╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

ゲームな世界に逝きたい(TS) 最終話(+オマケ話

9 件のコメント :

公開日: 2019年8月6日火曜日 TS ゲームな世界に逝きたい ストーリー漫画 管理人の文章 自作漫画

←前に戻る次に進む→


  【
ゲームな世界に逝きたい←まとめたページ






←前に戻る次に進む→


  【
ゲームな世界に逝きたい←まとめたページ



2019/8/4

ゲームな世界に逝きたい←まとめたページ
日付順に記事をブログで表示する?





ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!これでいいのか!?
--
†(´・ω・`)……WEB連載で、長編って難易度高すぎるから、短編連載でいいや……
長編だと、皆、コメントしてくれないもん……
ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こらー!?
--
†(´・ω・`)毎日、長編漫画を描くのは、それなりに慣れそう……


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オマケ話



意外性
マスター「無茶をして
死にまくると衰弱しますよ?」

「私たちの身体は、
精神が具現化したものです
本物の身体と比べれば容易く朽ちて
死に果てます」

エル「……」

「ほら、見なさい。
あのきつねっこ達みたいに
毎日のんきに過ごした方が
精神生命体的にも
いいのではないでしょうか?」

きつねっこ「毎日が日曜日じゃー!
最高じゃー!うははははは!」

「彼女達を見てください。
精神力が足りなさ過ぎて
外見はアレですが
精神生命体としては正しい気がします」

エル「………あ、はい。そうですか……」




●砂漠を渡れない?

砂の上を走る船を、具現化して遊んでいる きつねっこがいるじゃないか!

おそらく生前は船乗りだったんだろう!(ただの海賊幽霊船マニアだが

エル「ねぇ!その船に乗せてよ!」

きつねっこ「……その反応、偽物!?」

エル「ふざけんな!エルフ娘は可愛いだろ!」

きつねっこ「本物だった!?」

土の中に入り込んで走る

エル「これ、地中も移動できるの?」

きつねっこ「わしらが具現化したのは幽霊船じゃよ!
ホラー映画と海賊映画マニアで集まって、複合能力にした!」

エル「ふざけんな!絶対危ないだろ!?この光景!」


●プロ冒険者試験

プロのぼうけん者はシを許されない迷宮を探索できる


エル「俺たちの利点……消えた……?」

きつねっこ「もふぅ……」

9 件のコメント :

  1. (´・ω・`)わしには……長編……無理だったよ……

    (ˇωˇ)スヤァ…

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)諦めるなぁー!

    返信削除
  2. 打ち切りの理由がコメントを貰えないって事は。
    パルメさんも創作者の沼にまた浸かるのですね...。

    返信削除
    返信
    1. (´;ω;`)それと、長編で毎日連載はつらいし

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)一日3ページだもんなぁ……

      削除
    2. 一日3ページでも、一年続ければ、365×3=1095
      ですよ、パルメさん(´・ω・`)

      削除
    3. (´・ω・`)最強じゃな

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ジャンプ漫画並だ……

      削除
  3. エロゲモンスターとかならラミアとか次回だせば。

    返信削除
    返信
    1. (´ω`)できるだけ短編連作な感じにするお

      削除
  4. あんまり変な設定すると人気が出ず作者のモチベーションが続きませんよね。
    水戸黄門 サザエさん ドラえもん アンパンマン が長続きしてるか考えてみよう

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。