくなりそうだな

    返信削除
  3. スマホの戦姫絶唱シンフォギアXDだとイベント中でRN式回天特機装束ってのが出てきてノイズと戦えるみたいだね

    ピクシブ大百科 RN式回天特機装束
    https://dic.pixiv.net/a/RN%E5%BC%8F%E5%9B%9E%E5%A4%A9%E7%89%B9%E6%A9%9F%E8%A3%85%E6%9D%9F

    あくまでシンフォギアのいない並行世界で、みたいだけど

    返信削除
    返信
    1. >でシンフォギアのいない並行世界で、みたいだけど

      (´ω`)

      (´д`)つまり、美少女ヒロインなし……

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?少女兵に戦わせている現状が可笑しいだけだからな!?

      削除
    2. 美少女じゃないけど、ヒロインの桜井了子(フィーネ)さんがいますよ

      削除
    3. (´ω`)

      (´;ω;`)月を落とそうとした黒幕じゃないですかー

      削除
    4. 大丈夫。平行世界の(比較的)綺麗なフィーネさんだから。面倒見が良くていざとなれば自ら最前線に立つOTONAなフィーネさんです。

      削除
    5. 「シンフォギア」が無いせいでガチで無双状態の弦十郎にRTA並の速さで計画を阻止されて奇麗なフィーネさんのまま味方になったという世界線だからな…

      削除
    6. (´ω`)そうか、シンフォギアないと、フィーネは雑魚か……

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)結婚しちゃえ★

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。