╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

ベルセルク (´;ω;`)作者……もう53歳なんだな……

7 件のコメント :

公開日: 2019年8月25日日曜日 フルカラー絵 ベルセルク 管理人の文章 自作漫画





2019/8/25
ベルセルク】←まとめたページ



作者(´・ω・`)新作だすで!ドゥルアンキ!
ギアントマギア!(1巻で終わり)
ベルセルク放置して、新作やで!

ーーーーーーーーーーーーーーーー
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!ベルセルクが完結する前に、作者が死ぬぞー!
--
†(´・ω・`)……じゃ、ガッツが妖精島から出て、グリフィスを討伐しにいく?
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?幸せを放棄させる気か!?
--
†(´・ω・`)妖精島が、グリフィスの部下に襲われて壊滅して、キャスカ死亡。
ガッツが復讐鬼になって、また修羅の道ってのはどうじゃ?
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ひ、ひでぇ!貴様は悪魔だ!
幼女転生して、初期鷹の団に入団しろ!
--
†(´・ω・`)ふぁっ!?生き残ったら地獄いき!?
さっさと戦死した方がマシじゃろ!?

7 件のコメント :

  1. グリフィスが新鷹の団を率いて、妖精島に攻め込み、キャスカを拉致する。
    ガッツはキャスカを取り戻すことを決意して、ファルコニアに行く。
    ガッツがファルコニアに行くと、蝕が起こる。
    グリフィスと対決して、決着をつける。
    …というのが、ベルセルクの完結までの大雑把なストーリーで、
    グリフィスの妖精島侵攻で一巻、ガッツがファルコニアに行くまでで二巻、
    ファルコニアに着いてから蝕が起こるまでで一巻、
    蝕+ラストバトルで二巻、で、合計六巻もあれば完結できるやろ
    (ワイの勝手な予想)

    返信削除
    返信
    1. (´ω`)俺のターン!ファルコニアを生贄に、グリフィスを強化!

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?神話の時代がまた暗黒時代に!?

      (´ω`)そしてラストバトル!グリフィスの体の一部は、ガッツの息子で出来ていた!麻痺の状態異常発生!
      グリフィスはドラゴン殺しに切られて死んだ!

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)おしまい

      削除
  2. ベルセルクは作者が書いてみたいもの編集参加の上書いたら、予想以上の成績を出したからとりあえずがんばってダラダラ続けてみた
    だけどネタ切れになっても編集が終わらせてくれないし終わらせ方が分からなくなっただと思う
    ドラゴンボールとかと一緒で作者想定の初期最終回はできなくなってるんだろうなぁ、と

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)なるほど、そういうことか

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)グリフィスが強くなりすぎたもんなぁ……

      削除
    2. グリフィスはもう軍団持ってるから倒すなら一騎打ちか連合組んでその一員として部隊率いて連合の他の部隊がグリフィス軍ひきつけてる間にグリフィスをガッツ部隊が奇襲。ぐらいしか無いからの。
      チカ先生ばりのコーヒー決めて強行軍やるなら完結まで持っていけるかもしれんけど歳だから無理だろうし
      もう原作と監修だけやって誰かに書いてもらった方が良い気が・・・。
      まず間違いなく完結する前にお亡くなりになると思うわ。

      削除
    3. 読者(´・ω・`)贄!贄!作品のための贄!

      作者(´;ω;`)この年で無理したら、死んじゃう!

      削除
    4. なおゼロの使い魔……

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。