ドラゴンボール  作者(´;ω;`)5億円稼いでも……税金で4億が消える……

14 件のコメント :

公開日: 2019年3月16日土曜日 コスト度外視漫画 ドラゴンボール フルカラー絵 管理人の文章 自作漫画 週刊少年ジャンプ




2019
3/15


ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!どういう事だぁー!?
税率8割だぞー!当時の漫画家っー!
ーー
†(´・ω・`)……アシスタントとか、雇わないといけないのに、税金高すぎるじゃろ……
税理士が無能だったのかのう……
ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)会社側が、税理士やとってくれないの……?
ーー
†(´・ω・`)アシスタントに払う給料とか、経費にならんのかのう……
ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)(漫画家……あんまり儲からない仕事なのに、ひどいな……
売るの失敗したら、借金づけになったりするんだろ……?)


 ●記事を日付順にブログで表示する( ;∀;)?
ドラゴンボール☚まとめた記事

14 件のコメント :

  1.  アシスタント代は必要経費だから控除できますよ。
     ケチらず、払ってやれよ。


    返信削除
    返信
    1. 税率8割って何かおかしいような……
      必要経費を税金に足して勘違いしてないか?

      削除
    2. (´・ω・`)税理士さんを雇えばワンチャンス……

      削除
    3. >税率8割って何かおかしいような…

      http://livedoor.blogimg.jp/paruparu94/imgs/d/7/d78b53ff.jpg

      作者(´;ω;`)税金で4億3000万円くらい持って行かれた

      (´・ω・`)って、記事の下の方に書いてある

      削除
    4. 83年頃まで、所得税の最高税率は75%でした。
      これに住民税や事業税がプラスされます。

      削除
    5. ドラゴンボールが連載されていた当時は、所得税の累進が最大で6割くらいいくし、住民税も所得に比例して課税されるから
      所得税と住民税合わせて8割ってことだと思う
      その上でおそらく確定申告をしていなかったから、控除もなんもなくそのまま徴収されたって感じ。

      削除
    6. 如何に欲しいものを必要経費に放り込むかが肝要だな(´;ω;`)
      遊ぶ間もなかっただろうけれども……

      削除
    7. いくらでも節税方法あるから実際は丸々持ってかれてるわけではない

      削除
    8. これをそのまま受け取るなら確定申告してなかったという結論になるけど……
      知らないって怖いね

      削除
    9. 常識で考えたら、出版社とかが税理士紹介するんだろうけど、
      編集の立場からしたら作家が金儲けて満足して書かなくなったら搾取できなくなるから、
      作家には無知なまま大損こいてもらう愚民化政策進めてたんだろうね。

      削除
  2.  自社ビルくらい買えるんじゃないかな?金利低いから、引退後も考えて大家でもやったらどうかと。

    返信削除
  3. 印象としては各種著作権でもっと収入ありそうだけど。
    あれだけ大々的にコンテンツふりまいていて
    5億円程度の収入なの?とビックリした。

    返信削除
    返信
    1. すくなくとも、海外展開分は作家には一切入ってこない契約になっていると聞いたことがある。

      削除
  4. だから税金逃れしてたんだな
    パラダイス文書話題にならなかったけど

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。