╰( ^o^)╮自作漫画/2コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

気に入った絵(m´・ω・`)m

耐震対策「ゴムの部分に被害を集中させてチートする!」九州大地震

10 件のコメント :

公開日: 2016年4月18日月曜日 ニュース 自然災害 平成の歴史








平成の歴史+日本の歴史】☚まとめたページ
日本ジャンルの総合ページ  日本 災害のまとめ
耐震対策「ゴムの部分に被害を集中させてチートする!」九州大地震
2016
4/15

(´・ω・ `) 解説 (´・ω・ `)

 
日本(´・ω・ `)九州で震度7の大地震だお。
大変だお。



マンション(´・ω・ `)大丈夫だお。
地震のエネルギーが、二つの棟を結ぶゴム部分に集中するように作ってあるから安心して欲しいお。
マンションが真っ二つに壊れたように見えるけど、全体の被害を減らすために、わざとこうやって作ってるお


日本(´・ω・ `)しゅごい
     

ユリアン(´・ω・ `)エネルギーを、ゴム部分に逃がす構造なんですね。


ヤン(´・ω・`)しゅごいね……このマンション。
でも地球も凄いよ……だって、この地震のエネルギー源。
地球誕生時に発生した熱の残りカスだろ……?
46億年も経過しているのに、定期的に核兵器数十万発分のエネルギーが炸裂するなんて怖すぎる……



メルカッツ (´・ω・`)(だが……これを見て、勘違いしてクレームの電話をしまくる人がたくさん出ているだろうな……
素人には、そういう被害を減らすための耐震対策構造だって事が分からないはずだ……)





迷探偵パルメ (´・ω・`)エネルギーを受け止めず流す。
柔術みたい。



パルエモン (´・ω・`)ビルも、グラグラ揺らして、地震のエネルギーを殺す構造になってるよね……

10 件のコメント :

  1. というかウジが釣られたな
    でもマンションに付き物の建て直しの問題が有るんだよなあ
    まああのアパート見りゃ助かる分には安いかも

    返信削除
  2. そういえば、東洋ゴムのデータ偽装問題って、どうなったんだろうな?

    返信削除
  3. 日本家屋(´・ω・`)ぼく等も震度4か5弱ぐらいまでなら揺れを相殺して維持できるけど、7は、無理だったの

    返信削除
    返信
    1. 昔の家(戦前)は石の上にポンと柱を乗っけただけ(※柱の下を石の凹凸に合せて加工。お寺の造りを想像すれば分かるかな)
      なお、台風対策で屋根が重い、瓦止の下に土を使うため草生える(赤瀬川ニラハウスじゃないがぺんぺん草が本当に生えたりしてた)

      削除
  4. 日本の耐震技術は世界いちぃいいい!!

    返信削除
    返信
    1. 他国「ていうか、そこまで地震気にする必要ないし」

      削除
    2. トルコなんて日本に次ぐくらいの地震大国だけど
      M5-6くらいでも建造物が崩壊して沢山人が死ぬから。

      日本が超ぶっちぎりで独走状態で、トルコは遥か後方の第二グループって感じだけどw

      削除
    3. そりゃまあ人命が地球より重たい国なんて、
      他にはないだろうし。
      大概の国では、人間なんて勝手にぽこぽこ生まれてきて、
      むしろ邪魔なくらいだったりするし。
      自然災害で適度に間引かれる方が全体的には都合がいい
      のかもしれない?

      削除
    4. 特に老人はさっさと死んだほうがいいのかもしれないなーなんて思ってしまう自分の外道っぷりに自己嫌悪

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。