╰( ^o^)╮フルカラー絵★†気に入った絵(m´・ω・`)m

私は滋賀県で無双する 5話(´ω`)無料で湖水浴できるで!……(´;ω;`

10 件のコメント :

公開日: 2019年7月7日日曜日 コスト度外視漫画 ストーリー漫画 管理人の文章 私は滋賀県で無双する! 滋賀県 自作漫画

←前に戻る次に進む→










←前に戻る次に進む→
2019/7/7

私は滋賀県で無双する(`・ω・´】←まとめたページ
日付順に記事をブログで表示する?





★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!湖水浴の良さはどうしたー!?
--
†(´・ω・`)魚の死骸とか浮いてるし、川に流されて沖の方にどんどん行っちゃう人もいるし、
やっぱり生物の死骸がたくさんあるから、臭いもん

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ひ、ひでぇ!?
--
†(´・ω・`)プールなら、天候関係なく、1年中入れるしのう……
無料で湖水浴するより、有料私設の方が、危険少ないぞい?

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こらー!?
--

10 件のコメント :

  1. (・ω・`)川は冷たすぎて、体に悪いしー、プールが一番かなー

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)湖水浴の魅力は……?

    (・ω・`)めっちゃ琵琶湖広いから、遠くまでいろんな物が見える?

    返信削除
    返信
    1. パルメさんや、海と違って、湖畔を車やバイクで走っても錆びないのは大きいですぞ
      どっちもワンコが入っていくと後始末が大変なのは変わらないが……

      削除
    2. (・ω・`)……そうか。海の場合、めっちゃ錆びるんだ……

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)確かに、バイクが趣味のおっちゃんとか、あちこちに生息して、休日になると湖岸道路に溢れてる……

      削除
    3. たまに行くけど
      湖岸道路に入るまでが混みすぎる
      まあ渋滞は京都が悪いんだけどね

      削除
  2. 勝手なイメージだけど、琵琶湖って汚そう(´・ω・`)

    富士五湖とかの湖は周りに民家もなさそうなイメージだけど、琵琶湖の周りはもろに生活圏だし、海と違って水の循環が遅いイメージがあるからなんかいや(・ω・`)

    返信削除
    返信
    1. (・ω・`)でぇじょうぶだ。水があるってことは、多数の生物が生息していて、排泄物や死骸だらけなのは、当然だべ
      でも、浄水しているから、でぇじょうぶだ

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?それは褒めているのか!?

      削除
    2. 以前浮きを使って水質浄化しながら水耕栽培の実験してるって聞いたんだが

      削除
    3. (・ω・`)水が豊富だから、とにかく大量の水を使った産業が多い感じがするのう

      削除
  3. うーん、私は基準になるのが須磨ノ海なので、琵琶湖はきれいだと思う

    須磨の海は、茶色なのです。
    うんこの色なのか、油の色なのか知らないが、茶色なのです。
    そこが、およぎにくるひとでいっぱいなのです。


    どこに行っても砂浜は、韓国ゴミでいっぱいの中国地方の日本海でも、
    青く見えて、とても羨ましいです。
    一年に一回だけ行けました、何故かチョイスはいつも、美浜原発の正面の海でしたが。

    韓国ゴミなど無い、原子炉が正面にあったりしない、琵琶湖は、もっと羨ましいです。

    返信削除
    返信
    1. (・ω・`)ゴミだらけはなのは大変じゃのう

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)琵琶湖はゴミはあんまりない方かなぁ……枯れた木が流れてくるけど、定期的に集めて燃やしてるし

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)たまに投稿したコメントがエラーになるけど、プラウザバックすれば、投稿した文章が復活します

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。




最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。