╰( ^o^)╮自作漫画/1~3コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

気に入った絵(m´・ω・`)m

【グイン・サーガ】「スカール、グル族に迷惑かけすぎている件」

2 件のコメント :

公開日: 2017年2月3日金曜日 グイン・サーガ 管理人の文章

 _/\/\/\/|_
 \       /
 < イエーイ!! >
 /       \
  ̄|/\/\/\/ ̄
   ┏━━━━━┓
   ┃ / \ ┃
   ┃/___ \┃
   ┃ /   ヽ ┃
   ┃{0}/"ヽ{0}┃
   ┃| ヽ_ノ |┃
   ┃リ `ー′ リ┃
  /彡━━━━━ミ\
 || /   ヽ ||
 || {0}/"ヽ{0} ||
  \\| ヽ_ノ |//
   \リ `ー′ リ /
   |     |



グイン・サーガ☚まとめたページ
「スカール、グル族に迷惑かけすぎている件」 2017
1/27
日付順に記事を表示する?


グル族「草原最強の騎馬民族だぜぇー!アルゴスの黒太子スカール様に従います!」

スカール(´;ω;`)じゃ、ハンニバルの真似をして、アルプス山脈超えみたいな無茶な進撃路を通るお。
中原の秩序を乱したモンゴールをボコボコにするお。パロを助けるお


グル族「うわぁ、序盤からひでぇ」

スカール(´;ω;`)今度は、ノスフェラスへ遠征するお。砂漠だらけで大変だけど、死んだ馬の血液をすすって、宇宙船の放射能を浴びながら前進だお


グル族「ちょおま!?放射能の塊へ遠征だと!?」

スカール(´;ω;`)放射能に被爆して辛いお。
中原に戻ったら、山賊やっているイシュトヴァーンに襲われて、嫁のリーファが殺されたお。
付き従ってくれるグル族の皆が死にすぎてやばいお。


グル族「太子様!復讐戦を手伝いますぜ!」

スカール(´;ω;`)これから100巻以上、イシュトヴァーンの首を狙って戦うお。


グル族「あ、ゴーラ帝国との戦いでまた死んだ……というかグラチウスまで参戦して、被害が多すぎる……」

スカール(´;ω;`)グル族の働き手がほとんど死んでしまったお。おかげでグル族の勢力が激減して大変だお



グル族「まだまだ慕いますぜ!太子様!」

スカール(´;ω;`)今度はミロク教の聖地ヤガを調査するお


グル族「キタイの竜王の侵略拠点だった。連れてきたグル族の皆が全員戦死してもうた……」

スカール(´;ω;`)とうとう、おれ一人になってもうた……


(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!なんだ!?この迷惑のかけっぷりは!?


(´・ω・`)こんだけ迷惑かけて、グル族の男の大人をほとんど死なせても、スカールには慕われる人望って奴があるんじゃよ?

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)グル族はどMか!?

(´・ω・`)広大な砂漠を遠征して、放射能にやられたり、水不足で死んだり、イシュトヴァーンを追い掛け回して、その度に死んだり……地獄じゃな?

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)(なんだ、その罰ゲーム)





グイン・サーガ】☚まとめたページ
日付順に記事を表示する?

2 件のコメント :

  1. (´;ω;`)グル族だけに、グルヌーに突入して被爆して破滅するのは運命だったのだ……

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)昨日の記事と同じネタやるなよ!?

    返信削除
    返信
    1. そういえば、イシュトがスカールに負けて逃げた時、残されたゴーラ軍が無事だった理由って何かありましたっけ?イシュトが負けて士気が最低のゴーラ軍が怒れるスカール軍から逃げ出せそうにないんですが。あの時はマルコも不在でしたし。

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。